テニス 走力

メンタル

テクニックを嫌う人は、いつまで経っても勝者の側にはいけない

試合に勝つテクニック。

それはどこか、「姑息な手段」とも捉えられがちです。

ですが、私は違うと思いますよ。

テクニックを磨く、試合に勝つ術を色々な角度から磨いていく、ということは、決して恥ずかしいことじゃない。

だって、私たちは目の前の試合に勝ちたい。

そう願いからこそ、細かいテクニックを磨く訳じゃないですか。

 

テクニックを嫌う人は、いつまで経っても勝者の側にはいけない

 

1.テクニックを否定する人は、勝負から逃げているだけ

小手先の技術よりも、もっと根本的な基本を磨いていかないと。

こういうご意見、いまだによく頂きます。

仰りたい気持ちは分かりますが、私は「小手先の技術」ですら、基本の一部だと思っています。

そもそも、何をもってテクニック色が強いのか、基本なのか・・・なんて境目、の議論に意味は無いでしょう。

試合に勝つために、試行錯誤していくテクニック、私は初心者の方にも必要だと思っています。

駆け引き、はテニスの醍醐味ですしね。

 

2.テクニックを使うには、計画性が必要

それに、試合でパッとテクニックを使うのって、簡単じゃない。

そこには、計画性や緻密や、用意周到な準備が必要なのは明らかです。

つまり、テニスの試合でもテクニックをしっかり使える人は、それだけ計画的に試合の準備を進めていくことが出来る人、でしょう。

小手先のテクニック、侮っては絶対にいけません。

その技術は、小手先だけで出来るものではありません。

テニスの試合でテクニックを使える人は、しっかり勝利を考えている人、計画的に努力出来ている人。

私はそう思います。

 

3.情熱が無ければ、テクニックなんて身に付かない

だって、気持ち良くバンバン打つだけ、じゃないですか。

テニスの試合に勝ちたい、と思うなら、それだけじゃダメ。

自分が打ちたくない、相手を追い込むような渋いショット、が必要なのがテニスの試合です。

テニスの試合で使えるテクニックは、情熱が無いとそもそも使おう、身に付けようとは思わないモノ、ではないでしょうか。

情熱があれば、試合で必要なものとして受け入れ、練習していく。

情報を仕入れても、「へー、そうなんだ」で終わらせない。

どこかで自分の試合で使えるかもしれない、と本気で考えて取り入れようとしますから。

この違いって、大きいと私は思いますよ。

 

4.勝ちたいと思えば、やることは見えてくる

テニスに対して、情熱を保ち続けることは簡単ではありません。

私自身も、記事を書くネタがなくて悩む時期、たくさんあります。

試合に勝てなくて、こんな自分が書いていて良いんだろうか、と頭を抱えて寝込んでしまう。

でもやっぱり、また起き上がって書きたくなるんですよね。

だって、本当に私自身まだまだ試合に勝ちたい、と思ってますから。

同時に、みなさんを勝たせたいと思う。

この想いがあれば、何度落ち込んでも、漂流することなく、考え続けていけるでしょう。

勝つためのテクニック、それを身に付けることは恥でも何でもない。

一緒に頑張っていきましょう!

 

仕事、受験、恋愛・・・。

スポーツ以外にも、どこか「勝つためのテクニック」と聞くと、毛嫌いしてしまいませんか?

言葉って、難しいですね。

でも私は、テクニック、技術はどんな分野でも必要ですし、自分を助けてくれるものだと思っています。

勝つために全力を尽くす、あくまでその手段ですから。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    メンタル

    「良いテニスとは、どんなテニスか?」について、2つの視点で考えてみる

    私が以前にテニスコーチをしていたときに、よく考えていた問題について。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負けたからといって、「苦労や悲しみのシェア祭り」になっている人は本当に痛い

    試合に勝てる日もあれば、当然負ける日もある。試合結果について自…

  3. テニス メンタル
  4. テニス 不器用

    メンタル

    「試合慣れしていない人」とは、いつも同じ景色しか見慣れていない人

    テニスの試合に慣れていない、と感じる人。皆さんは、どんな方とい…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です

    テニスの大会では、シード制度というものがある。テニス以外のスポ…

  6. テニス フットワーク

    メンタル

    多くの一般テニスプレイヤーが、自分を過小評価していることに気付いていない

    試合で結果が出る人、出ない人。ほとんど、実力差は無さそうでも、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サイト

    テニス知識

    セルフジャッジのカウントコール、一番自然なタイミング?
  2. テニス 粘り

    その他

    テニスの試合で、相手に攻撃される!と感じたら慌てずに、「逃げのコース」をイメージ…
  3. テニス ボレー

    フットワーク

    「流れるようなネットプレー」の裏には、テニスで必要な効率的な体重移動が不可欠です…
  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「サーブを打つ前に、どこを見る?」基本的な順番から覚えましょう!
  5. その他

    「上級生について行けば良い」という考えは止めよう
PAGE TOP