テニス メンタル

ボレー

テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い

ネットプレーが苦手・・・という方は、特に女性が多い。

両手のバックハンドや少し低い位置のボレーになると、ぎこちない形になる。

その方で多いのは、肘が伸びきってしまっていて、打点に「幅が無い」ケースも多々見受けられます。

ボレーと言えども、少しだけラケットを動かして打点に幅を持たせることは大事です。

 

テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い

 


 

■力が入り過ぎると、肘を伸ばしたようなフォームになる

腕だけの力で飛ばそうとすると、肘が伸びきってしまう。

そうなると怪我もしやすいですし、コントロールも悪くなる。

ですが自分自身がそうなってしまっている自覚が無いと、なかなか修正も難しいのがテニス。

一度、ボレーを打ち終わったときに、意識して止まってみて下さい。

肘が完全に伸び切っていると、それは危険なボレーと言えます。

 

■ボレーの基本は、軽く肘を曲げて打ち終わる

「えっ、伸ばして打ち終わるのダメ?」と思った方、もいると思います。

確かにポーチボレーなどで思い切り打点を前にしたような場面では、それも有効かも知れません。

ですがネットプレーでは、9割はスライス回転をかけた安定感のあるボールを打ちたい。

そうなると、肘を軽く曲げた状態から、そのままの形で前に踏み込みながら打ち終われると良いボレーになります。

なぜなら細かい、微調整が自分で出来るからです。

脇を空けて締める、というボレー動作の中で、肘の曲げ具合はあまり変えないようにしてみましょう!

 

■両手バックボレーは顔と打点を意識して近づけると安定する!

女性のバックボレーは、両手で打つ方が多いと思います。

この技術の難しいところは、あまり可動域が無い、という点。

だからこそ、少し肘を曲げた状態でボールに入る、そして顔の近くでボールを捕える意識が大切です。

足が動かないで肘先だけで打とうとすると、大抵が伸びて上手く打てない。

基本となるフットワークで、ボールを迎えにいく意識を持ちましょう!

 

ボレーの安定感は、身体の向きを足。

肘から先の動作は、毎回シンプルにしていくようにしましょう。

細かい調整はしますが、コースを変えたり回転量を増やすのは、肘先の動きでは無理。

この機会に肘が伸びないボレー、磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の改善策について

    フォアハンドのボレー、実は「苦手」って言える人は少ないんじゃないでしょ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    厳しいリターンに対するファーストボレーは、グリップを握り過ぎないことが第一

    最近のダブルスの試合、プロ選手の試合では「並行陣」が確実に減りつつあり…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレーの基本は、「ネットの2メートル上を狙って」思い切りアウトする気持ちで

    ドライブボレーは、一昔前まで一部の選手だけが使う武器でした。そ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで顔を残すことが出来れば、打てるコースは自然に拡がる

    試合で最後、ポイントを取る場面。これって、多い例としてはハイボ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「ハイボレーでもっとパンチ力が欲しい!」人に、オススメの練習方法とは?

    いくらストロークで追い込んでも、ハイボレーが決まらないと・・・なかなか…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    相手のスライスは、全てポーチチャンス!

    ダブルスの試合、皆さんもっと、チャンスに貪欲にならないと。相手…

特集記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    「テニス部の練習メニューは、慣れてきたら意味が無い」常に変化を楽しめるチームが、…
  2. テニス 客観視

    その他

    嫌なことは早く終わらせたい感、全部外に出てますよ
  3. テニス フットワーク

    メンタル

    「ムキになって相手のラリーに付き合う」のは本当に危険
  4. テニス ミス

    その他

    「テニスの試合は過酷である」真夏の暑さ対策として大切な「汗」について
  5. テニス メンタル

    戦術

    知っておいて損は無い、「全員から負けにくくなるテニス」はある
PAGE TOP