ダブルス

ロブに弱いダブルス、並行陣を卒業しよう!

試合になると、ロブにやられてしまうダブルスペアのみなさん。

これは、ハッキリ言って致命的です。

相手はリスクを冒さずに、楽にポイントが取れている可能性が高いですからね。

サーブ&ボレーで並行陣を作り、ストレートロブにどう対応していくのか。

カットの配球の基本、を見直しておきましょう。

 

ロブに弱いダブルス、並行陣を卒業しよう!

 


 

1.サーブ&ボレーから、並行陣へ

赤側のペアからサーブ、アナタ自身が前に出ると思って見て下さい。

まずサーブを打って、サービスラインの手前でステップ。

焦って前に出過ぎると、ロブの餌食になりやすいです。

少し余裕を持って止まる、ように意識しましょう。

それだけで、良いロブ対策になります。

相手がストレートロブ、を打って来ても、慌てずに・・・。

サーブを打った自分、でカバーしましょう。

前衛がロブを触れない、と判断したらすぐにカバーに走る。

ここまでは、みなさんも基本として出来ている部分じゃないでしょうか。

問題は、このボールをどう返球して、どうポジションを取るのか。

このポイント、曖昧だとやられてしまいます。

 

2.返す場所によって、ポジショニングも変わる

悩んでしまうと、どうしてもミスになります。

これは、鉄板のパターンとして決めておきましょう。

あそこに返せば、どう動くのか、という感じで。

やはり、基本は相手の後衛、ですね。

ロブを打ってきた選手に、そのままカットボレーで返す。

こうすると、時間も確保出来るし、並行陣を維持しやすい。

ですが、ストレートに打つということは・・・実は、打った本人は結構忙しくなります。

なぜなら、今度は自分が並行陣の前衛、になるから。

しっかり前に詰めておかないと、陣形がおかしくなります。

チェンジしたパートナーは後衛として、しっかりクロスロブを警戒しないといけません。

この動き、がスムーズに出来ると、非常に隙の無いダブルスになります。

ストレートに打ったら、前に詰める!

これは覚えておきましょう。

 

3.アクセントを利かせた切り返し、も有り!

でも、ロブが甘い、少し余裕がある。

そんな時には、思い切ってアングルへ打っていくのも有り、です。

相手の前衛も、狙って動いて来る可能性もありますからね。

そこの逆を突く、のも良い作戦。

こういうボールを打たれると、ロブを上げ辛くなるんですよね・・・。

相手前衛の性格、も加味して狙ってみましょう。

 

4.配球+ポジショニング、がダブルスの基本

打つコースによって、自分がどう動くのか。

これの基本、を理解出来ていればロブにも強くなるでしょう。

選択肢を準備して、ポジショニングを考える。

そして、その配球をパートナーの前衛が感じる。

今回のパターン、右利きの方だとカットするボレーがバックボレーですからね。

ココは狙われます、試合でも。

この処理こそ、まさに女子ダブルス、ミックスダブルスでは壁になり、差が出る部分でしょう。

並行陣はチェンジしても、簡単に渡さない。

この気持ちが大事です。

ロブはどんどん打たれる、と覚悟して準備しておきましょう。

 

簡単にロブを落としてはダメ。

しっかりカットして、並行陣をキープする、配球とポジショニングを考えておく。

基本さえ押さえておけば、そう簡単には負けません。

それがダブルス、ですから。

ロブに強い並行陣、意識して練習して磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「ペアにタッチされる」のと、「ペアにタッチしにいく」のは大違い

    ダブルスの試合を観ていて、「どっちがペアとして、引っ張っているのか?」…

  2. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手のリターンを崩していくには?

    ダブルスの試合、前衛の仕事って・・・何でしょう?ボレーでポイン…

  3. ダブルス

    「ダブルスで格上ペアを倒したい!」と思うなら、テニスでクロスの勝負はあえて捨てましょう

    ダブルスはペアで戦うコンビネーションが重要。プロテニスの試合で…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    勝ち続けるダブルスペアが、試合中に考えている5つのこと

    これは、私自身の話、ではありません。過去に、全日本で何度も優勝…

  5. ダブルス

    発想力が乏しい人はダブルスの前衛で、「ナイスサーブが入る」のを待っている

    ダブルスの前衛、こんな考えの選手・・・の人、いませんか?「ドキ…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    みんな、前衛の「ストレートケア」について誤解してない?

    今日は、ちょっとした誤解を解いていきたいと思います。ダブルスの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. サーブ

    「サーブのトスを低くしてみる」ことで、アナタは劇的に変わるかも知れません
  2. テニス 駆け引き

    戦術

    自分の武器を活かすなら、相手の対応パターンを熟知しておこう
  3. テニス ポジショニング

    ボレー

    シングルスの試合で使えるネットプレーは、「相手を左右に走らせるだけ」で充分なケー…
  4. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーの基本、「手首をコックしてリラックス」の態勢を作ろう
  5. テニス 時間

    メンタル

    テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!
PAGE TOP