テニス 走力

メンタル

テクニックを嫌う人は、いつまで経っても勝者の側にはいけない

試合に勝つテクニック。

それはどこか、「姑息な手段」とも捉えられがちです。

ですが、私は違うと思いますよ。

テクニックを磨く、試合に勝つ術を色々な角度から磨いていく、ということは、決して恥ずかしいことじゃない。

だって、私たちは目の前の試合に勝ちたい。

そう願いからこそ、細かいテクニックを磨く訳じゃないですか。

 

テクニックを嫌う人は、いつまで経っても勝者の側にはいけない

 

1.テクニックを否定する人は、勝負から逃げているだけ

小手先の技術よりも、もっと根本的な基本を磨いていかないと。

こういうご意見、いまだによく頂きます。

仰りたい気持ちは分かりますが、私は「小手先の技術」ですら、基本の一部だと思っています。

そもそも、何をもってテクニック色が強いのか、基本なのか・・・なんて境目、の議論に意味は無いでしょう。

試合に勝つために、試行錯誤していくテクニック、私は初心者の方にも必要だと思っています。

駆け引き、はテニスの醍醐味ですしね。

 

2.テクニックを使うには、計画性が必要

それに、試合でパッとテクニックを使うのって、簡単じゃない。

そこには、計画性や緻密や、用意周到な準備が必要なのは明らかです。

つまり、テニスの試合でもテクニックをしっかり使える人は、それだけ計画的に試合の準備を進めていくことが出来る人、でしょう。

小手先のテクニック、侮っては絶対にいけません。

その技術は、小手先だけで出来るものではありません。

テニスの試合でテクニックを使える人は、しっかり勝利を考えている人、計画的に努力出来ている人。

私はそう思います。

 

3.情熱が無ければ、テクニックなんて身に付かない

だって、気持ち良くバンバン打つだけ、じゃないですか。

テニスの試合に勝ちたい、と思うなら、それだけじゃダメ。

自分が打ちたくない、相手を追い込むような渋いショット、が必要なのがテニスの試合です。

テニスの試合で使えるテクニックは、情熱が無いとそもそも使おう、身に付けようとは思わないモノ、ではないでしょうか。

情熱があれば、試合で必要なものとして受け入れ、練習していく。

情報を仕入れても、「へー、そうなんだ」で終わらせない。

どこかで自分の試合で使えるかもしれない、と本気で考えて取り入れようとしますから。

この違いって、大きいと私は思いますよ。

 

4.勝ちたいと思えば、やることは見えてくる

テニスに対して、情熱を保ち続けることは簡単ではありません。

私自身も、記事を書くネタがなくて悩む時期、たくさんあります。

試合に勝てなくて、こんな自分が書いていて良いんだろうか、と頭を抱えて寝込んでしまう。

でもやっぱり、また起き上がって書きたくなるんですよね。

だって、本当に私自身まだまだ試合に勝ちたい、と思ってますから。

同時に、みなさんを勝たせたいと思う。

この想いがあれば、何度落ち込んでも、漂流することなく、考え続けていけるでしょう。

勝つためのテクニック、それを身に付けることは恥でも何でもない。

一緒に頑張っていきましょう!

 

仕事、受験、恋愛・・・。

スポーツ以外にも、どこか「勝つためのテクニック」と聞くと、毛嫌いしてしまいませんか?

言葉って、難しいですね。

でも私は、テクニック、技術はどんな分野でも必要ですし、自分を助けてくれるものだと思っています。

勝つために全力を尽くす、あくまでその手段ですから。

ピックアップ記事

  1. 「第1回 読者ミーティング」を開催します
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. メンタル

    メンタルが強い人は、大事なポイントこそ「どっちでも良い」のスタンス

    「あぁ、自分もメンタルが強くなりたい」そう考えているみなさんに…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    ポイント後の感情を、一度リセットすることが試合では大事

    試合の中で、メンタルが強く崩れない人。それは、シンプルにこうい…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「はまらないと勝てないテニス」は、カッコ悪い

    「はまると強い人」って、いますよね。テニス界にも、ビッグサーバ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くなる

    テニスの試合、勝ってるときはすごく楽しい。疲労も感じないし、何…

  5. テニス 雪

    メンタル

    メンタルの弱さとは、そのままアナタの意志の弱さである

    メンタルが弱い、試合に勝てない。だからこそ、何かを変えないと・…

  6. テニス 時間

    メンタル

    テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!

    テニスの試合に出ていると、相手が「意図的に時間を使ってるな・・・」と感…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 試合

    メンタル

    「相手がどこに打つか分かるかい?」テニスの試合で必要な予測と思い切った実践力
  2. テニス センス

    メンタル

    「テニスの悔しさは、テニスでしか埋められない」ことの現実を、しっかり理解しておこ…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    自由に打てるフォアハンドボレーを安定させたいなら、「足のつま先を横向き」にするこ…
  4. テニス メンタル

    フットワーク

    サーブを打つ前の静寂、「キュ、キュ、キュ、キュ!」
  5. テニス メンタル

    サーブ

    アナタのサーブの成長を阻害している一番の要因、それは「虚栄心」です
PAGE TOP