テニス 客観視

戦術

相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない

相手の得意ショットは、なるべく避ける。

これがテニスの試合の鉄則ですが、避けてばかりだと・・・どうでしょう。

相手にプレッシャーを与えるまでには、ならない。

だからこそ、この意識が試合では大事になります。

 

相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない

 


 

1.相手の「自信」を削ぐには、何が出来る?

試合で相手にプレッシャーをかける。

「もう、この試合嫌だ・・・」と思わせるには、何が出来るのか。

それは、得意なショットを攻略する、に限る。

強い相手ほど、自分の得意ショットを中心にした組み立てを考えていますから、早くから相手に対応されると辛い。

もし、アナタが試合の中で相手の得意ショット、得意そうなプレーを見つけたら、その攻略の為に罠を張りましょう。

 

2.どんな攻撃にも、その「裏」がある

テニスに、完璧なショットは無い。

どんなに優れたプレーも、その逆のショットで対抗することが出来るのがテニスです。

ネットプレーが凄いなら、しっかりロブと足元のショットを使う。

ストロークの攻撃力が凄いなら、打点を落とすスライスや、前に引っ張り出すドロップショットを使う。

相手に打たれたボールで攻略しようとすると・・・それって結構、リスク高いですよね。

相手に打たせる前から、得意なゾーンに持ち込ませない。

強い相手ほど、感じてくれるはずですよ。

「あ、この相手俺の得意なプレー、分かってるな・・・」と。

 

3.どうしてもしんどいときには、一球でも多く触る!

でも、やっぱり厳しいときもある。

ストロークの調子が良くてガンガン打たれる、ときにはまず触ること。

触り続けること。

一球でも多く返球する、という意識も立派な「攻撃」であると意識しましょう。

ポイントを失っても、攻略しようとしている。

こういうプレーが、試合の後半で効いてきます。

粘るということ、それ自体でも相手にプレッシャーをかけて攻略の糸口になるのがテニス、です。

 

攻略するのに、難しい戦術は必要ありません。

観察眼と、自分の中での飛び道具的な武器。

これをしっかり磨いておけば、ほとんどの選手の武器を攻略することは出来るでしょう。

自信を削いで、そこからジワジワ料理していく。

テニスの試合、強い人はこんな感じで考えている、と思いますよ。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスにおける戦術とは、「今ある技術だけを使って勝つ為の方法論」だと考えると割り切れる

    テニスに戦術って、必要なの?というご質問も、よく頂きます。…

  2. 戦術

    相手の武器は、全力で潰しにいくこと

    テニスの試合、そこには色々な武器を持った人、が来る。サーブであ…

  3. テニス メンタル

    戦術

    普段の練習で「綺麗なテニスコート」だけに慣れていると、いざ本番のコートでは苦戦するかも

    テニスの試合が行われるコートは、基本的には選べない。会場に着い…

  4. テニス 練習

    戦術

    コードボールで失点、のような後には、遠慮なく時間を使って間をあけること

    試合の中で、ネットに当たってポトリ・・・と落ちるようなコードボール、あ…

  5. テニス サーブ

    戦術

    全米オープンまでに学んでおきたい「ハードコートでのテニスの試合」の基本戦術5つ

    プロテニス界は夏から秋のハードコートシーズンへ。その一大イベン…

  6. テニス 序盤

    戦術

    格上相手のテニスの試合では、「序盤の相手の様子見」を見逃してはいけない!

    序盤の大切さ、はこのサイトでも何度か書いてきました。それはアナ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ストローク

    テニスの試合でバックハンドを振りきれない、「スライス依存症候群」に陥ってはいない…
  2. テニス 準備

    メンタル

    テニスの試合は「いつもスロースターターで苦労する・・・」君に送る、メッセージ
  3. 戦術

    一番最初に、4番バッターをもってくる方が勝てる
  4. テニス メンタル

    その他

    「ラケットバッグの汚れ、どう落とす?」数か月に1回くらいはキレイにしましょう!
  5. テニス 気付き

    戦術

    テニスの試合でも、8割の人は「トラブルが起きてから」しか対応を始めない
PAGE TOP