テニス メンタル

メンタル

思い出して欲しいのは、勝って嬉しい対戦相手は自分だったという事実

皆さんも、「勝って本当に嬉しかった試合」って、いくつかあるはず。

いつでも思い出せる、そんな試合は自分の財産ですよね。

その時のこと、よく思い出して欲しい。

きっと、強い相手に大事な試合で勝ったとき。

それは、対戦相手に勝ったというより、自分自身に勝った試合。

そんな感じ、しませんか?

 

思い出して欲しいのは、勝って嬉しい対戦相手は自分だったという事実

 

1.勝った試合を思い出すことって、大事

皆さん、もっとコレやって良いと思うんですよね。

自分が経験してきた、大事な試合。

強い相手に勝って、「これだ!」という自分の試合。

思い出せてきましたか?

そういう試合って、きっと戦って勝った相手って対戦相手、じゃないと思うんです。

強いプレッシャーを乗り越えて、勝った相手は自分自身。

この自覚があれば、きっとアナタはまた同じような試合が絶対に出来る。

普段から、イメージしながら試合に臨む意識が大切です。

 

2.乗り越えた壁、それは自分自身

例えば、30-40でのセカンドサーブ。

苦しい場面で、しっかり入れてデュースに持ち込む。

こういう場面を、たくさん乗り越えないと強い相手には勝てませんからね。

30-40の場面で、どういうセカンドサーブを打てるのか。

それって、もう相手以前に自分自身の問題。

もちろん、テニスの試合は相手ありきで考えていくこと、大事ですよ。

T-PRESSもそれが大きなテーマですからね。

でも、決断した後はその技術を発揮するだけ。

そこには、自分自身という手強い対戦相手、しかいないんです。

 

3.プレッシャーを感じる自分、を楽しめるようになろう

これが、私はテニスの一番の醍醐味だと思いますよ。

だって、日常生活ではほとんど経験出来ないじゃないですか。

社会人の皆さんは、お客さんと真剣勝負、営業プレゼン、大事な会議での発表・・・などあると思いますが、テニスの試合のプレッシャーってそのどれとも違う。

テニスという競技で真剣勝負、楽しめるかどうかって大事。

プレッシャーを避けよう、と思ったらこれを味わうことは出来ませんからね。

プレッシャーを感じるのって、自分自身が頑張って来たから、なんですよ。

このことだけは、絶対に覚えておいて下さいね。

 

4.頑張って来た人が、本当の意味での「プレッシャー」を感じる

テニスの試合で、負けそうになって本当に焦ってしまう。

学生の皆さんを見ていると、すごく感じることがあります。

「あ、この人は本当に頑張って来たんだな・・・」と。

本人たちからすると、「あんなに練習したのに、負けるのか・・・」というのが悔しいんですよね、きっと。

頑張って来なかった人は、サバサバしたものですよ。

自分自身との戦いも無い。

プレッシャーを感じるってことは、それだけ自分を裏切りたくない、ということの現れ。

だから、あって当然なんです。

だから、手強い相手になるんです、自分自身が。

 

テニスの試合、本当に厳しい試合に勝つには乗り越える壁。

間違いなくそれは、自分自身です。

対戦相手、よりもよっぽど手強い。

試合を勝ち抜く、ということは、自分自身を越えていくということ。

そんな試合を、たくさんテニスで経験出来ると幸せですよね。

厳しい戦いに立ち向かっていく人を、私はこれからも応援していきます。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    練習の場での失敗と、試合での失敗の価値は全く違う

    「色々チャレンジしてるんだけど、何も身に付かない・・・」と、悩んでいる…

  2. メンタル

    ミスの根本の原因は、相手に対する恐怖心にある

    人は、何かに恐怖を抱く時、焦りが生じる。これは、テニスでも私生…

  3. テニス メンタル
  4. テニス メンタル

    メンタル

    指示や指導で、基本人は動かないしテニスも変わらない

    「なかなか、自分の指導を聞いてくれなくて・・・」というお悩みを、アンケ…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツではありません

    日本人は、「途切れること」「途絶えさせること」に対してどこか拒否感を持…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「あと、1本」は、地球の裏側くらい遠い

    昨日の錦織選手の試合、ご覧になった方も多いかと思います。みなさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    相手との直接接触が無いテニスというスポーツに、僕らは甘えていないか?
  2. 戦術

    自分が決めなくても良い、と思えたら?
  3. テニス メンタル

    その他

    大学テニスの大会を観ていて感じる、「閉塞感の源はどこにあるのか?」を考えてみる
  4. テニス リターン

    ロブ

    「対戦相手の身長が低いから、ロブを上げておこう」って、なんて安易な発想だろう
  5. テニス ボレー

    フットワーク

    縦ポーチの極意は、とにかく相手に近づくこと
PAGE TOP