テニス メンタル

戦術

「自分たちのテニスをする」の自分たちのテニスって、何種類持ってますか?

昨日決勝戦を行った全国高校サッカー選手権大会。

青森山田高校の強さが光った大会でしたが、私が観ていて感じたのはそのチームとしての柔軟性。

優勝候補として研究される、のは当たり前として、その準備を怠らない。

これって、テニスの試合前の準備にもすごく通じるものがあると思うんです。

 

「自分たちのテニスをする」の自分たちのテニスって、何種類持ってますか?

 

■「自分たちの○○」だけだと、本当に危険

サッカー選手権大会はトーナメント形式。

テニスの大会も、ほとんどがそうですよね。

つまり、一度負けてしまうともう優勝の可能性は無くなる。

一度のミス、対戦相手との相性がそのまま優勝の可能性を閉ざしてしまう、危険な大会形式です。

そんな大会形式に、テニスもそうですが「自分たちのサッカー」だけで挑んでいくことって、すごく危険だと思いませんか?

ましてや青森山田高校のような高校は、全国のチームから研究される優勝候補。

だからこそ勝ち進む為には、「自分たちのサッカー」をたくさん持っておく必要があるのです。

 

■軸はあって良いけど、あくまで作戦は「相手に応じて」柔軟に対応出来る

まず、アナタ自身のテニスのプレーに軸は必要。

武器、特徴をしっかり把握したうえで、ベースとなる戦い方はあって良いし鍛えておくのが大前提。

ですが、テニスにも相性というものがある。

私自身、ドロップショットを使ってしかけていくのが好きなスタイルですが、めちゃくちゃ足が速くてネットプレーが上手い相手だと、そのプレースタイルは危険。

自分のテニスが一つしかないと、当然それを破られたとき、攻略されたときに手詰まりになる。

「あの相手やりにくいな・・・」という相手と初戦でぶつかってしまうと、初戦敗退のリスクが高い。

大事な大会、最後の大会がそうなってしまうかも知れないのです。

 

■「自分のテニス」に幅を持たせるには・・・?

私からの提案は、とにかく色々な人とテニスをする、触れる。

話してみて、テニスノートを分厚くしていく。

自分のテニスに、自分で先入観を持たないことが一番です。

でもそれって、普通の環境、部活やサークルだけの中にいると、どうしても幅が狭くなっていく。

それから、何事にも興味関心を持って、自分で研究と実践を繰り返していくこと。

新しいことを自分でやってみよう、試してみようというマインドを持っていれば、どんどん自分のテニスの幅は拡がっていくはずです。

 

「自分のテニス」って、カッコイイようで幅が狭いことが多い。

何かに固執して負けていく、よりは引き出しを多くしておいて、自分のテニスで相手を仕留められるかどうか。

トーナメントって、本当に怖い。

負ける可能性を低くできるかどうか、はアナタ次第です。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、主導権を握る方法5つ

    試合の主導権を握っていきたい。これは、誰しもが試合前から考える…

  2. テニス コントロール

    戦術

    対戦相手は、「強気」か「弱気」か「堅実」か、で分けてみる

    試合の対戦相手、どう観察してどう戦術を立てていくのか。色々と書…

  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、自分の中で「抑揚」の作り方について

    「抑揚(よくよう)」って、あまり使わない言葉ですよね。言葉の意…

  4. テニス テニススクール

    戦術

    大一番での緊張した試合では、「流れる時間のスピードが違う」ことを覚えておこう

    待ちに待った大一番、応援してくれる人もいて、自分の力を発揮したい場面。…

  5. テニス メンタル

    戦術

    調子が悪い時こそチャンス、だと言える理由5つ

    自分のテニスの調子が悪い。試合では、よくあることですよね。…

  6. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合では、精神的なプレッシャーはデュースサイドの方が少ないはず

    今回も、あくまで私の考え、です。異論反論、賛否両論あるでしょう…

特集記事

  1. 戦術

    「練習は試合のように、試合は練習のように」を実践する4つのコツ
  2. テニス メンタル

    その他

    県内ナンバー1だった選手が、なぜ大学テニスで行き詰るのか?
  3. その他

    「中学生なら高校生、高校生なら大学生」と、次のステージのテニスは早めに観て感じて…
  4. テニス 練習

    その他

    テニスの試合では、「ミスは責めないで、プロセスを責める」ことで失敗を繰り返さない…
  5. テニス 上達

    戦術

    アナタにとっての強み、弱みは、対戦相手によって変わってくることを覚えておこう
PAGE TOP