リターン

ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です

ダブルスの試合のリターンゲーム。

みなさん、どういう戦い方がメインになっていますか?

私は、基本は前に出る形、を徹底しています。

もちろん、厳しいサーブは後ろで粘ることもありますが、リターンから前に出る形が一つ出来ていると、試合で武器になる。

だって、サーブは絶対に「浅い」ことが約束されたショットですから。

 

ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です

 

1.サーブは浅い球出し、くらいの上から目線でいこう

相手のサーブ、私はこういう感覚で待っています。

特にセカンドサーブなんかは、「浅い球出し」であり、アプローチの恰好の材料。

深い球出し、サーブはフォルトですからね。

しっかり前に入ってリターンすることで、そのままネットに出て2人で並行陣、というのが実現出来る。

サーブ&ボレーより、私はリターンダッシュの方が楽だと思いますよ。

恐らく、基本はこういうポジションで赤側の選手、がリターンだと思いますが・・・。

これだと、打った後に前に出るにも距離がある。

相手にプレッシャーもかけられないので、意識としてはこれくらい↓

ベースラインから2歩前、サービスラインとの中間近くまでいっても良いと思います。

このあたりは、相手のサーブ力と応相談ですね。

 

2.前でリターン出来れば、あと数歩でそのまま並行陣になる!

のが魅力です。

こういう感じでボールを捕らえることが出来ると、もうあと少しで並行陣の後衛、のポジションまでいけますよね。

リターンの前の打ち合わせで、しっかり赤側のペアは前衛とも共有しておく。

「リターン打って、前出るからね」

と言っておけば、更に自分は前にプレッシャーをかけていける。

そして、ありがちな相手のロブをケアすることも出来ますよね。

リターンからパッとこの状況↑を作るれるかどうか。

こうなると、相手は慌ててロブくらいしか手が無いでしょう。

 

3.リターンダッシュからロブを引き出す、のが試合で有効

これも、よく私が使う手です。

実際に試合では、かなりの確率でロブが来ると思って良いでしょう。

何せサーブを打った相手は、まずサーブでパワーを使っていますから。

やっと入ったと思ったら、もう相手は前に来ている、それにリターンのタイミングも早くて間に合わない・・・から「えい!」とロブを上げるしかない。

という相手ばかりなら良いんですが、だんだん相手もレベルが上がって来るし、リターンダッシュにも慣れて来る。

しっかりクロスに沈めて来る、ような相手も増えて来るでしょう。

でも、ここで慌てる必要はありません。

何せ、アナタ自身はかなり余裕を持ってポジショニング、前に出れているので、相手が打つ瞬間には準備万端。

クロスに沈められても・・・。

落ち着いて前に落とす、このイメージを持ってリターンダッシュから前に出る。

難しい技術のようで、実は最初から決めて待っていればさほど難しくありません。

沈めてくるようなボールなら、山なりのアングルボレー、ドロップボレーを打ってみましょう。

相手に触られてもOK、とにかく攻撃の手を緩めないこと、が大事です。

リターンダッシュから、前を使う全体のイメージ、湧いて来ましたか・・・?

 

まずは、リターンのポジショニングですね。

ここでしっかり、前に入ること。

前に入って、ほぼ並行陣に近い形、を作ってリターンダッシュでいきましょう。

実際に、ダッシュする時間はすごく短いですから。

相手のセカンドサーブ、こうやって攻撃していかないと損ですよ。

ピックアップ記事

  1. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    リターンで構えた時に「ラケットをクルクル回す」、のにはちゃんと意味があります

    リターンで構えたときに、ラケットをクルクル回す選手、多いですよね。…

  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンミスが多い人は、「自分の脇が空き過ぎている」ケースが多いので要チェック!

    リターンミスを減らしたい、減らせばブレイクのチャンスが拡がる。…

  3. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合では、「スライスでのリターン」を覚えておくだけで絶対に試合での勝率は上がる

    シングルスの試合、勝てない選手はリターンが荒い。もったいないと…

  4. テニス リターン

    リターン

    「リターンをいつもふかしてしまう人」は、横向き抑えが足りず打球フラットになっている可能性大

    試合において、リターンは重要。これが入らないと、ラリーに持ち込…

  5. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合、「トスに勝ってリターンゲームから始める」ことで得られるメリット3つ

    試合前のトスアップ、アナタはいつもどんなスタンスで臨んでいますか?…

  6. テニス メンタル

    リターン

    ノーアド形式でゲームを取れないのは、運が悪い?そうじゃなくて、それが実力なんです

    「いやー、運が無かった。ノーアド全部、取られちゃったよー」と、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ダブルス

    「ウルトラミラクルスーパーダブルスストレートアタックレシーブ」って、テニスのダブ…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの基本、「振り切って軌道を高く」の意識は試合でこそ活きる
  3. テニス シューズ

    テニス知識

    テニスシューズは、「しっかりメンテナンスすれば長持ちする」ので、しっかり意識して…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブは、「絶対にファーストサーブより遅く打たないといけない」というルー…
  5. ストローク

    相手がベースライン後ろで粘っているのに、「深く深く、ストロークを打ち続けている」…
PAGE TOP