テニス メンタル

メンタル

格上の上位選手に対して、「このまま勝ってしまって良いのか?」という問いかけに、打ち勝てますか?

テニスに限らず、学生スポーツでは特に、この問題を避けて通れない。

シード校に対して、いかに競って、いかにに勝つか。

これがいかに難しいかは、歴史が証明していると言っても、過言では無いでしょう。

アナタがいつか、シード選手、シード校を追い詰めたとき・・・そのイメージは、今沸いていますか?

普段から意識して、練習して打ち勝つイメージを持っておくことが、何より大事です。

 

格上の上位選手に対して、「このまま勝ってしまって良いのか?」という問いかけに、打ち勝てますか?

 


 

■周囲の雰囲気に呑まれない、自分の強さはあるか?

競合校、選手と対戦していると、妙な雰囲気になることがある。

まさにアナタ自身が勝ちそう、となったときに、どこか「この選手が負けるのは、もったいない!」というような雰囲気になる。

するとどうでしょう、アナタの奮闘や善戦を称える間も無く、相手選手の応援に回る。

こんな光景、テニスでも決して珍しく無いのです。

 

■競合選手はヒーローであり、打ち勝つには絶対的な理由が必要!

大げさに感じるかも知れませんが、テニスの大会会場において、シード選手はヒーロー。

どうしても、勝ち上がってシード選手同士の戦いを望み、アナタの敗退をどこかで願っている。

そう思っておくと、少し気持ちが落ち着きませんか?

スポーツをする人、観る人も人間。

正直な気持ちは、どこかで態度に現れるのです。

 

■「最後に勝ち切る」ことに、秘策はあるか?

試合の後半、自分が勝ちそうになったときに、しっかり試合を終える準備があるか?

これが、強い選手とそうでない選手との違いです。

何となく進行している試合、そのままポイントを重ねて終われると思ったら、大間違い。

具体的に、例えばサーブ&ボレーに出てみるとか、リターンダッシュする、などのハッキリした作戦が欲しい。

終盤にとっておく、自信のあるプレーをいくつか候補出ししておきましょう。

 

試合の終盤、アナタに押し寄せるプレッシャーは半端ではありません。

シード選手、格上選手なら、なおさら。

それくらいの覚悟を持って試合に臨む、ことが特に格上相手には大事です。

普通にやって勝つ、以上のものが必要である、ということ。

それを乗り越えて、勝っていかないといけないのがテニスです。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. メンタル

    「意外性の高いショット」は、ポイントをリードしているときに

    テニスの試合、勝っているときには少しだけ、余裕が生まれる。そん…

  2. メンタル

    挑戦や失敗を、楽しめるスタンスが大事

    テニスの試合に出ていて、何が楽しいのか。私は、もちろん勝つこ…

  3. テニス 序盤

    メンタル

    身を以て知らなきゃ強くなれない、「負け」がテニスにはある

    テニスの試合、負けて悔しいのは当たり前。だからこそしっかり準備…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の中で、「グッドショット・リアクション」を無くしていこう

    試合に強い選手って、どんなショットを打っても基本一定、ですよね。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    もうすぐ試合が終わると思った瞬間に、アナタの思考は停止する

    勝っていたのに、最後で逆転される。思い出したくもない試合、きっ…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「練習では色々出来るのに、試合になると何も出来ない」人は、どんな意識で試合に臨めば良い?

    練習と試合では、やっていることが違い過ぎる人。練習では得意なシ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    ボレー

    苦しいネットプレーこそ、最後までボールを見よう
  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    「スマッシュを磨きたければ、まず決断力から」試合で勝ち切るテニスに、必要な決断力…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合中に、「対戦相手に見せてはいけない」何気ない行動5つ
  4. テニス センス

    メンタル

    「こんな相手は嫌だ!」テニスの試合ではマナーを守りつつ、嫌がられることも大切
  5. テニス メロブ

    ロブ

    苦し紛れのロブは、大抵入らない
PAGE TOP