日々の雑記

初めての新国立競技場へ

昨日はサッカー観戦に、新しい国立競技場へ初めて行ってきました

海外のビッグクラブチーム同士のサッカーの試合、TVで観戦された方も多いと思います

公式発表では5万人の観客、一番安い席でも2万円〜という感じで…やはり雰囲気は凄かったです

どうしてもスポーツ観戦に来ると「テニスだったら…」と考えてしまうのですが、これはもう悲しい性ですね

ただ、私の中で一つだけ大切にしたい信念があります

それは、無理に野球やサッカーのような形を目指さない、ということ

負け惜しみのように聞こえるかも知れませんが、私は毎回「野球はこんなに毎日に観客が入るのに」とか「サッカーはW杯の時の盛り上がりが凄い」という話をテニスと比較されてされるのが、ちょっと違和感があるんです

もちろん、観客数はプロ競技において大事な要素だと思います

有明コロシアムは最大入っても1万人ですし、それすら埋まらないテニスは情けないと思う方も多いでしょう

ただ私自身、有明で全日本の運営に携わったり、観客が10人くらいのセンターコートで主審をした経験からすると、こう思うんです

テニス大会の観客のみなさんは、自分でもプレーする人が多いんだよ」と

これって、凄いことだと思いませんか?

野球やサッカーを観戦に来る人は、ほとんど自分ではプレーをしない人たち

プレーするから凄い、価値が高いという訳ではありません

自分でも実際にプレーする、そんな独自性がテニスにはあるんだと

それでもテニスの大会では、「観戦派とプレー派に分かれるから、テニスの大会の観客数は伸びない」という声が聞かれます

確かに、それは感じます

でも、それでも他の競技と比べたらテニスをプレーしながら大会会場での観戦にも足を運ぶ方って多いと思います

私としては、それが本当にテニスの価値だと思うんですよね

自分でプレーする、日常的に運動して健康を維持していくことの価値って、どうしても見落とされがち

これって本当に、凄いことだと思いますよ

何歳になっても自分なりにテニスを頑張り、黄色いボールを必死で追いかける

そんな人がたくさん観客席に座っているのが、テニスという競技

テニスの大会の観戦人数が少ないかも知れませんが、実際にプレーしている人が多い、それはそれで誇らしいと私は思うんです

もちろん、もっともっとテニスの大会の魅力を高める工夫や、今プレーしかしていない人を観戦に向かわせる工夫は大切です

少なくとも、この独自性を活かさない手は無いかなと

野球やサッカーと同じ道を狙う、そんな道しかない訳じゃない

私たちテニス人は、テニスの道を歩めるはず

そこに、全く新しいスポーツ文化があるんじゃないかと、私は思います

↓テニスを深掘りする記事はnoteで更新中です

ピックアップ記事

  1. Note はじめました
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス Q&A

    日々の雑記

    T-PRESSとテニススクールの、決定的な違いについて

    2018年、今年はみなさんにとってどんな一年、になるでしょうか。…

  2. 日々の雑記

    私たちのテニスは、右脳的に

    もっと、私たちのテニスの可能性は無限にある。これは、何度もT…

  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    有明テニスの森公園、今年はやっぱり足を運んでおきたい

    昨日はある大会の応援で、有明テニスの森公園に行って来ました。言…

  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    「記事で書いてあることをやったら、コーチから怒られました」というみなさんへ

    アンケートにご協力頂いたみなさん、ありがとう御座いました!回答…

  5. 日々の雑記

    球数制限、テニス選手にも必要

    未来の高校生の、肩を守る。こういう背景もあり、高校野球ではピ…

  6. テニス 雑誌

    日々の雑記

    少年老いやすく学なりがたし

    3月になり、色々と環境が変わる準備をしている方も多いと思います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 駆け引き

    戦術

    自分の武器を活かすなら、相手の対応パターンを熟知しておこう
  2. テニス 格上相手

    その他

    テニスでの用具選びは、「練習と同じくらい大事な要素」という覚悟で知識と情報を蓄え…
  3. 戦術

    「相手の動きを止める3つの方法」テニスの試合で有効な攻撃パターンを考えてみる
  4. テニス ストローク

    戦術

    試合では、意図的に「長い」「短い」を作ってみよう
  5. テニス 調子

    戦術

    テニスの試合においては、「同じプレースタイルの格上相手」が一番戦い辛い
PAGE TOP