テニス メンタル

メンタル

ストレス無く試合に勝つなんて、最初から考えない方が良い

気持ち良く、試合に勝って終わりたい。

それは難しいと分かっていても、どうしても試合前はそんな気持ちになりますよね。

この小さい考えが、アナタを勝利から遠ざけていく。

ストレスから逃げて、試合に勝つことはテニスの試合では難しい。

どんな相手でも、多かれ少なかれストレスはアナタにかかってくるのです。

 

ストレス無く試合に勝つなんて、最初から考えない方が良い

 


 

1.ストレスは自分自身が生み出しているもの

想定通りに、試合が進まない。

思ったよりも相手が強い、自分のサーブが入らない。

これは、どんな試合でも起きること。

そして、だんだんと勝敗が見えてくると大きなストレスがかかってくる。

これは、勝利を目の前にしても同じ、です。

負けるときだけじゃない。

でもその全てのストレスは、アナタ自身が自分で生み出している、ことに気付いて欲しいのです。

 

2.相手はコントロール出来ない、コントロール出来るのは自分

どんなに準備万端で入っても、試合は始まってみないと分からない。

色々観察して相手を崩そうとしても、相手の最高の調子が止まらないときだってあります。

もはや、相手を変えることが難しい、ことだってテニスの試合では多い。

では変えられるのは?

そう、自分自身だけ、です。

コートの現場でストレスを感じ、それに対応していく自分に変えていくことは出来る。

難しいので、なかなか出来る人が少ないのですが・・・だからこそ、チャンスなんです。

 

3.ストレスを感じない人は、成功を追い求めない人

いつも伸び伸び、ストレスなく試合をしている人・・・いるでしょうか?

中にはいるかも知れませんね。

でもその人は、人知れず自分のストレスをきっと隠しているはず。

本当にストレスを感じない人は、メンタルが強いのではなく「成功を追い求めない人」でしょう。

勝っても負けても、感情の起伏が無い。

まぁ、そんな人が勝ち進めるほどテニスの世界は甘くないですが・・・。

ストレスは感じて当たり前、どう向き合うか次第です。

 

テニスで乗り越えられれば、それはきっと勉強でも仕事でも、何にでも応用が効く。

大事な場面で頑張れるかどうか、それはアナタがテニスコートで頑張れるかどうかに比例する。

私たちは、テニスを通じて訓練出来る場があるだけ、幸せかも知れません。

そう思って、準備してみませんか?

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス イベント

    メンタル

    「試合に勝てる雰囲気」がある選手と、「負けそうな雰囲気ばかり」な選手は何が違うのか?

    テニスの実力がある選手は、試合会場でも良い雰囲気を出している。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいて能力以上に大きい「熱意の差」について、アナタの認識はまだまだ甘い

    テニスの能力差、にばかり目がいって気にしてしまう。私が思うのは…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    調子は悪くなる、だからその時間を短くしたい

    試合前は、良いイメージばかり。「今日は勝つぞ!」と思って勇んで…

  4. テニス 試合

    メンタル

    自分と違う考えを認められない人は、テニス選手としてまだまだ未熟

    テニスを長く続けていると、色々な人と出会います。そして、色々な…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの基本、「オンラインはインの判定」に出来る?

    テニスの試合のほとんどは、セルフジャッジ。この中で、アナタ自身…

  6. テニス ミス

    メンタル

    「粘り続ける技術と体力」テニスの試合で格上との対戦で競る為には・・・?

    スポーツと言えば体力が重要になるんだけど、テニスって体力必要?…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで遅いボールの返球が苦手な人は、「テイクバックしてからのフットワーク」…
  2. サーブ

    シングルスの試合で簡単なリターンを、許してはいけない
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、ア…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットより低いボレー、強打してない?
  5. テニス リターン

    メンタル

    「0-40からは、粘っても仕方ない・・・」だと、ずっと鴨と思われて終わる
PAGE TOP