テニス サーブ

サーブ

テニスの試合では、「ダブルス用サーブ」を考えると、必要な要素が見えてきませんか?

シングルスとダブルス、テニスでは基本的にはこの2種類しか種目はありません。

1人で戦うか、2人で戦うか。

両方をプレーしている方も多いと思いますが、そこでサーブは何か変えていますか?

もちろんベースとなるサーブは同じ、で全く問題無いのですが、ことダブルスに関して言えば、シングルスとの違いを考えると有効かも知れません。

そう、ダブルスにはアナタの心強いパートナー、前衛がいます。

このことを頭に入れておくと、よりサービスゲームを楽に進めていけるサーブが見えてくるかも知れません。

 

テニスの試合では、「ダブルス用サーブ」を考えると、必要な要素が見えてきませんか?

 


 

■前衛目線で考えると、速いサーブは本当に有効?

サーブは速ければ速い程良い・・・と思っている方、本当にそうですか?

確かにシングルスであればサーブの威力で押して、次のボールで仕留めるようなシンプルな展開も多い。

ですがダブルスの前衛に立った時に、速度だけ速いサーブは必ずしも「ポーチに出やすい」サーブではありません。

相手がリターンを打つタイミングも速いですし、瞬間的な勝負になる。

Iフォーメーションで動くにも、かなり早く起き上がって動いて・・・の脚力が求められます。

実際には速いサーブ、結構前衛からしたら動き辛かったりするんです。

 

■コース重視のサーブは、ポーチも決まりやすい

速さよりも、正確に打ち合わせ通りにコースに打ってくれるサーブだと、前衛も動きやすい。

むしろ少し遅いくらいの方が、サーブがバウンドしてからリターンまで時間があるのでフェイントもかけやすいですよね。

2人でポイントを獲ると、それだけペアとしての勢いも付く。

ダブルスでは、こういった前衛を活かす為のサーブの方が有効です。

しっかり回転量があって、少し遅い、でもコースをしっかり突けるサーブも、ダブルス用に磨いていきましょう!

 

■ダブルスではセカンドサーブ×2でも良いと思う

私はいつも、ダブルスではほとんどセカンドサーブしか打ちません。

出来れば、ファーストサーブの確率を100%近くまでもっていきたい。

なぜなら、ファーストサーブがテンポ良く入ると前衛がリズムに乗りやすい。

また自分もサーブ&ボレーをするので、ファーストサーブがフォルトすると前へのダッシュもストップしないといけないので、体力的な消耗も激しい。

色々経験してきて、じゃあもうセカンドサーブを2回打つ、が一番キープ率が高い・・・という結論になりました。

皆さんも自分なりに考えて、色々試してみて下さい。

 

ダブルスのサーブは、相手であるリターンをどう動かすか。

サーブ&ボレーでプレーする人も多いと思いますので、そこからの展開をしっかりイメージしましょう。

前衛に活躍する、良さを引き出すにはどんなサーブが良いのか・・・。

ここはペアの方に相談してみても良いと思います。

両者で、お互いが前衛としてプレーしやすいサーブ、に改良していきましょう!

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス ボレー

    サーブ

    テニスにおけるサーブ&ボレーの基本は、「自分がサーブを打った方向に詰めていく」ポジショニング…

    サーブ&ボレー、の基本を見直すと、攻撃的なテニスが可能になる。…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い

    スピンサーブに必要な、身体の使い方。男性でも、結構頑張って胸を…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせない

    サーブは深いのが大前提。深さがあるから相手も踏み込めないし、リ…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    ファーストサーブでガシャったら、「しっかり間を空けてから」セカンドサーブを振り抜こう

    ファーストサーブが、ガシャった時。皆さん、頭が真っ白になりませ…

  5. テニス ダブルス

    サーブ

    センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する

    サーブはセンターに。テニスの試合に出ていると、いかにこれが有効…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    メンタル

    「テニスで周りに認められたい」と思えば、まず自分から自分のテニスを認めてあげよう…
  2. テニス ポジショニング

    戦術

    相手を後ろに下げて「自分はコートの内側」というポイントを、試合ではたくさん作ろう…
  3. テニス リターン

    ボレー

    ボレーで身体が回転しない、だけで安定感は見違える
  4. シングルス

    テニスの試合、我慢こそ運を呼ぶきっかけになる
  5. テニス 準備

    シングルス

    シングルスでのパッシングショット、クロスが基本
PAGE TOP