テニス メンタル

フットワーク

気が付いていないだけで、スプリットステップにはある秘密がある

試合の中で、相手のボールへの反応が遅い。

こう感じた人は、もしかしたら大正解!かもしれません。

テニスの試合は、反応の速さが大事。

でもそれは、動体視力や反射神経、だけの問題じゃないんですよね。

私は、ステップの技術で変えていくことが出来る。

そう思いますよ。

 

気が付いていないだけで、スプリットステップにはある秘密がある

 


 

1.身体能力に、大きな差なんて無い

私は、そう思います。

一般、学生のみなさんのレベルでは、そんなに差は無い。

もちろん、厳しいトレーニングをしている人は、何もしないよりは確実に向上していくでしょう。

でも、そうじゃなくてもまずはステップ、だけで大きく改善出来る。

そう、スプリットステップ、こそ改善の源。

私は、このステップを変えるだけで、アナタの反応速度は大きく変えていけると思っています。

意識したいポイントは、「タイミング」です。

 

2.もっと早く、「着地」しよう!

私がオススメしたいのは、これだけ。

相手が打つ前に、着地すること。

「え?ジャンプじゃなくて?」と思う方も、多いでしょう。

私は、あえて言いますが、着地していないと反応が遅れる。

特に、守備的な場面、相手が攻撃してきそうな場面では、速く着地しておくこと、が大事。

ほとんどの人が、相手が打つ瞬間にまだ「浮いている」んですよね。

このタイミングが普通になっているから、反応が遅くなる。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

3.強い相手は、タイミングが速い!

だから、対抗出来ないんです。

ライジングショット、もそうですし、ステップが遅いと反応出来ない。

自分の中では相手に合わせてステップ、しているつもりでも、相手がどんどんタイミングを速くしてくる。

こうなったら、どんどん後手になりますよ。

速いスプリットステップの着地は、アナタ自身の相手への備えの現れ。

守備でも攻撃でも、もっともっと、速く着地する。

自分でぜひ、研究してみて下さい。

 

4.ジャンプの高さも、低くて良い

スプリットステップ、しっかり安定感を出したい。

低めにジャンプ、頭がぶれないようなイメージ、で私は良いと思いますよ。

激しく高く飛ぶ必要なんてありません。

沈み込むように、低くジャンプ、スタンスを広く。

その方が、頭の位置もぶれないし、安定感が増す。

着地も速くなる、反応も良くなる。

ぜひ、このあたり意識してプレーしてみて下さい。

 

反応が悪いのには、理由があります。

テニスでは、相手が打つ瞬間、ラケットとボールが接している瞬間には、コート上に足を付けておきたい。

この部分を意識するだけで、ボール数個分は確実に広く動けるようになるでしょう。

フットワークに客観的な視点を持って、ぜひ自分で見直してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス 客観視

    フットワーク

    「テニスの試合で、手抜きは悪いこと?」自分の体力をコントロールするには意識改革が必要です

    テニスは常に一生懸命、全力を尽くすスポーツ。もちろんそれは大前…

  2. テニス 打点

    フットワーク

    攻撃的なボレー、あのフットワークが肝

    ボレーが弱い!と、お悩みのみなさん。なぜ、アナタのボレーが試合…

  3. テニス リターン
  4. フットワーク

    ネットダッシュが苦手な人は、止まる場所をしっかり決めておこう

    前に出る、ネットに出るのに苦手意識がある人。こういう人は、やっ…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    横に流れるランニングショット、打った後に反対側をカバー出来てますか?

    オムニコートで、ザザザザーーっと滑っていく選手。前にも横にも、…

  6. テニス ボレー

    フットワーク

    速く動けば余裕が出来る、のがテニスのフットワーク

    テニスの試合、強い選手のフットワークは何が違うのか。これって、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    プレーに波がある人は、「上の部分」をコントロールしていこう
  2. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの試合で、ここぞの場面で役立つカウンターショットの使い方10選
  3. テニス シングルス

    ボレー

    出来るとネットプレーに余裕が持てる、「面を下向きにしてハーフボレー」を覚えてステ…
  4. テニス 戦術

    ダブルス

    並行陣の基本は深いボレー、という落とし穴に気付かないと
  5. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で、「ロブで逃げる」という発想を卒業しよう
PAGE TOP