テニス ボレー

メンタル

誰かに言われてやってきたことを、「努力」とは呼べない

来月は、今年も福岡で高校選抜テニス大会、が開幕。

本格的に春のテニスシーズンを迎えますね。

新しく新入生を迎える部活、サークルにも活気が生まれるでしょう。

そこで、改めて考えておきたいのが、この問題。

アナタのエンジンに火を付けることが出来るのは、アナタ一人しかいないのです。

 

誰かに言われてやってきたことを、「努力」とは呼べない

 


 

1.上手くなることは出来ても、強くなることは出来ない

先ほど、高校選抜テニスの話がありましたが、去年観戦に行って思ったのは・・・。

「なんてみんな、上手いんだ!」ということ。

全国どの地域の学校、選手を観ても、ほぼ全員オールラウンドなテニスが一定のレベルでは出来る。

体力的にも鍛えられている。

戦術的なことはさておき、僕らの世代よりも全然、「上手い選手」って多い気がします。

ただし・・・言い方にはすごく語弊があると思いますが、「人間らしい強さ」を持った選手は少ない。

個性を武器に出来ているような選手も、少ない。

それって、この「努力」の問題が大きいように思います。

 

2.学生時代は練習出来る環境があるのが、「当たり前」

当たり前の環境では、人は努力が難しくなる。

周りがやっている、先生がやれと言うからやる、という環境が、当たり前になる。

そんな感じだと、「あれ?俺ってなんでテニス始めたんだっけ・・・?そもそも、好きなのか・・・?」という疑問が、湧いてくる。

でも、考えてモヤモヤするのが嫌だから、言われるがまま、なされるがままにテニスを続ける・・・。

酷い言い方かも知れませんが、そんな雰囲気の高校生が多いように思った記憶があります。

「自分は違う!」という方も、多いでしょう。

きっと自信を持ってそう言える人は、自ら主体的な形で努力、出来ているんだと思います。

 

3.「努力」って、機械的な行動の繰り返しとは違う

努力とは積み重ね。

でも、その積み重ねをどういう形で継続していくのか、出来ていたのかを考えてみる必要はある。

自分で考え、自分の意志で繰り返すことが出来ていたのか?

誰かに言われたから、仕方なくやっていることは機械的でしかない。

機械的なことを繰り返していても、機械的な技術しか身に付かない。

それは誰かに、強制された努力という名に近い、機械運動。

機械的な選手は、色々なことが起こる試合の現場では弱い。

努力について考えてみる時期に、アナタ自身きているのではないでしょうか?

 

努力って、難しい。

正解は無いし、駒のように言われて鍛えられて、全国優勝するチームもたくさんありますしね。

でも、アナタ自身が自分の「努力」について考えることは、間違いなく正解でしかない。

そこで出した答え、を持ってテニスコートでボールを打っていきましょう。

その姿勢、きっと試合結果にも反映されて来るはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス サッカー

    メンタル

    「失敗しても良いから、挑戦しよう」は、正しいようでちょっと違う

    私は何度も、新しいことへの挑戦の必要性を書いて来ました。その中…

  2. テニス フットワーク

    メンタル

    試合に勝てるようになりたい、なら今すぐ試合に出よう

    試合に勝ちたい、勝てるようになりたい。テニスを始めて、少しずつ…

  3. テニス スポーツ

    メンタル

    だた何となく「返球しているだけのテニス」で、勝とうと思うから難しいのです

    みなさん試合の中で、こういうポイントどれくらいあるでしょう?自…

  4. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲ること!

    テニスの試合、特に団体戦では「粘り」が得意な選手が力を発揮することが多…

  5. メンタル

    「順調に試合を運べていると感じたら、危ない」試合を勝ち切れない人は、最後の最後に隙だらけ

    どんなスポーツの試合にも、逆転は付き物。自分が逆転する側になる…

  6. テニス 睡眠

    メンタル

    大事な試合の前日に、「目が冴えて眠れなくなってしまった・・・」ときに意識したい4つのこと

    試合の前の日、緊張しますよね・・・。夜が明けたらもう試合、明日…

特集記事

  1. 戦術

    調子が悪いなら、動こうよ
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーに苦手意識がある人は、「無意識のうちに、身体が逃げていっている」ことに早く…
  3. テニス 評価

    戦術

    どうやって勝ったのか、よりも、どうやって負けたかの方が大事
  4. ストローク

    ネットプレイヤーに対するストロークの基本、「足元に沈めたら前をケアする」をとにか…
  5. テニス イベント

    メンタル

    「試合に勝てる雰囲気」がある選手と、「負けそうな雰囲気ばかり」な選手は何が違うの…
PAGE TOP