ダブルス

ロブに弱いダブルス、並行陣を卒業しよう!

試合になると、ロブにやられてしまうダブルスペアのみなさん。

これは、ハッキリ言って致命的です。

相手はリスクを冒さずに、楽にポイントが取れている可能性が高いですからね。

サーブ&ボレーで並行陣を作り、ストレートロブにどう対応していくのか。

カットの配球の基本、を見直しておきましょう。

 

ロブに弱いダブルス、並行陣を卒業しよう!

 


 

1.サーブ&ボレーから、並行陣へ

赤側のペアからサーブ、アナタ自身が前に出ると思って見て下さい。

まずサーブを打って、サービスラインの手前でステップ。

焦って前に出過ぎると、ロブの餌食になりやすいです。

少し余裕を持って止まる、ように意識しましょう。

それだけで、良いロブ対策になります。

相手がストレートロブ、を打って来ても、慌てずに・・・。

サーブを打った自分、でカバーしましょう。

前衛がロブを触れない、と判断したらすぐにカバーに走る。

ここまでは、みなさんも基本として出来ている部分じゃないでしょうか。

問題は、このボールをどう返球して、どうポジションを取るのか。

このポイント、曖昧だとやられてしまいます。

 

2.返す場所によって、ポジショニングも変わる

悩んでしまうと、どうしてもミスになります。

これは、鉄板のパターンとして決めておきましょう。

あそこに返せば、どう動くのか、という感じで。

やはり、基本は相手の後衛、ですね。

ロブを打ってきた選手に、そのままカットボレーで返す。

こうすると、時間も確保出来るし、並行陣を維持しやすい。

ですが、ストレートに打つということは・・・実は、打った本人は結構忙しくなります。

なぜなら、今度は自分が並行陣の前衛、になるから。

しっかり前に詰めておかないと、陣形がおかしくなります。

チェンジしたパートナーは後衛として、しっかりクロスロブを警戒しないといけません。

この動き、がスムーズに出来ると、非常に隙の無いダブルスになります。

ストレートに打ったら、前に詰める!

これは覚えておきましょう。

 

3.アクセントを利かせた切り返し、も有り!

でも、ロブが甘い、少し余裕がある。

そんな時には、思い切ってアングルへ打っていくのも有り、です。

相手の前衛も、狙って動いて来る可能性もありますからね。

そこの逆を突く、のも良い作戦。

こういうボールを打たれると、ロブを上げ辛くなるんですよね・・・。

相手前衛の性格、も加味して狙ってみましょう。

 

4.配球+ポジショニング、がダブルスの基本

打つコースによって、自分がどう動くのか。

これの基本、を理解出来ていればロブにも強くなるでしょう。

選択肢を準備して、ポジショニングを考える。

そして、その配球をパートナーの前衛が感じる。

今回のパターン、右利きの方だとカットするボレーがバックボレーですからね。

ココは狙われます、試合でも。

この処理こそ、まさに女子ダブルス、ミックスダブルスでは壁になり、差が出る部分でしょう。

並行陣はチェンジしても、簡単に渡さない。

この気持ちが大事です。

ロブはどんどん打たれる、と覚悟して準備しておきましょう。

 

簡単にロブを落としてはダメ。

しっかりカットして、並行陣をキープする、配球とポジショニングを考えておく。

基本さえ押さえておけば、そう簡単には負けません。

それがダブルス、ですから。

ロブに強い並行陣、意識して練習して磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ダブルス

    魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れない

    少し、極端な例かも知れませんが・・・。ダブルスの試合を観ている…

  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスにおいて前衛は、「攻撃の優先権がある」ことをまず認識しましょう

    ダブルスにも、色々な作戦があります。雁行陣に並行陣、後ろで2人…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでの法則、「男性サーブ、女性リターンのときは7割がロブ」という頭で対応しよう

    ミックスダブルスの試合は、男子・女子のダブルスとは異なる。大き…

  4. テニス ストローク

    ダブルス

    「ダブルスが得意なベテランプレイヤー」に対抗する為に必要な4つの戦術

    同じカテゴリーだけで行われる高校や大学の大会と異なり、一般の大会に出れ…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「並行陣から引き出したチャンスボール」を、どう後衛から攻めるか?を考えてみる

    社会人になると、プレーする機会が増える並行陣。ストロークは「沈…

  6. ダブルス

    強い並行陣は、後衛のポジショニングに秘密有り!

    並行陣で、手堅くプレーしていく。安定感のあるダブルスは、ミスが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、「客観的に観れば誰か一人が仕切っている」試合が多い
  2. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンのストロークが苦手な人は、打ち終わりの肘の位置が低い人が多い
  3. テニス ポーチ

    フットワーク

    相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう
  4. テニス メンタル

    ボレー

    ハイボレーを、「力の入らない場所」で打ってないですか?
  5. テニス ロブ

    ストローク

    「逃げるロブからレベルアップ!」テニスであなたのロブを進化させる4つの考え方
PAGE TOP