テニス イベント

練習メニュー

技術の習得に期限を設ける、のがテニスの練習の基本スタンス

最近、みなさんは何を練習してますか?

まず、これを、パッと言えるかどうか。

そして、その技術はいつまでに、どの程度の習得を目指しているのか・・・イメージは付いてますか?

これ、ある程度期限を設けないと、ダラダラといつまで経っても同じ、ですよ。

試合って、試験みたいなもの。

試験に向けて勉強していく、から頑張れると思いませんか?

 

技術の習得に期限を設ける、のがテニスの練習の基本スタンス

 


 

1.試験勉強は、終わりがあるから頑張れる

受験でも何でも、そうじゃないですか。

期限があるから頑張れる、そこで出し切ると考える。

テニスも私は、近いものがあると思いますよ。

例えば「ドロップショットを身に付けたい!」と思ったら、次の試合、またはその次の試合を試験に定める。

ここまで、しっかり習得出来るように頑張る。

完璧じゃなくても良い、そこで期限を切ってしまう方が良い。

私は、それでこそ技術の成長にメリハリが生まれる、と思いますよ。

 

2.ダラダラといつまでも習得、出来る訳が無い

良いんです、強引に。

例えばあと1ヵ月、と考えたら、練習方法だって変わる。

危機感も生まれるし、何より自分で考えるようになりますからね。

強化して発表して、また次の段階に向かっていく。

この繰り返し、が出来ない人ってテニス選手でも多いですよ。

いつ話しても、「今はサーブを練習していて・・・あ、ボレーも・・・」みたいな感じ。

来年聞いても、変わらない。

結果的にその選手は、ずっと変わらないということです。

 

3.練習したことを試合で試す、から成長出来る

これが出来ないと、練習が楽しくないですから。

言い方を変えれば、練習が成長しないんですよね。

良い練習、が出来ている人って、練習方法やスタンス、をいつも変え続けてきている。

試合で試しては変えて、を繰り返しているから、練習が成長していけるんです。

さて、私たちはどうでしょう。

何も考えないで人の練習会に行ったり、テニススクールではコーチ任せ・・・ばかりになってはいませんか?

 

4.時間は有限、でも平等に流れている

どう使うかって、すごく大事だと思います。

期限を設けて、しっかり試合で試していく、回していく。

これって、限られた時間の中で成長出来る人の発想、ですよね。

時間だけは、皆に平等に流れていますから。

練習環境やキャリア、はなかなかすぐには変えられないじゃないですか。

私たちが変えていけるのは、時間の使い方。

これで対抗していくしかないと思いますよ。

 

2か月、くらいでしょうか。

2か月何かをしっかり取り組んで、試合に出て試してまた変えていく。

これくらいのスパンで回してみると、自分でもカスタマイズしやすいと思いますよ。

大事なのは、アナタ自身で考え、感じること。

期限を設けるのも、アナタ自身ですから。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス ミス

    練習メニュー

    「何で、この練習をやるの?」が明確になれば、実力差は関係ない

    テニスの練習って、みなさん普段どんな感じでしょう部活やサークル…

  2. テニス 環境

    練習メニュー

    アナタのテニスが成長していけば、「周りの成長に繋がる」から良い循環が生まれる

    自分の成長が、周りに何をもたらすのか。ことテニスにおいても、こ…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    苦手なところを直すのが練習、では無い

    よくご質問頂くのですが、「練習で何をすれば良いのか、分からない・・・」…

  4. テニス メンタル
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    練習での球出しが上手い選手は、間違いなくテニス自体も上手い4つの理由

    テニスの練習には、「球出し」が付き物。テニスコーチでなくとも、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「とにかく、試合で何をしたら良いか分からない」人は・・・?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    勝ちたいという想いが周りに伝わらない選手は、最期まで勝てない選手で終わる
  3. テニス 居場所

    戦術

    調子が良いときほど、負けやすい理由
  4. テニス 雪

    練習メニュー

    「挑戦するキャプテン、しないキャプテン」によって、チームの挑戦力の絶対量は決まる…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    両手バックハンドストロークで、しっかりスピン回転をかける基本5つ
PAGE TOP