練習メニュー

「THE地味練であるボール出し練習」がテニスの試合の為に必要な理由

選手時代、ボール出し練習をよく行った。

ボール出し練習だから、ゆっくりのボール。

そんなに大したスピードじゃないから、ちゃんとポジションに入ればムチャクチャ打ちやすい優しいボール。

が、当然そんな簡単なボールで練習してもしょうがないので、その優しい緩いボールを、遠くに出してもらう。

遠くまで走って行って打つと、すぐにまた次の場所にボールを出されるので、急いで次の場所に向かう。

そんな感じのボール出し練習。

 

「THE地味練であるボール出し練習」がテニスの試合の為に必要な理由

 


 

ボールを出すパターンは決まっているので、とにかくゆっくりとしたボールだけど前から後ろ、右から左と、とにかくコートの端から端を大きく走らせる。

重要なのは、しっかり長い距離を走り続けた状態なのにちゃんとボールに対して打ちやすいポジションへ入り続けることが出来るかってこと。

 

正確性が必要だってことだよ

でも実際の試合でも、結局はこういうことをちゃんと普段から練習しているかどうかが重要だった。

相手が強かったとしても、取れないくらいの速いショットでやられることはそんなに無い。

あったとしても、スピードってもんは何度か受けると目が慣れてくるから、そう大した問題じゃない。

となると、やられる原因って意外と走らされたからミスしたり、一瞬逆を突かれてステップを間違ったりすることでのミスが殆ど。

せっかくラケットでボールを触れる所まで来たのに、そこでのステップや身体の向きなんかでミスになるのは勿体ないでしょ?

だから、こういうドリル練習では前後や左右に大きく動かしたりそれを何十球も続けたりすることをメインで練習するのだ。

もちろん簡単で易しいボールで出すから、ちゃんと追い付けば打ちやすい。

でも体力無くなって来る後半になると、ボールに近づくのが雑になったり、ラケットはボールに追い付いたけど、腰が引けていて触るのがやっと・・・なんてことになりやすい。

だから体力無くなって来た時こそ、しっかりポジションや打点をチェックして、リズム良く丁寧にプレーすることが重要だ。

 



 

こうやって動かされると、意外にミスってしやすい

なので、当然そういう事を相手にもやらせよう。

大したスピードじゃなくて良いから、相手もコートの端から端へ動かし続ける配球が出来れば、相手は嫌がってミスを連発しれくれるはずだよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス カープ

    練習メニュー

    プロ野球の広島カープに学ぶ、「徹底的した素振り練習」を貫くことの重要性

    今年プロ野球のセ・リーグを制したチーム、広島東洋カープ。彼らの…

  2. 練習メニュー

    テニスになぜ新しい練習が必要かというと、「新しい自分に気付いて試合で活かす」ため

    同じ練習をずっとしていると、何が問題なのか・・・。以前に、練習…

  3. テニス 試合

    練習メニュー

    大人になっても平気で練習に遅刻する人は、最高にダサい

    みなさんの周りでも、いませんか?学生時代ならまだ許されたかも知…

  4. テニス サーブ

    練習メニュー

    テニスの試合で必須な「グランドスマッシュを安定させる」為のラリー練習メニュー

    「グランドスマッシュ」と聞いて、アナタ自身どんなイメージですか?…

  5. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスでも型を覚えた人から、型破りなテニスに進化出来る

    独特なフォーム、戦術で、試合を勝っていける人。みなさんの周りに…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    厳しい練習とは、「通常の試合より相手が優位な状態」からスタートする練習

    練習は、厳しく。でも、実際にどういう目的、感覚で練習すれば試合…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    戦術

    目の前の景色が違うだけで、テニス選手はメンタルが乱されていく
  2. テニス リターン

    ダブルス

    クロスのストロークの打ち合いで負けないメンタル、必要
  3. ストローク

    ネットプレイヤーに対して、ロブ頼みを卒業しないと
  4. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスのサーブ、ノータッチエースより「相手に触らせる」ことを意識
  5. テニス ボレー

    ストローク

    強く跳ね上がるサーブ、ストロークは、どうすれば上手く返せるだろう?
PAGE TOP