テニス メンタル

練習メニュー

アドバイスで変われる人、変われない人の違い

コーチや周りの人から、アドバイスをもらう機会。

きっと、みなさんも少なからずあると思います。

このT-PRESSも、そういう場の一つでしょうか。

でも、そのアドバイスを活かせるのか、はアナタ次第。

私が今まで見て感じて来た中で、アドバイスを活かせる人は・・・こんな人でしょう。

 

アドバイスで変われる人、変われない人の違い

 


 

1.常に危機感と劣等感、を持っている人

は、アドバイスで変われます。

きっかけ一つで、すごく上手くなる。

それも、急にその日は訪れることが多いです。

普段から、自分自身で考えて危機感を持ってテニスをしている人は、やはり雰囲気から違う。

また劣等感を持っている人も強い。

自分の至らないところを、自分で受け入れることが出来て、そこから変えていこうという人ですから。

この2つの意識が無い人は、きっとどんなアドバイスもあまり意味をなさない。

私は、そう思います。

2.結局変えるのは、自分自身

どんなに優秀なコーチでも、変わりになることは出来ません。

アナタ自身の代わりに打ち返すことは出来ない、ですからね。

アナタ自身が変わる、自分を変えるという意識を持っている人じゃないと、アドバイスは意味がない。

何となく聞いて、「まぁ、そうだよね」と思って何も変えない。

これが普通ですし、今日もテニススクールではこの繰り返し。

良い悪い、ではなくそういうビジネスですから。

他人からのアドバイスで変われる人は、そう多くないんです。

 

3.危機感を持っている人は、ピン!と来る

もう、本当にいきなり来ます。

これか!という感じで、一瞬で感覚を掴む。

それが言葉なのか、腕を持って動かしてのアドバイスなのか、にもよりますが、とにかくきっかけは小さいこと。

危機感を持っている人は、その一言を見逃さない。

自分の危機感を救ってくれる、小さいきっかけを常に探していますから。

私自身、ボレーを変えた一言は「ラケット面を上向きで、顔を残す」という一言でした。

その一言で、ボレーを全て変えたきっかけ、になったアドバイスでした。

こういうアドバイスは、きっとみなさんにもある。

ですが、そのアドバイスを敏感に感じられる土壌が、アナタ自身にあるかどうか、です。

 

4.良いアドバイス、はいつも目の前にある

「いや、でも私には良いコーチがいなくて」と言う方も、多いでしょう。

確かに、コーチとの相性はあります。

でも、本当にそれってコーチのせいでしょうか?実力不足でしょうか?

まずはアナタ自身が、自分のテニスをどう考えているのか、が大事。

「自分のテニスは、これで良いんだ」と感じていたら、どんなアドバイスも上の空じゃないですか。

良いアドバイス、はいつでも目の前にある。

その意識で、その場はしっかりと頑張る。

そして、どうしても違うと感じたら、また環境を変えれば良いんです。

 

アドバイスをしっかり活かしたい、という人は多い。

でも、その土壌を自分で耕し、しっかり育めている人は少ないでしょう。

全ては、アナタの危機感と劣等感次第。

アドバイスを活かせるかどうか、いつでもそのチャンスを拾う準備が出来ているかどうか。

考えてみる時期じゃないですかね。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス 準備

    練習メニュー

    試合会場で出来る、テニス選手として必要なウォーミングアップ5つ

    テニスの試合、なかなか調子が上がらないうちに試合が終わってしまう・・・…

  2. テニス コート

    練習メニュー

    テニス部で団体戦に挑む為に、「直前の1ヶ月間」はどんな練習が効果的?

    「団体戦に適した練習はどんな練習か?」というご質問を、たくさん頂くよう…

  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスにおいて、挑戦が無ければ失敗も無い

    言葉で書くと、挑み戦う。挑戦という言葉は、私はこの4月の時期に…

  4. テニス 練習

    練習メニュー

    練習すればするほど・・・テニスは下手になる!?

    テニスの練習、毎日の方もいれば、週1回、月1回という方も多いでしょう。…

  5. 練習メニュー

    練習が締まるかどうか、を人任せにしてはいけない

    良い練習が出来るときと、あまり出来ないとき。この差って、みなさ…

  6. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスのショットコントロールを改善できる秘密兵器、「ねらってーぷ」を試してみたら・・・?

    ストロークのコントロールを高めたい、と考えている人は多い。よく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    相手リターンのポジションに、自分のサーブを惑わされてはいけない
  2. テニス 打点

    ストローク

    「相手が打ったら、準備を速くする」ことで得られる、5つのK
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    サーブ側の前衛は、短距離選手のイメージで
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーが上手い選手は、テニスの試合の中で「相手が打つ前にコースのプランニン…
  5. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスで、スライスのリターンが有効なコース5つ
PAGE TOP