テニス フットワーク

練習メニュー

ダブルスの並行陣に対抗する、「サーブ&ボレー対策」を練習するロブボレーメニュー

ダブルスの試合、並行陣が上手い相手は本当に厄介。

まず、止めるべきは相手のサーブ&ボレー。

このファーストボレーが深く入ってくるのを許していては、リターン側としては対抗出来ないのです。

 

ダブルスの並行陣に対抗する、「サーブ&ボレー対策」を練習するロブボレーメニュー

 

■人数:4~12人

■レベル:初中級~中上級

■目的:相手のファーストボレーを「ロブボレー」でストレートに展開して揺さぶれる感覚と技術を身に付ける

 


 

【練習方法】

サーブ側のペアが、サーブ&ボレーで並行陣を取る。

リターン側の選手はまずしっかりクロスに低いリターンを返球し、その後リターンを打った選手も前に入り4アップのような陣形になる。

ここから、相手がクロスに打ったファーストボレーを、ボレーでストレートにロブを上げる。

そこからは、自由に打ってOK。

届けば、サーブ側の前衛がスマッシュを打っても良いが、届かなければサーブを打った選手がカバーに走る。

リターン側は、ロブが抜ければそのまま並行陣を作って、相手を追い詰めていく。

サーブからの練習が難しければ、球出しからの練習でもOK、まずは確実にリターンとサーブ&ボレーをクロス、に打つところまではしっかり丁寧に。

ロブボレーは、しっかりラケット面を作ってシンプルに打ってみましょう。

 

【発展練習】

ロブボレーがある程度慣れてきたら、その逆のアングルボレーもリターン側から組み合わせる。

リターンダッシュで4アップに持ち込んで、ストレートへのロブボレーのパターンとクロスへのアングルボレーを組み合わせることが出来るとベスト!

また、なるべくロブボレーをカバーするサーブを打った選手は、そのボールを「落とさない」ようにすること。

落としてしまうと、そのまま一気に相手リターン側が優位な状況になるので注意。

基本のストレートへのロブボレーパターンに慣れてきたら、通常の試合形式で混ぜながらやってみても良いでしょう。

 

【ポイント】

ファーストボレーも、深く入ってくるから厳しいだけで、その前で触ることが出来れば大丈夫。

特にストレートへのロブボレーが打てると、相手サーバーも意気盛んに前に前に、とはいかなくなるのです。

リターンダッシュ、はかなり難しいと思う方も多いでしょうが、大丈夫。

ボレー感覚でクロスにリターンして、そのまま相手に「ファーストボレーを打たせる」くらいでやってみましょう。

ロブボレーも、なかなか使う機会が特に男性は無いと思います。

「女性の、年配の方が使うショットでしょ・・・」という思い込みは、捨てましょう。

捨てないと、勝てませんよ。

 

ロブボレーはダサい・・・なんて思っている人、こそダサい。

男性の勢いがあるプレイヤーを止める、ことが出来るのがこういったロブボレーの技術。

ダブルスの試合、必ず相手コートには空きスペースがあることを、まず覚えておく。

そこさえ上手く突ければ、相手も気持ちよく攻撃は出来ない。

まず攻撃を止めるには、相手の空きスペースを上からも突いていくこと。

これを覚えておいて、損は無いです!

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. 練習メニュー

    「初心者にまず何を教えよう??」最初のテニスの練習に、実は最適なアノ練習メニュー

    4月は部活に新入部員が入ってくる。新しい部員に色んなことを教え…

  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    何がキツイって、毎回同じ練習の繰り返しが一番キツイはず

    キツイ練習、楽な練習。皆さんは、何をもってキツイ、楽だと判断し…

  3. 練習メニュー

    練習メニュー

    前衛のプレッシャーに耐える、実戦的な並行陣のボレーを磨く練習メニュー

    ダブルスの並行陣、いざ試合で使おうと思うと・・・。結構相手前衛…

  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの試合で、「流れるようなネットプレー」を身に付ける為の練習メニュー

    ダブルスの名手、ブライアン兄弟も実践する練習を取り入れてみましょう。…

  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    愚痴ばかり言ってくる部員がいるなら、一度対案を出させてみれば良い

    テニス部の練習、みんなやる気無いし愚痴ばっかり。そんな雰囲気に…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    「練習中、新しい事にトライしてる?」練習環境を見直すとテニスはもっと強くなる!

    都内の中学校へボランティア部活レッスンで行ってきた。一日、子供…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    「難しいこと」は、どんどん相手にやらせよう
  2. ダブルス

    ダブルスペアに自信を持たせること、がアナタには何より重要です
  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、相手を追い込んだかどうかの瞬時の判断が肝
  4. テニス サッカー

    サーブ

    高校サッカーを観ていて感じたこと、「テニスのサーブ」って・・・
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「またお前が相手かよ・・・」と、同じ対戦相手との試合は繰り返される
PAGE TOP