リターン

ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です

ダブルスの試合のリターンゲーム。

みなさん、どういう戦い方がメインになっていますか?

私は、基本は前に出る形、を徹底しています。

もちろん、厳しいサーブは後ろで粘ることもありますが、リターンから前に出る形が一つ出来ていると、試合で武器になる。

だって、サーブは絶対に「浅い」ことが約束されたショットですから。

 

ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です

 


 

1.サーブは浅い球出し、くらいの上から目線でいこう

相手のサーブ、私はこういう感覚で待っています。

特にセカンドサーブなんかは、「浅い球出し」であり、アプローチの恰好の材料。

深い球出し、サーブはフォルトですからね。

しっかり前に入ってリターンすることで、そのままネットに出て2人で並行陣、というのが実現出来る。

サーブ&ボレーより、私はリターンダッシュの方が楽だと思いますよ。

恐らく、基本はこういうポジションで赤側の選手、がリターンだと思いますが・・・。

これだと、打った後に前に出るにも距離がある。

相手にプレッシャーもかけられないので、意識としてはこれくらい↓

ベースラインから2歩前、サービスラインとの中間近くまでいっても良いと思います。

このあたりは、相手のサーブ力と応相談ですね。

 

2.前でリターン出来れば、あと数歩でそのまま並行陣になる!

のが魅力です。

こういう感じでボールを捕らえることが出来ると、もうあと少しで並行陣の後衛、のポジションまでいけますよね。

リターンの前の打ち合わせで、しっかり赤側のペアは前衛とも共有しておく。

「リターン打って、前出るからね」

と言っておけば、更に自分は前にプレッシャーをかけていける。

そして、ありがちな相手のロブをケアすることも出来ますよね。

リターンからパッとこの状況↑を作るれるかどうか。

こうなると、相手は慌ててロブくらいしか手が無いでしょう。

 

3.リターンダッシュからロブを引き出す、のが試合で有効

これも、よく私が使う手です。

実際に試合では、かなりの確率でロブが来ると思って良いでしょう。

何せサーブを打った相手は、まずサーブでパワーを使っていますから。

やっと入ったと思ったら、もう相手は前に来ている、それにリターンのタイミングも早くて間に合わない・・・から「えい!」とロブを上げるしかない。

という相手ばかりなら良いんですが、だんだん相手もレベルが上がって来るし、リターンダッシュにも慣れて来る。

しっかりクロスに沈めて来る、ような相手も増えて来るでしょう。

でも、ここで慌てる必要はありません。

何せ、アナタ自身はかなり余裕を持ってポジショニング、前に出れているので、相手が打つ瞬間には準備万端。

クロスに沈められても・・・。

落ち着いて前に落とす、このイメージを持ってリターンダッシュから前に出る。

難しい技術のようで、実は最初から決めて待っていればさほど難しくありません。

沈めてくるようなボールなら、山なりのアングルボレー、ドロップボレーを打ってみましょう。

相手に触られてもOK、とにかく攻撃の手を緩めないこと、が大事です。

リターンダッシュから、前を使う全体のイメージ、湧いて来ましたか・・・?

 

まずは、リターンのポジショニングですね。

ここでしっかり、前に入ること。

前に入って、ほぼ並行陣に近い形、を作ってリターンダッシュでいきましょう。

実際に、ダッシュする時間はすごく短いですから。

相手のセカンドサーブ、こうやって攻撃していかないと損ですよ。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    センターへの厳しいサーブは、振り遅れて逆クロスくらいでちょうど良い!

    ストロークもリターンも、基本は打点を前!と、何度も書いてきました。…

  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?

    テニスの試合は、シングルスかダブルス。色々やることは変わって来…

  3. テニス ダブルス

    リターン

    シングルスの試合でのリターンは、ワイドからの切り返しが効きやすい

    シングルスの試合の必殺技。今回は、私が使っているある「リターン…

  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジションは、あと1メートル前で試合向きに!

    リターンミスの、一番の要因。私は、一般や学生さんのレベルだと「…

  5. テニス ロブ

    リターン

    試合で対戦したときに、「深く鋭いサーブ」をしっかり返球できるリターンの技5つ

    試合でサーブが良い対戦相手、と当たる機会は絶対に増えてくる。そ…

  6. テニス ストローク

    リターン

    ハッキリとリターンの立ち位置を変えると、メンタルまで変わる

    リターンで攻撃的にいきたい。錦織選手の試合を観ていると、本当に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 練習メニュー

    テニスの練習を、自らリードしていける選手になろう
  2. ストローク

    「クロスへのパッシングショットを沈める!」為に、大事なポイントは?
  3. テニス ストローク

    シングルス

    初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打…
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    「ココに飛んだら、GO!」というサイン
  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンを手首でこねている人は、「40-30のような大事なポイント」で入らなくな…
PAGE TOP