ストローク

「早い準備とはこういうこと」しっかり貯めの効いたストロークを試合で打つには・・・?

ストロークの基本はライジングショットである。

相手のレベルが上がれば、深いショット、速いショットが多くなってくるので、ライジングで処理しないと対応出来ないし、相手が浅いショットを打ってくれた時も、その分しっかり前へ詰めてライジングで打てないと、せっかくの浅いショットもチャンスじゃなくなる。

でも上手い人のテニスは、ためを作って打っている・・・そう見えるでしょ?

 

「早い準備とはこういうこと」しっかり貯めの効いたストロークを試合で打つには・・・?

 


 

早いタイミングのライジングで打っているはずなのに、なんでじっくりためてから打つストロークに見えるんだろう。

答えは・・・準備が早いから。

実際、しっかりとライジング気味でストロークを打っているのに、準備開始が早いから、結局はじっくりためて打っている印象を相手に与えられるんだよ

ためて打つ印象を相手に与えることが出来れば、まずコースを隠すことが出来るし、構えたあとだから、自分自身も色んなコースを選ぶこともしやすくなる。

準備を早くするってことは、とにかく多くのメリットがあるのだ。

じゃあ単純に準備を早くするためにはどうすれば良いか。

まず大事なことは、相手がボールを打った直後から準備を始めることなんだけど、打った瞬間、それがフォアに来るのかバックに来るのかは判断出来るよね?

でも難しいのが、それが浅いのか深いのかを判別して、踏み込むべきか、そうでないかを判断すること。

バウンド地点の予測だね。

その判別が出来ない人は、どうしてもバウンドしてから判断しようとしてしまい、結局遅い準備となってしまうのだ。

そうなるとライジングも打てないし、ためて打つ感じも出ないから、コースも選べないうえにバレバレなストロークになるんだよ。

それから準備の仕方に問題ある人も多い。

「早く準備!」って思っていても、ラケット持っている腕だけ引いているようではダメなんだけど、当の本人はそれで準備した気になってしまう

重要なのは、骨盤がしっかりと横向きになっている形での準備。

そして骨盤を使って即座に準備するためには、バランスの良い姿勢と柔らかい膝の動きが必要。

腕を引いただけだと手打ちのショットになるからね。

だから「早い準備」というのは、相手が打った直後に骨盤と膝を使って体の向きを作ると同時に、そのショットがどこにバウンドするのか予測して、ライジングで打つためにそのバウンド地点へ向かい、そのバウンド地点でじっくりためを作りながら、自分の打つコースを選びつつ相手にはコースを隠す・・・ということになるのだ。
 



 

準備って言っても奥が深いもんだね

ただ腕だけを急いで引いているようだと準備とは言えないんだ。

それらを全てひっくるめると、準備とはもちろん相手ショットを打つための準備、そしてこれからどこに打つか決めるための準備、それから相手にコースを隠すための準備・・・ということになる。

特に打つコースを決める準備と相手にコースを隠す準備が出来ると、それが安心感と自信になる。

そう、心の準備に繋がるってことだよ。

しっかり早めの準備で対応してもらいたい。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス ダブルス

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストローク、の攻撃力をアップさせるには?

    フォアハンドの回り込みストローク、みなさん試合で使えてますか?…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    アナタにとって、「バックハンドストロークの試合の中での位置づけ」は、ハッキリしているだろうか?

    「とにかくまずは、相手のバックハンドを狙え」というのが、テニスの試合で…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「最先端のビッグサーバー対抗術」錦織選手の戦い方に観る、テニスの試合での攻略法4つ

    錦織選手の初優勝で幕を閉じた、ATP男子のシティオープン。ビッ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「フラットなストロークは、安定しない?」打点の高さで微調整すれば、フラットショットも大事な武器になり…

    フラット系のストロークが主体の選手、ジュニアの女子選手を中心にたくさん…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになっている!

    ロブの重要性は、何度か書かせて頂きました。「よし、練習しよう!…

特集記事

  1. テニス知識

    これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. テニス 調子

    シングルス

    今出来るテニスで精一杯戦うことは、アナタが思っている10倍は難しい
  3. テニス 攻撃

    サーブ

    サーブから攻撃していくイメージが持てない人は、「ベースライン1メートル前から打っ…
  4. サーブ

    テニスの試合、「自分のセカンドサーブがいつも打ち込まれる・・・」と悩む人は、バウ…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブこそ、最近の自分を動画で見ておかないといけないショット
PAGE TOP