リターン

ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です

ダブルスの試合のリターンゲーム。

みなさん、どういう戦い方がメインになっていますか?

私は、基本は前に出る形、を徹底しています。

もちろん、厳しいサーブは後ろで粘ることもありますが、リターンから前に出る形が一つ出来ていると、試合で武器になる。

だって、サーブは絶対に「浅い」ことが約束されたショットですから。

 

ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です

 


 

1.サーブは浅い球出し、くらいの上から目線でいこう

相手のサーブ、私はこういう感覚で待っています。

特にセカンドサーブなんかは、「浅い球出し」であり、アプローチの恰好の材料。

深い球出し、サーブはフォルトですからね。

しっかり前に入ってリターンすることで、そのままネットに出て2人で並行陣、というのが実現出来る。

サーブ&ボレーより、私はリターンダッシュの方が楽だと思いますよ。

恐らく、基本はこういうポジションで赤側の選手、がリターンだと思いますが・・・。

これだと、打った後に前に出るにも距離がある。

相手にプレッシャーもかけられないので、意識としてはこれくらい↓

ベースラインから2歩前、サービスラインとの中間近くまでいっても良いと思います。

このあたりは、相手のサーブ力と応相談ですね。

 

2.前でリターン出来れば、あと数歩でそのまま並行陣になる!

のが魅力です。

こういう感じでボールを捕らえることが出来ると、もうあと少しで並行陣の後衛、のポジションまでいけますよね。

リターンの前の打ち合わせで、しっかり赤側のペアは前衛とも共有しておく。

「リターン打って、前出るからね」

と言っておけば、更に自分は前にプレッシャーをかけていける。

そして、ありがちな相手のロブをケアすることも出来ますよね。

リターンからパッとこの状況↑を作るれるかどうか。

こうなると、相手は慌ててロブくらいしか手が無いでしょう。

 

3.リターンダッシュからロブを引き出す、のが試合で有効

これも、よく私が使う手です。

実際に試合では、かなりの確率でロブが来ると思って良いでしょう。

何せサーブを打った相手は、まずサーブでパワーを使っていますから。

やっと入ったと思ったら、もう相手は前に来ている、それにリターンのタイミングも早くて間に合わない・・・から「えい!」とロブを上げるしかない。

という相手ばかりなら良いんですが、だんだん相手もレベルが上がって来るし、リターンダッシュにも慣れて来る。

しっかりクロスに沈めて来る、ような相手も増えて来るでしょう。

でも、ここで慌てる必要はありません。

何せ、アナタ自身はかなり余裕を持ってポジショニング、前に出れているので、相手が打つ瞬間には準備万端。

クロスに沈められても・・・。

落ち着いて前に落とす、このイメージを持ってリターンダッシュから前に出る。

難しい技術のようで、実は最初から決めて待っていればさほど難しくありません。

沈めてくるようなボールなら、山なりのアングルボレー、ドロップボレーを打ってみましょう。

相手に触られてもOK、とにかく攻撃の手を緩めないこと、が大事です。

リターンダッシュから、前を使う全体のイメージ、湧いて来ましたか・・・?

 

まずは、リターンのポジショニングですね。

ここでしっかり、前に入ること。

前に入って、ほぼ並行陣に近い形、を作ってリターンダッシュでいきましょう。

実際に、ダッシュする時間はすごく短いですから。

相手のセカンドサーブ、こうやって攻撃していかないと損ですよ。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. リターン

    「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニック

    サーブとレシーブ。これはテニスの試合の中で一番大事な場面だ。…

  2. リターン

    リターンで調子が良い時ほど、突っ込まないことが大事

    リターンは、前に、前に。これが基本ですが、あくまでポジションを…

  3. テニス 練習

    リターン

    ダブルスの試合のリターンゲームで、「深いサーブを打たれた時」にパートナーの前衛はどう考える?

    リターン側の前衛、にアナタ自身が立っているとします。良いサーブ…

  4. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で相手から「ダブルフォルトをもらう」リターンのときの秘策とは?

    正直なところ、試合の中で「このポイント、ダブってくれないかな・・・」と…

  5. リターン

    シングルスの試合での、リターン必勝法はこれ!

    シングルスの試合で、リターンからどう攻撃していくのか。今回は、…

  6. テニス 準備

    リターン

    リターンで左右に振られた時に、意識したいのは身体がブレないこと

    相手サーブが良いとき、左右に振られる機会はありますよね。リター…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合、相手ネットプレイヤーに足元を攻撃されても、「面だけ作るロブボレー」…
  2. その他

    「たかが足元のボールケア、されどボールケア」強いチームは、足元のケアに本気です
  3. ストローク

    「鼻で吸って口で吐く」練習をすることで、テニスの試合でもスタミナが続く!?
  4. テニス 環境

    ストローク

    テニスの試合において、「後ろに下がると、守る範囲は広くなってしまう」ので注意が必…
  5. テニス ボレー

    メンタル

    緊迫した試合終盤に、参加できるかどうか?が肝になる
PAGE TOP