テニス ストローク

ストローク

「両手でも片手でも」共通するバックハンドストロークの基本的なコツ5つ

バックハンドストロークにボールを集められる機会、試合でも多いですよね。

ポジショニングで誤魔化しても、今度はフォアハンド側に打たれてバックハンド側を空けられてしまう。

ここはもう、しっかり基本からコツを見直してみましょう!

きっとバックハンドの克服こそ、アナタの成績に直結するはずです。

「両手でも片手でも」共通するバックハンドストロークの基本的なコツ5つ

 


 

1.準備を早く、打点を前に

フォアハンドで出来ても、バックハンドで出来ない。

それは、アナタのどこかに苦手意識があるからです。

相手が打った瞬間に、「うっ!」と思って反応が遅くなるのがバックハンド。

フォアハンド側で無意識のうちに反応していることに、気付きましょう。

速くテイクバック出来れば、自然に打点も前に取れるはずです。

 

2.構えの段階からバックハンド7割の心得え

アナタの構え、鏡の前に立ってみて・・・どうでしょうか。

相手コートの方向に、バックハンドで打つラケット面がきっちり向いていますか?

安定感のある構えは、バックハンドのラケット面が自然に相手の方向に向いているはず。

片手をラケットのスロート部分に添えて、リラックスしてバックハンド7割、の気持ちで構えましょう。

フォアハンドは、多少遅れてもどうにでもなりますので。

 

3.フォロースルーを大きく前に、上に

バックハンドストロークは、どうしても「窮屈」なスウィングになりがち。

両手バックハンドはリーチも短いので、自然に小さいスウィングになっていくことが多い。

しっかりとフォロースルーを前に、上に、抜けていくように腕を伸ばして、解放していきましょう。

打ち終わりをしっかり前に出せれば、ボールにも伸びが出ていくはず。

アウトはOK、軌道を高くしてネットミスを減らすことが大事です。

 

4.深いボールは山なりで返球

バックハンドの深い位置を攻撃される、これはかなりピンチな状況です。

そんなときも、まずはしっかり足を決めてストップ、高い軌道のボールを返球出来るように、落ち着いて処理していきましょう。

意識したいのは、アゴが上がらないように打点に顔を残すこと。

しっかり振り切ること。

これだけです。

 

5.「バックハンドストロークは安定感」とテニスノートに書く

アナタのショットの中で、安定感を重視したい。

バックハンド側で攻撃していけるのは、かなり余裕がある、スコアで差が付いているとき、にしましょう。

安定感がある、と自分で言い聞かせる為にも、テニスノートにしっかり書いておく。

こんな小さな暗示でも、毎回書いていると試合でも自分を信じられるようになりますよ。

騙されたと思って、書いてみて下さい。

 

基本はいつだって、シンプルなはず。

バックハンドストロークに悩んだら、「自分で難しくしているだけ」と思って下さい。

相手から狙われることも分かっているなら、準備は何日も前から出来るはず。

春からの大会、バックハンドが開花できるように応援してます!

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    「スライス限定で試合をしないといけない」と考えると、テニスの幅がグッと拡がります

    スライスを覚えたいけど、どうしてもスピンに頼ってしまう。そんな…

  2. テニス シングルス

    ストローク

    初心者の方のストロークを安定させる、「正しい打点への入り方」を再確認してみましょう

    この春からテニスを始めた皆さんも、少しずつ練習にも慣れてきたはず。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で「ダウンザラインのストロークが決まらない・・・」と悩む人は見直したい、ストローク4…

    シングルスの試合では、「ダウンザライン」のストロークでエースを獲りたい…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークの返球が苦手な人は、「膝の落とす位置」が高い

    スライスのストローク、を打たれると急に崩れる人。男性のスライス…

  5. ストローク

    ゆっくり振って速く飛ばす、がテニスの理想形

    「理想的な打ち方って、何ですか?」というご質問を頂くたびに、私…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「スライスの山なりなボール」は、意外とストロークの返球で苦戦する

    テニスの難しいところ、それは「遅い」ボールのほうがなぜか、打ち返すのが…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「基本はやっぱりオールラウンド」テニスのプレースタイルのベースを磨いて、その後に…
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    「ネットプレーヤーを前後に揺さぶって崩す」為に必要なテニスのストローク技術を磨く…
  3. ストローク

    「ストロークの時のグリップとスタンス」プロテニス選手が実践する技術には、必ず理由…
  4. テニス 人脈

    ボレー

    「確かにボレーは決定力あるけど・・・」テニスで必要なゆっくりした球速を身に付けた…
  5. テニス 振動止め

    テニス知識

    テニスラケットに振動止めって、必要?不必要?
PAGE TOP