フットワーク

ネットプレーに強い人は、これを意識している

試合の中で、前でポイントが取れる。

ボレー戦に強い、前衛が得意という方が、自然と出来ている基本について。

今回も、当たり前と思われるようなところ、から確認していきましょう。

意外と、試合では出来ない方が多いはず。

テニスという競技、ネットを挟んだ競技の特性を理解出来れば、おのずと自信に変わるはずです!

相手の打点の高さ、を意識しよう!

ネットより高いのか、低いのか

これが、すごくテニスでは大事です。

相手の打点の高さが、どの高さなのか。

打っている高さで、アナタ自身も次のボールが予測出来る。

特に、前のポジションでボレーをするような場面では大事になる。

テニスには、ネットという障害物がありますからね。

これに対して打点がどうか?を常に意識しておきましょう。

ネットより低い打点なら、軌道は上向く

当たり前ですが、相手はネットより低い位置から打つなら、持ち上げる軌道になる。

これは、アナタ自身にとってチャンス。

前に詰める、ネットに近い位置にポジションが取れているなら、必ずアナタ自身が攻撃出来るはず。

ここを見極めること、がテニスの試合では大事です。

相手の打点がネットより低ければ、前に詰めるチャンス。

相当意識を強く持たないと、良いポジションは取れないですよ。

ネットより高い打点で打たれるなら…

これも、どれくらいの高さなのか、どこのポジションから打たれるのか、に寄りますよね。

ネット近くで肩より高い打点なら、もうほぼお手上げ。

でもこれが、腰くらいの高さならまだチャンスはある。

ネットの上から角度を付けたショットは打てない、つまりは直線的なボールが来る可能性が高い、とイメ―ジ出来ます。

大事なのは、相手の打点の高さを見極めて「どういうボールを打たれそうか?」を瞬時に判断するということ。

ここに磨きをかけられない人に、未来はありません。

誰でも出来る、だけどやらない

そこが大きな差になっていく

テニスの上手い、下手なんて、そう大差は無い。

でも、実は大きな差になっているのは、「相手をしっかり見ているかどうか?」だと私は思います。

相手をよく見て、見極めて、自分に飛んで来るボールを予測する。

ネットという障害物があるから、軌道も読みやすい。

そう思いませんか?

打点からしか、ボールは発射されない。

そこに集中して、意識を向けることが大事です。

更に上の、ダブルス巧者を目指すなら

相手の打点を見極める、そこから動くのでは遅い。

ボールを打つ前の相手を見て、「次はどの打点で打ちそうか?」まで、予測してみることが大事です。

味方のパートナーが足下に打ってくれそうなら、もう最初から前に詰めておく。

そうすることで、相手の打点に素早くチャージすることが出来ますよね。

誰だって、ボールより早く動くことは出来ません。

だからこそ、予測や見極め、がテニスでは大事なんです。

打ち方とか、そういう問題じゃない

みなさん、ここにばかり意識がいっている。

打ち方、フォーム、そんなものばかり気にして試合に勝てますか?

もちろん、基本は大事ですよ。

でも、その技術を使えるポジション、タイミングで入ることが大事じゃないですか?

相手の打点を見極めて、しっかり動く、詰める。

特にボレー戦、前衛ではこの意識が大事です。

試合に強い人の、動きを追ってみよう

YouTubeで何度か更新させて頂いてますが、強い人のフットワークを見てみて下さい。

これはすぐに、真似出来る部分ですからね。

なぜ、今前に詰めたのか。

なぜ、ボレーが決まりやすいのか、守備力も高いのか。

そこには全て、根拠があります。

そしてそれらは、実は誰も教えてはくれないこと、だったりするでしょう。

発掘して研究するのは、みなさん自身です。

これからもT-PRESSでは、そのヒントをご提供し続けていきます。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. フットワーク

    「足を動かせ!」と怒られない為にテニスのフットワークに意識改革を!

    ストロークもボレーもスマッシュも・・・・。相手が打った瞬間に反…

  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    実戦的なスプリットステップは、「スタンス広めで沈み込む」のが基本です

    何となく、出来ているようで出来ていない・・・のがスプリットステップ。…

  4. フットワーク

    前後の動きに、強くなる!には…?

    試合に強い人、の大きな特徴の一つ。それは、前後の動きに強いと…

  5. テニス ストローク
  6. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスでは力を入れるポイントを絞っておかないと、体力はいくらあっても足りない

    リラックス、リラックス・・・と試合中に考えても、その時点で恐らくガチガ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    緊張したら目を閉じ、練習風景を思い出すこと
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    「背伸びセンス」もテニスの試合で成長する為には必要なこと
  3. テニス ストローク

    ボレー

    試合で使えるドロップボレーは「腕の形を作ってしまって下半身で滑り込む」を実践する…
  4. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの並行陣、「ファーストボレーは、深ければ良い・・・」だけだと、相手前衛に…
  5. テニス アームカバー

    テニス知識

    暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
PAGE TOP