テニス ダブルス

ダブルス

いつの間にか、「ペアに気を遣って無難な選択しかできない」ダブルスプレイヤーになってしまってませんか?

闘うべき相手はネットを挟んだ向かいにいる。

はずなのに、意識はどこかペアの方に向いてしまって、何かと気を遣ってしまう・・・。

そんなダブルスプレイヤーに、いつの間にかなってしまっていませんか?

 

いつの間にか、「ペアに気を遣って無難な選択しかできない」ダブルスプレイヤーになってしまってませんか?

 

■ダブルスであれど、局面は個人の勝負

テニスにおいて、ダブルス競技の局面は個人の勝負。

2人で一緒にショットを打つ訳ではありません。

味方同士のパスをつなぐこともできません。

全て相手を通じて味方を活かすわけですから、相手をしっかり押し込んでいく、攻撃していくショットは個人の力量にゆだねられています。

 

■責任逃れをしても、テニスは強くなれません

「ごめーん!」という声、もっとも試合会場で多く聞こえる言葉ですよね。

日本人の特徴かも知れませんが、「何もできなかったこと、失敗したこと」を謝っても、何も進歩はありません。

自分の責任を、テニスのプレーで果たしているかどうか。

「今のラリーは前衛は出る幕ないな・・・」

「ペアのリターンが甘いから厳しいな・・・」

という言い訳を考える前に、アナタ自身が出来ることが有るはずです。

 

■個人の強みをペアで確認して、本物のコンビネーションが生まれる!

今一度、ペアで個人の強みを確認しましょう。

自分達の持っている武器、特徴を洗い出して、強引にでも作戦を作ってみる。

作戦は、情報と情報の組み合わせです。

相手のことも大事ですが、自分たちの準備を試合前に終えるようにしましょう。

小手先のポーチ、フォーメーションは付け焼き刃。

強みを確認してから考えた方が、断然試合で有効に作用します。

 

「気遣い」は、時に残酷な結果を生みます。

ダブルスペアと、しっかり本音で話せていますか?

試合に負けて悔しいレベルは、同じですか?

テニスについて客観的に、真剣に話すという経験は、学生時代の皆さんにこそお勧め。

たかがテニス、されどテニス。

試合に勝つ為には、一度自分の中、ペアの中にある全てを出してみることです。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス 観察

    ダブルス

    ダブルスでの試合は「お互いの武器を確認すること」でペアの完成度が磨かれていく

    学生の方や、試合にがっつり出ている方は、ダブルスのペアを固定して戦って…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    右利きのプレイヤー視点で、「ダブルスのリターンサイドのメリット、デメリット」を考えてみると・・・?

    今回は、ダブルスのリターンのサイド、について考えてみたいと思います。…

  3. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの試合において「ダブルスの前衛は、貯金を上手く活用する」という意識が効果的です

    「あの前衛、よくボレー出て来るな・・・」と思ってストレートに打ち始める…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「ミスしないで・・・」とアドバイスした時点で、ミスへの序章が始まる

    ダブルスのペアで試合中、皆さんどんな「声かけ」が多いですか?味…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!

    テニスの数ある技術の中でも、最も難しい部類に入るのが低い位置のボレー、…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    「ダブルス、狙うのは弱い方の相手でホントにいいの?」テニスの試合で狙いを定めるには・・・?

    ダブルスの試合の時、相手ペアのどっちが強いかパートナーと一緒に見付ける…

特集記事

  1. メンタル

    「対戦相手の応援がうざい・・・」と思った人、残念ですがそう感じている時点でアナタ…
  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスにおいて、高レベルのダブルスの試合で増える「ストレートへの展開」の練習メニ…
  3. テニス トレーニング

    メンタル

    テニス界でも、「実力が無いのに知ったかぶりな人」は自分を苦しめるだけ
  4. テニス 観察

    日々の雑記

    まだまだ壁は、とてつもなく高いのかも知れない
  5. テニス ダブルス

    ストローク

    いわゆるテニスの「普通のストローク」とは、全て打点が低いと自覚しよう
PAGE TOP