ストローク

「早い準備とはこういうこと」しっかり貯めの効いたストロークを試合で打つには・・・?

目次

ストロークの基本はライジングショットである。

相手のレベルが上がれば、深いショット、速いショットが多くなってくるので、ライジングで処理しないと対応出来ないし、相手が浅いショットを打ってくれた時も、その分しっかり前へ詰めてライジングで打てないと、せっかくの浅いショットもチャンスじゃなくなる。

でも上手い人のテニスは、ためを作って打っている・・・そう見えるでしょ?

 

「早い準備とはこういうこと」しっかり貯めの効いたストロークを試合で打つには・・・?

 


 

早いタイミングのライジングで打っているはずなのに、なんでじっくりためてから打つストロークに見えるんだろう。

答えは・・・準備が早いから。

実際、しっかりとライジング気味でストロークを打っているのに、準備開始が早いから、結局はじっくりためて打っている印象を相手に与えられるんだよ

ためて打つ印象を相手に与えることが出来れば、まずコースを隠すことが出来るし、構えたあとだから、自分自身も色んなコースを選ぶこともしやすくなる。

準備を早くするってことは、とにかく多くのメリットがあるのだ。

じゃあ単純に準備を早くするためにはどうすれば良いか。

まず大事なことは、相手がボールを打った直後から準備を始めることなんだけど、打った瞬間、それがフォアに来るのかバックに来るのかは判断出来るよね?

でも難しいのが、それが浅いのか深いのかを判別して、踏み込むべきか、そうでないかを判断すること。

バウンド地点の予測だね。

その判別が出来ない人は、どうしてもバウンドしてから判断しようとしてしまい、結局遅い準備となってしまうのだ。

そうなるとライジングも打てないし、ためて打つ感じも出ないから、コースも選べないうえにバレバレなストロークになるんだよ。

それから準備の仕方に問題ある人も多い。

「早く準備!」って思っていても、ラケット持っている腕だけ引いているようではダメなんだけど、当の本人はそれで準備した気になってしまう

重要なのは、骨盤がしっかりと横向きになっている形での準備。

そして骨盤を使って即座に準備するためには、バランスの良い姿勢と柔らかい膝の動きが必要。

腕を引いただけだと手打ちのショットになるからね。

だから「早い準備」というのは、相手が打った直後に骨盤と膝を使って体の向きを作ると同時に、そのショットがどこにバウンドするのか予測して、ライジングで打つためにそのバウンド地点へ向かい、そのバウンド地点でじっくりためを作りながら、自分の打つコースを選びつつ相手にはコースを隠す・・・ということになるのだ。
 



 

準備って言っても奥が深いもんだね

ただ腕だけを急いで引いているようだと準備とは言えないんだ。

それらを全てひっくるめると、準備とはもちろん相手ショットを打つための準備、そしてこれからどこに打つか決めるための準備、それから相手にコースを隠すための準備・・・ということになる。

特に打つコースを決める準備と相手にコースを隠す準備が出来ると、それが安心感と自信になる。

そう、心の準備に繋がるってことだよ。

しっかり早めの準備で対応してもらいたい。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニス関連の記事は note へ
  2. 3/25(月) 八木コーチ女子ダブルスレッスン&ゲーム会 in SEN…
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. ストローク

    片手バックハンドストロークは、「ラケットを持たない手」をどう使うかが一番のポイントです

    学生の皆さんの中には、バックハンドストロークを片手で頑張っている方も多…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、何を武器に戦っていこうか?

    最近よく、頂くご質問の中から。「片手バックハンドストロークです…

  3. テニス リターン

    ストローク

    スライスのフォロースルー、実は「長過ぎる」人が多い

    ストロークやボレーでもよく使う、スライスという技術。みなさんは…

  4. テニス サイト

    ストローク

    ショートラリーで振り切ってラリー、ちゃんと出来ますか?

    ウォーミングアップで行うショートラリー。これ、正直苦手という人…

  5. テニス ストローク
  6. テニス 練習

    ストローク

    「壁打ちでストロークを磨く」テニス独特の練習法を有効にする4つのコツ

    「壁打ち」と言えば、テニス独特の個人練習方法。一度は皆さんもや…

特集記事

  1. ストローク

    「スウィングスピードアップの決め手」筋力アップと環境改善の両軸が必要
  2. テニス 観察眼

    その他

    テニスにおいて、「ボールをよく見て!」と言われるけど、実際どれくらい見れば良いの…
  3. テニス ボレー

    ロブ

    「入るロブと、アウトするロブ」の見極め方5つ
  4. テニス 環境

    ボレー

    ゆっくりしたロブのバックボレーカット、練習しておかないと
  5. ダブルス

    ダブルスで相手を驚かす、サーブ&逆陣形戦術
PAGE TOP