テニス 陸上

練習メニュー

テニスにおいて部活や練習、試合を「消化している」ような感覚に陥ってはいないか?

何となく部活に入って、練習して試合をする。

テニスのおいて、高校や大学、社会人になっても、そんな時期は否定できないと思います。

だからこそ、しっかり意識しておきたいことがある。

テニスって、主体的で能動的に取り組むから強くなれるのですから。

 

テニスにおいて部活や練習、試合を「消化している」ような感覚に陥ってはいないか?

 


 

■嫌だったら、いつだってコート以外の場所で過ごせば良い

賛否両論あると思いますが、どんなに厳しい部活だってサークルだって、強制力は何の意味も無い。

テニスをしたくないのにコートに立っても、怪我するだけ。

自分だけじゃない、周りにも迷惑をかける。

「今日は練習日だから、コートに行かないといけない・・・」という意識、受け身でしかない。

そんな消極的で、消化しているような意識では、絶対に上手くなれないんです。

 

■消化しているのか、どうかは自分でしか気付けない

周りから観ても、その人の本気度って分からない。

「あの人、すごく頑張ってんな・・・」と思っても、実は手を抜いているのかも知れない。

アナタ自身、どうですか?

大事なのは、コートの上に立ったらすべてを出す、試合に勝つ為の場であることを理解するということ。

コートの上では、自分を誤魔化さない。

モチベーションが低いときもあるでしょう。

そんなときに、どう自分をコントロールするのか。

いつも問いかけて、具体的に工夫して実践していくことが大事です。

 

■自分から「前に、前に」、を練習から意識しよう

ちょっとしたことでも良い。

ランニングで先頭を走る、ボール拾いで一番多く拾う、球出し役も積極的に買って出る・・・。

前に、前に、どんどん意識して出ていきましょう。

小さい習慣が、人を変えてメンタルを強くする、消化しているような毎日から何かを変えてくれるはず。

自分から積極的にやるから、辛い練習だって楽しい感覚になる。

どこかで受け身な毎日を過ごすのも・・・悪くは無いのですが、テニスの試合で結果を出すのは無理。

試合に勝つ、のは小さなことの積み重ねです。

 

何かを変えて実行する、のはとても難しい。

何が難しいって、継続するのが難しいから出来る人が少ない。

苦悩するより、気楽でいたいじゃないですか。

でも・・・試合に勝ちたいなら、話は別。

消化している毎日、の間にライバルは何かを積み上げているのですから。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. 練習メニュー

    武器を作る、1つに集中してみよう

    本気で自分の武器を作りたい、そう考えているみなさん。私から、一…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    「ネットプレーヤーを前後に揺さぶって崩す」為に必要なテニスのストローク技術を磨く練習メニュー

    ネットプレーヤーを左右だけでなく、前後に揺さぶるストローク技術を磨く練…

  3. テニス 読書

    練習メニュー

    テニスノートは、とにかく鮮度が命

    テニス選手として、しっかり意識したい部分。「当たり前」だと思っ…

  4. テニス リターン

    練習メニュー

    人数が多いときに、「つなぎのストロークとボレーの基礎練習」がを同時に実践する練習メニュー

    人数が多い部活で、ストロークとボレーを両方練習したい。そんなと…

  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    マンネリ化しがちな「ボレーボレーの練習」の、最初の球出しを工夫すれば実戦的なメニューに早変わり!

    テニス部で人数が多い、またはテニススクールではコートを区切って行うこと…

  6. 練習メニュー

    上級男子ダブルス、に必須の練習とは?

    男子ダブルスの試合で、もっともっと、上の相手に勝ちたい。そう考…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    フットワーク

    「いつも通りのショット」を打つ為に、必要なフットワークのポイント8つ
  2. メンタル

    勝てる人の、振る舞い方の特徴
  3. テニス ストローク

    戦術

    ボレーを振ってミス、はラケット面が変わるから起きるミスが8割以上
  4. テニス テイクバック

    ボレー

    スライスで追い込んでロブケア、はネットプレーの基本戦術
  5. その他

    満たされないから、創造性は高まる
PAGE TOP