テニス 客観視

戦術

相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない

相手の得意ショットは、なるべく避ける。

これがテニスの試合の鉄則ですが、避けてばかりだと・・・どうでしょう。

相手にプレッシャーを与えるまでには、ならない。

だからこそ、この意識が試合では大事になります。

 

相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない

 

1.相手の「自信」を削ぐには、何が出来る?

試合で相手にプレッシャーをかける。

「もう、この試合嫌だ・・・」と思わせるには、何が出来るのか。

それは、得意なショットを攻略する、に限る。

強い相手ほど、自分の得意ショットを中心にした組み立てを考えていますから、早くから相手に対応されると辛い。

もし、アナタが試合の中で相手の得意ショット、得意そうなプレーを見つけたら、その攻略の為に罠を張りましょう。

 

2.どんな攻撃にも、その「裏」がある

テニスに、完璧なショットは無い。

どんなに優れたプレーも、その逆のショットで対抗することが出来るのがテニスです。

ネットプレーが凄いなら、しっかりロブと足元のショットを使う。

ストロークの攻撃力が凄いなら、打点を落とすスライスや、前に引っ張り出すドロップショットを使う。

相手に打たれたボールで攻略しようとすると・・・それって結構、リスク高いですよね。

相手に打たせる前から、得意なゾーンに持ち込ませない。

強い相手ほど、感じてくれるはずですよ。

「あ、この相手俺の得意なプレー、分かってるな・・・」と。

 

3.どうしてもしんどいときには、一球でも多く触る!

でも、やっぱり厳しいときもある。

ストロークの調子が良くてガンガン打たれる、ときにはまず触ること。

触り続けること。

一球でも多く返球する、という意識も立派な「攻撃」であると意識しましょう。

ポイントを失っても、攻略しようとしている。

こういうプレーが、試合の後半で効いてきます。

粘るということ、それ自体でも相手にプレッシャーをかけて攻略の糸口になるのがテニス、です。

 

攻略するのに、難しい戦術は必要ありません。

観察眼と、自分の中での飛び道具的な武器。

これをしっかり磨いておけば、ほとんどの選手の武器を攻略することは出来るでしょう。

自信を削いで、そこからジワジワ料理していく。

テニスの試合、強い人はこんな感じで考えている、と思いますよ。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    カウンターパンチャーの選手に対しては、「あえて自分からは攻撃していかない」という選択肢が有効

    試合の中で、こういう相手は結構多い。相手の攻撃を、「反撃する」…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    テニスでは、「元々の武器より弱点から育て上げた武器」の方が試合で使える

    「アナタの武器、何ですか?」と聞かれて、皆さんはパッと答えが出…

  3. 戦術

    いつも必死の形相でボールを打つ人に、勝てそうな雰囲気は生まれない

    最近は、みなさんもテニスを動画で見る機会が増えましたよね。私が…

  4. テニス メンタル

    戦術

    アナタにとって、違いを生む技術とは何だろう?

    テニスの試合に勝つ、ということ。それは、相手との差を付ける、と…

  5. テニス 緊張

    戦術

    負け試合を拾うと、経験値は倍得られるのがテニス

    「あの人、このトーナメント強いな・・・」「何だか、急に強くなっ…

  6. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合で序盤のゲームでは、「セオリーの逆」を早めに相手に見せておくと精神的に優位に立てる!

    試合の序盤、大切なことは何か・・・。それは、早めに「何をやって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 戦術

    その他

    「テニス部で問題が起きてばかり…」なときは?
  2. 練習メニュー

    「皆で一緒にトレーニング」テニスの試合に向けて継続できる環境を創り出す!
  3. テニス チャンス

    サーブ

    テニスの試合、サービスゲームで「何も準備無しで、40-0」ほど危険な状態は無い
  4. テニス ステップ

    ストローク

    試合になるとフォアハンドが安定しない方へ、提案したい改善策4つ
  5. テニス ストローク

    戦術

    「テニスの試合における守備意識」で、大切なポイント6つ
PAGE TOP