テニス ダブルス

ボレー

並行陣のサーブ&ボレーは、「ファーストボレーをストレートに流す準備」が大事

ダブルスの試合、サーブ&ボレーで前に出ても沈められて、苦しくなる人。

きっと、「何が何でもクロスに深く」という意識が強いんでしょう。

でも、ちょっと肩の力を抜いて、楽に考えて欲しい。

絶対にリターンの選手と勝負、しないといけない訳ではありません。

 

並行陣のサーブ&ボレーは、「ファーストボレーをストレートに流す準備」が大事

 


 

1.リターン側の前衛の選手、はどんな選手だろう?

試合では、色々な選手がいる。

そもそも、ボレーが苦手な選手だっていますよね。

ストロークが得意な選手もいる。

ダブルスの試合、私だったら「ボレーが苦手そう」な選手がいれば、どんどんボレーしてもらいます。

ミックスダブルスで、ラリーに絡む勇気が無さそうな女性選手も、ですね。

サーブ&ボレーのファーストボレーから、ストレートに展開しても良いんじゃないですか?

クロスに、リターンを打った選手に・・・という意識が強過ぎると、ミスも増えると思います。

 

2.ファーストボレー狙いの前衛には、早めにストレートへ

もちろん、レベルが上がるとファーストボレーは狙われる。

強力なリターンでローボレーさせられていると、相手の前衛はポーチに出て来ますからね。

ここでも、積極的にストレートに流す準備、しておきましょう。

「いやいや、ローボレーをストレートへって、めっちゃ難しくない?」と思った方、多いと思います。

色々と方法はありますが、最初に「ストレートへ展開しよう」と決めておくと、まずは楽でしょう。

ラケット面を作って待つ、踏み込むことだけをまずは意識すればきっとストレートに上手く流せるはずです。

 

3.前衛とはしっかり事前に、打ち合わせを!

これも、リターン同様に「ストレートに展開するとき」には前衛との共有は必須です。

予め話しておけば、サポートもしやすいですしね。

ストレートへ展開して、2対1のラリーにしていくと、ダブルスでは楽に戦えます。

そもそも、リターンの選手が調子が良い、ストロークが強い感じの場合はどんどんこの積極策を取りましょう。

並行陣はクロスへのファーストボレー、が基本ですが、それだけだと辛くなるだけかも知れません。

 

ダブルスの試合、並行陣が億劫になっている人はぜひ、この意識を使って欲しい。

私も、こうやって書いていますが「基本」はあくまで基本。

相手に合わせられやすい、のも基本です。

ストレートへの展開、どんどん試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「厳しいロブをしっかりカットして粘りたい」ときには、まず相手の出方を確認しよう

    ネットプレーが上手い人、試合に強い人はアップヘッド(頭の上)のボールの…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーカットは、しっかり深く・・・だけだと、危険な発想です

    「これは、基本だから・・・」と、何も考えないで打っているショット。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「テニスでは意外とコレが難しい!」ハイボレーを安定させるコツのまとめ記事7つ

    簡単そうに見えて、試合ではまったく使い物にならない・・・。そん…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合の中で、「ネットプレーを磨きたいけど、ポジションがよく分からない…」人は、はっきりメリハ…

    テニスの試合、特に学生の大会ではストローク技術が主体となる傾向が強い。…

  5. テニス 練習

    ボレー

    テニス部としての練習で、「強引なネットプレーの練習」は必要!特に女子テニス部に

    普段のテニス部の練習、どうしてもストローク中心になっていませんか?…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーのコントロールは、「ボールを捉える前のラケット面作り」が9割

    ボレーのコントロールがなかなか上手くいかない人は、自分で難しくしている…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 雑誌

    メンタル

    私が月一でオススメしたいこと、それは「テニスに全く関係無い本を読む」ことです
  2. テニス テニスノート

    戦術

    相手のナイスポイント、の後に間を空けて考えることは・・・?
  3. サーブ

    テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」…
  4. テニス 部活

    日々の雑記

    テニスをしていて辛いことが無い、というのが一番辛い
  5. ボレー

    ドライブボレーは、相手の心を打ち砕く
PAGE TOP