テニス 練習

メンタル

自分で決められる人は、確実にテニスも強くなる

テニスが強くなる人、それって特別な人?でしょうか?

私はそうは思いません。

確かに、身体能力が高い人や環境に恵まれた人、は多少優位かも知れません。

でも、社会人から、40代50代、いや60代から始めても上達が早い人はたくさんいます。

あくまで私の経験ですが、ピン!と来る人はこんな人。

そう、結果的に日本人は少ないタイプ、かもしれませんね。

 

自分で決められる人は、確実にテニスも強くなる

 

1.なかなかいない、「自分で決められる」人

みなさんも、身に覚えありませんか?

日本人って、そもそも周りから「決めてもらう」ことに慣れている。

敷かれたレールもキレイですしね。

テニスだって、実は近しいものがあると私は思いますよ。

部活やサークル、テニススクールだって、何も考えなくてもテニス出来るじゃないですか。

至れり尽くせり、で迎えてもらえる。

そんな環境に慣れていると、自分で決める必要も無くなってくる。

それって、危険なことなんです。

 

2.試合では、自分で決断することの連続

実際の試合では、現場での決断力が求められます。

試合で勝つために、必要なことを自分で考えて、決断していく。

この「決められる」って、すごく大事な要素。

1.でも書きましたが、自分で自分のことを「決める」ことが出来る人って少ないじゃないですか。

テニスでも、同じです。

技術が無いだけ?

いや、私は違うと思いますよ。

 

3.例えばサーブの技術が向上しない人は、典型的な「決められない」人

サーブ一つ取っても、この傾向は当てはまります。

「なかなかセンターに、良いサーブが打てないんです」と悩んでいる方、本当に問題は技術的な部分ですか?

まず、自分自身で「絶対にセンターに打つんだ」という決意は、本当にあるのか。

決意があって、他を断つ。

この意識がまず無いと、技術は追い付いて来ないんです。

きっと、こういう人って「センターに打ちたいけど、でもワイドも捨てがたいな・・・相手に読まれているかもな・・・」と、イマイチ決断出来ていない。

試合では、相手に見透かされているかも知れませんよ。

ショットの選択一つ取っても、自分で決めるってなかなか出来ないことなんです。

 

4.自分で決めるから、自分で責任を負える

結局、成長にはここが不可欠です。

全てを自分が決めて、自分に返ってくる、その責任を負う。

この覚悟が大事なんです。

自分で決めていない人は、どこかで全て他人のせいじゃないですか。

試合に勝っても負けても、自分で責任を負っていない、逃げているだけ。

コーチや先生に、アドバイスを求めるのは大事。

でも、最終的に司令官はアナタ自身。

それがテニスという競技です。

 

だから、面白いんですよね。

自分の好きに出来る、と思っても、本気で決断してテニスをプレー出来ている人は少ないと思います。

アナタ自身、しっかり見つめ直して欲しいポイント、つい目をそらしがちなポイントでしょう。

テニスから、始めてみませんか?

自分の人生、自分自身でハンドルを握って旅していく。

その方が、ずっと楽しくないですか?

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合とはボールを打ち合うものではなく、主張と主張をぶつけ合うもの

    テニスの試合、何が面白いのか・・・。私は技術的なこと、よりも戦…

  3. テニス トレーニング

    メンタル

    テニス界でも、「実力が無いのに知ったかぶりな人」は自分を苦しめるだけ

    みなさんの周りにも、いませんか?言動に実力が伴っていない人。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない人同士が試合をすると、こうなる」という典型的なパターン例4つ

    テニスの試合では、強い人同士が試合をするのは珍しくない。ですが…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「他競技の名勝負から学ぶ」テニスのメンタルトレーニングにお勧めの動画5選

    テニスは個人種目であり、メンタルトレーニングが重要なスポーツと言われて…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会でシード選手に勝ちたければ、「私生活から誰かを特別扱い」する癖を止めよう

    テニスの大会は、ほぼ全てトーナメント形式。ということは、どんど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. ストローク

    「スウィングスピードをもっと速くしたいんです!」という人は、テニスの環境を客観視…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    打ち込みながらもシコってくる、ストローカータイプの強者はどう料理する?
  3. テニス 練習

    その他

    試合後の握手の場面、テニス選手としての器はそこに全て現れます
  4. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    身近に上手い人がいるなら、テニスは教わるよりも感じれるようになろう
  5. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で、「ロブで逃げる」という発想を卒業しよう
PAGE TOP