練習メニュー

「THE地味練であるボール出し練習」がテニスの試合の為に必要な理由

選手時代、ボール出し練習をよく行った。

ボール出し練習だから、ゆっくりのボール。

そんなに大したスピードじゃないから、ちゃんとポジションに入ればムチャクチャ打ちやすい優しいボール。

が、当然そんな簡単なボールで練習してもしょうがないので、その優しい緩いボールを、遠くに出してもらう。

遠くまで走って行って打つと、すぐにまた次の場所にボールを出されるので、急いで次の場所に向かう。

そんな感じのボール出し練習。

 

「THE地味練であるボール出し練習」がテニスの試合の為に必要な理由

 


 

ボールを出すパターンは決まっているので、とにかくゆっくりとしたボールだけど前から後ろ、右から左と、とにかくコートの端から端を大きく走らせる。

重要なのは、しっかり長い距離を走り続けた状態なのにちゃんとボールに対して打ちやすいポジションへ入り続けることが出来るかってこと。

 

正確性が必要だってことだよ

でも実際の試合でも、結局はこういうことをちゃんと普段から練習しているかどうかが重要だった。

相手が強かったとしても、取れないくらいの速いショットでやられることはそんなに無い。

あったとしても、スピードってもんは何度か受けると目が慣れてくるから、そう大した問題じゃない。

となると、やられる原因って意外と走らされたからミスしたり、一瞬逆を突かれてステップを間違ったりすることでのミスが殆ど。

せっかくラケットでボールを触れる所まで来たのに、そこでのステップや身体の向きなんかでミスになるのは勿体ないでしょ?

だから、こういうドリル練習では前後や左右に大きく動かしたりそれを何十球も続けたりすることをメインで練習するのだ。

もちろん簡単で易しいボールで出すから、ちゃんと追い付けば打ちやすい。

でも体力無くなって来る後半になると、ボールに近づくのが雑になったり、ラケットはボールに追い付いたけど、腰が引けていて触るのがやっと・・・なんてことになりやすい。

だから体力無くなって来た時こそ、しっかりポジションや打点をチェックして、リズム良く丁寧にプレーすることが重要だ。

 



 

こうやって動かされると、意外にミスってしやすい

なので、当然そういう事を相手にもやらせよう。

大したスピードじゃなくて良いから、相手もコートの端から端へ動かし続ける配球が出来れば、相手は嫌がってミスを連発しれくれるはずだよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス チャンス

    練習メニュー

    「良いフォームは自分で開発出来なきゃなきゃダメ!」テニスの試合で苦しいときに実力を発揮できる為に

    テニス上達のためには良いフォームを身に付けないといけないんだけど、どう…

  2. 練習メニュー

    「強豪と対戦する日のためにも」日々のテニスの練習で意識しておきたいポイント

    明日、試合がある。そういう人は、明日の試合の事を想定して、今現…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    すぐには結果につながらないもの、に実は「勝利へのヒント」は埋まっている

    試合で勝ちたい、と考えているみなさん。つい、焦ってしまいがちで…

  4. テニス スライス

    練習メニュー

    「ドロップショットとアングルショット」を磨く、2対1のラリー練習メニュー

    ドロップショットやアングルボレー、なかなか試合の中で使っていく機会少な…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    「ネットプレーヤーを前後に揺さぶって崩す」為に必要なテニスのストローク技術を磨く練習メニュー

    ネットプレーヤーを左右だけでなく、前後に揺さぶるストローク技術を磨く練…

  6. 練習メニュー

    「試合に勝つ為のテニスの練習」では、徹底的に効果を求めるチーム全体の姿勢が大切

    「今日も練習、みんなで頑張ったな・・・」と思える毎日、理想ですよね。…

特集記事

  1. テニス 雨

    その他

    「リーダー作り」テニス部の部活動に必要なリーダーの育成について
  2. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」、試合に勝てるサーブの考え方とは?
  3. ダブルス

    男子ダブルス、今年こそ強くなりたいなら
  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    「片手バックハンドボレーが難しい」と感じている人は、シンプルな準備の形に変えてい…
  5. スマッシュ

    ロブが怖いんじゃなくて、スマッシュミスが怖いだけ
PAGE TOP