テニス 確率

戦術

テニスの試合で一番嫌なのは、「何かを仕掛けて来る選手」じゃないですか?

対戦していて、嫌な相手。

それは、何かを仕掛けてくる相手、でしょう。

ショットそれぞれは大したこと無いように見えて、計算されている。

オーソドックスなコースよりも、変わったコースを多く使ってくる。

こういう相手には、どう対応していけば良いのか。

アナタ自身、試合で勝ち上がっていくには考えておかないといけない。

「大したことない相手に負けた」なんて思っていると、ずっとそのまま勝てないですよ。

 

テニスの試合で一番嫌なのは、「何かを仕掛けて来る選手」じゃないですか?

 

1.勝ちたいという相手の意志を、見くびるな

ここからまずは、しっかり覚悟すること。

何かを仕掛けてくる、工夫して来るような相手は勝ちたいという意志が凄い。

この意志を、アナタ自身でしっかり受け止めて、迎え撃たないと試合には勝てないでしょう。

相手は色々なことをしてくるし、コースを突いてくる。

普段の練習では無いような、「迷い」が生じるはずです。

この迷いこそ、相手の作戦の大きな狙い。

アナタ自身、迷っても良いですがしっかり結論を出すこと。

結論を出したプレーが出来れば、怖くはありません。

 

2.テニスでは、コースは最後には1カ所にしか打てない

アナタがボールを打つときに、迷いが生じる。

相手がすごく動いて来るから、ストレートか・・・いや、罠かも知れない・・・ロブも読まれてそうだし・・・。

こう考え出すと、キリがない。

考えるのは、プレー前、ポイント間のみ。

ポイントに入るときには、しっかり結論を出して入ることが大事。

どんなに悩んでも、テニスはボールが1つですから1つのコースにしか打てない競技。

迷えば迷うだけ、そのコースへのボールの威力、精度は落ちていきます。

こういう「何か仕掛けてくる相手」に対しては、早めに迷いを断ち切る。

これだけで、だいぶ試合がしやすくなりますよ。

 

3.心理戦、上等!の精神で臨もう

これは、アナタ自身の強みにして欲しい。

駆け引きや揺さぶり、心理戦は、大歓迎のスタンスでいきましょう。

相手の眼を見て、しっかりプレーする。

会話するように、ラリーする。

その中で、たまに相手の作戦にはまることもあるでしょう。

でも、慌てない。

仕掛けて来られても、まずはしっかり相手コートに落ち着いて返球すれば良い。

ちょっとした奇襲は、大歓迎のスタンスでいきましょう。

相手は、アナタを慌てさせようと思っている訳ですからね。

しっかり、どっしり構えていれば良いんです。

 

4.何よりこういうタイプの選手を、見下さないこと

アナタの周りでも、いませんか?

小細工と小手先で勝とうとする選手を、小馬鹿にするような感じの人。

特に男性で多いように思います。

そういう人とは、距離を置いた方が良い。

試合に勝ちたいと思って必死になっている人、を見下すような行為は、全部自分に返って来ます。

何かを仕掛けてくるような相手は、本当に手強いし試合で強い。

だからこそ、覚悟して準備して挑んでいく。

テニスらしい試合、がきっとそこには待ってますからね。

 

アナタ自身も、ぜひ仕掛ける側の選手になって欲しい。

仕掛けることが出来る人は、仕掛けられる側の選手の気持ちも分かる。

そのまた逆もしかり、ですね。

やってみないと分からないことって、たくさんあります。

ぜひ、普段の練習からお互いに仕掛け合い、テニスらしいラリー、ゲームを楽しんで欲しい。

きっとそういう選手が、試合に強くなる。

私はそう思いますよ。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ハードコート

    戦術

    テニスの試合では、「強い相手にこそ、先に仕掛ける」意識が絶対必要です

    テニスの試合、強い対戦相手との試合は避けて通れない。いや、これ…

  2. テニス メンタル

    戦術

    何かを変える時期は、とことん結果を無視すること

    自分のテニスを、思い切って変えること。この重要性は何度も書いて…

  3. テニス メンタル

    戦術

    ピンチでコースを張って逆を突かれたら、全力でウォッチ&ジャッジを

    私たちの試合は、ほとんどがセルフジャッジ。その中で、結構多いミ…

  4. テニス 緊張

    戦術

    いつの間にか、相手を助けるテニスになってない?

    試合の中で、気付かないうちに・・・って、多いと思いませんか?気…

  5. 戦術

    試合に勝てる人は、特別な人じゃない

    試合会場で、シード選手と対戦する。どうしても、何だか「別世界の…

特集記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    「ボレーを個人練習で磨きたい!」という方にお勧めのペアで出来る簡単練習5つ
  2. テニス サーブ

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない
  3. メンタル

    技術の前に、攻撃のメンタルが足りない
  4. ストローク

    攻撃的なストロークは、前足を決めて先に体重移動を終えてインパクトしていこう!
  5. テニス ストローク

    戦術

    キレイなテニスの選手は、「試合になると崩れていく」ことを覚えておくと試合で戦いや…
PAGE TOP