リターン

ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です

ダブルスの試合のリターンゲーム。

みなさん、どういう戦い方がメインになっていますか?

私は、基本は前に出る形、を徹底しています。

もちろん、厳しいサーブは後ろで粘ることもありますが、リターンから前に出る形が一つ出来ていると、試合で武器になる。

だって、サーブは絶対に「浅い」ことが約束されたショットですから。

 

ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です

 


 

1.サーブは浅い球出し、くらいの上から目線でいこう

相手のサーブ、私はこういう感覚で待っています。

特にセカンドサーブなんかは、「浅い球出し」であり、アプローチの恰好の材料。

深い球出し、サーブはフォルトですからね。

しっかり前に入ってリターンすることで、そのままネットに出て2人で並行陣、というのが実現出来る。

サーブ&ボレーより、私はリターンダッシュの方が楽だと思いますよ。

恐らく、基本はこういうポジションで赤側の選手、がリターンだと思いますが・・・。

これだと、打った後に前に出るにも距離がある。

相手にプレッシャーもかけられないので、意識としてはこれくらい↓

ベースラインから2歩前、サービスラインとの中間近くまでいっても良いと思います。

このあたりは、相手のサーブ力と応相談ですね。

 

2.前でリターン出来れば、あと数歩でそのまま並行陣になる!

のが魅力です。

こういう感じでボールを捕らえることが出来ると、もうあと少しで並行陣の後衛、のポジションまでいけますよね。

リターンの前の打ち合わせで、しっかり赤側のペアは前衛とも共有しておく。

「リターン打って、前出るからね」

と言っておけば、更に自分は前にプレッシャーをかけていける。

そして、ありがちな相手のロブをケアすることも出来ますよね。

リターンからパッとこの状況↑を作るれるかどうか。

こうなると、相手は慌ててロブくらいしか手が無いでしょう。

 

3.リターンダッシュからロブを引き出す、のが試合で有効

これも、よく私が使う手です。

実際に試合では、かなりの確率でロブが来ると思って良いでしょう。

何せサーブを打った相手は、まずサーブでパワーを使っていますから。

やっと入ったと思ったら、もう相手は前に来ている、それにリターンのタイミングも早くて間に合わない・・・から「えい!」とロブを上げるしかない。

という相手ばかりなら良いんですが、だんだん相手もレベルが上がって来るし、リターンダッシュにも慣れて来る。

しっかりクロスに沈めて来る、ような相手も増えて来るでしょう。

でも、ここで慌てる必要はありません。

何せ、アナタ自身はかなり余裕を持ってポジショニング、前に出れているので、相手が打つ瞬間には準備万端。

クロスに沈められても・・・。

落ち着いて前に落とす、このイメージを持ってリターンダッシュから前に出る。

難しい技術のようで、実は最初から決めて待っていればさほど難しくありません。

沈めてくるようなボールなら、山なりのアングルボレー、ドロップボレーを打ってみましょう。

相手に触られてもOK、とにかく攻撃の手を緩めないこと、が大事です。

リターンダッシュから、前を使う全体のイメージ、湧いて来ましたか・・・?

 

まずは、リターンのポジショニングですね。

ここでしっかり、前に入ること。

前に入って、ほぼ並行陣に近い形、を作ってリターンダッシュでいきましょう。

実際に、ダッシュする時間はすごく短いですから。

相手のセカンドサーブ、こうやって攻撃していかないと損ですよ。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 3月22日(金) T-PRESSセミナーを開催します

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合、「トスに勝ってリターンゲームから始める」ことで得られるメリット3つ

    試合前のトスアップ、アナタはいつもどんなスタンスで臨んでいますか?…

  2. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスのリターン、男性は女性サーブこそコンパクトに振っていかないと

    ミックスダブルスで、もったいないポイント。それは、男性が女性サ…

  3. テニス リターン

    リターン

    試合の中でリターンが崩れていくときは、まず身体の開きを抑えよう

    リターンミスが多いとき、皆さんはどこから修正していきますか?リ…

  4. テニス ストローク

    リターン

    勝ちたければ、アングルリターンを狙おう!

    リターンゲームで、何を武器に戦っていくのか。30-40、のよう…

  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンが安定しない人が、簡単に改善出来る方法とは?

    リターンが難しいと感じている人。回転も読めないし、コースも読め…

  6. テニス メンタル

    リターン

    リターンのときに、気づいて欲しい大事なポイント

    相手がサーブを打つときに、コースを読んで待ちたい。でも、どこに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ラケット

    サーブ

    サーブ前にラケットでボールを打つ、ことがなぜ必要なのか?
  2. テニス ボレー

    ストローク

    フォアハンドで、ウィナーを取るテニスにするために
  3. テニス ストローク

    戦術

    相手の攻撃を、コースで反撃する発想を
  4. テニス ストローク

    ダブルス

    「だからダブルスが嫌いなんだよ!」テニスの試合では自分がやられて嫌なことを相手に…
  5. テニス 構え

    戦術

    テニスの試合で「良い形で、短いラリーでポイントが獲れた後」には、「粘るプレー」を…
PAGE TOP