テニス 前衛

フットワーク

スプリットステップ、ネットプレーのときには早めに着地、くらいでちょうど良い

テニス選手ならスプリットステップ、しっかり出来ないと辛い。

上のレベルの試合になれば、もちろん0.01秒の反応速度の差がそのまま数十cmで届くかどうかの差、になりますからね。

そう考えると、ネットプレーについては、どうでしょう。

私が皆さんに提案したいのは、コレです。

 

スプリットステップ、ネットプレーのときには早めに着地、くらいでちょうど良い

 

1.ボールの到達時間、違いますよね?

ベースラインにいるときと、ネットプレー。

もちろん、ネットに近い位置にいるネットプレーの時の方が、相手が打ってからボールが到達するまでの時間は短い。

ストローク時よりも、より速く、より正確な反応が求められるのは言うまでもありません。

なのに・・・どうして、スプリットステップは変えないのか。

私は不思議です。

逆に言えば、ネットプレーのときに少し意識するだけで、反応は見違える。

今まで抜かれていたパッシングショット、実は触れるボールだったんだと、気付けるはずです!

 

2.着地のタイミングをあえて「早く」設定してみる

スプリットステップの基本は、相手が打つ瞬間に着地、です。

これには色々な意見があり、打つ瞬間にジャンプ、という人もいれば着地を終えておく、というのも方法の一つ。

ですがあくまで基本は着地、でしょう。

ベースライン上ではこれでちょうど良いでしょうが、ボレーのときはもっと早く着地する。

以前に何度か、相手が攻撃的に来るときには「早く止まる」ことが重要だと書いてきました。

考え方は同じ、です。

ネットプレーにいるときには、まず守備的な考えから入る。

反応速度を高めるためには、相手が打つ瞬間に自分の足が「浮いている」ことは避けないといけないのです。

 

3.早く着地して、予測をしっかり立てる

実は、早く準備を終えて着地しておけば、「良い予測」が立てやすい。

予測して反応、するためのリズムが生まれるんですよね。

普段の練習からぜひ、試してみて下さい。

ボレー対ストロークのラリー練習でも、ボレー側でミスが多い人にはすごく効果的。

技術はあるのにラリーにならない人は、きっとフットワークに問題がある。

リズムを取っていくうえでも、ネットプレーは早めに着地!で見違えるはずです。

 

ステップを使い分ける。

これは、教わるよりも自分で考えて実践してみる。

ネットに出れば、ラリーのテンポは上がりますよね。

それに合わせて、ステップも変えていかないといけないのは当然。

ぜひ、意識して実践してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. フットワーク

    「どっちの足から決めるの?」が、ストロークの生命線

    ストロークの生命線、スタンス。足がしっかり決まっていると、振り…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合のプレーのほとんどは、「反応」でしかないという事実

    テニスの試合、フットワークが鋭い人って・・・反応が鋭い?いや、…

  3. テニス ミス
  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスのフットワークの大原則「かかとから踏み込むこと」がなぜ大事なのか、は明白です

    テニスのフットワーク、の特徴って何でしょう。他スポーツとの違い…

  5. テニス ボレー
  6. テニス メンタル

    フットワーク

    スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る

    素早く動いて、前に詰める。この動きが速い選手が、それだけですご…

特集記事

  1. サーブ

    テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」…
  2. テニス 試合

    メンタル

    「試合になると練習と別人になる・・・」人はココを意識して、変えてみよう!
  3. テニス トレーニング

    サーブ

    アナタが左利きのテニス選手なら、「ワイドよりもセンターへのサーブ」をしっかり磨い…
  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンを手首でこねている人は、「40-30のような大事なポイント」で入らなくな…
  5. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、「負けている時間帯の試合運び」が出来ない選手が多過ぎる
PAGE TOP