テニス 客観視

戦術

相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない

相手の得意ショットは、なるべく避ける。

これがテニスの試合の鉄則ですが、避けてばかりだと・・・どうでしょう。

相手にプレッシャーを与えるまでには、ならない。

だからこそ、この意識が試合では大事になります。

 

相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない

 


 

1.相手の「自信」を削ぐには、何が出来る?

試合で相手にプレッシャーをかける。

「もう、この試合嫌だ・・・」と思わせるには、何が出来るのか。

それは、得意なショットを攻略する、に限る。

強い相手ほど、自分の得意ショットを中心にした組み立てを考えていますから、早くから相手に対応されると辛い。

もし、アナタが試合の中で相手の得意ショット、得意そうなプレーを見つけたら、その攻略の為に罠を張りましょう。

 

2.どんな攻撃にも、その「裏」がある

テニスに、完璧なショットは無い。

どんなに優れたプレーも、その逆のショットで対抗することが出来るのがテニスです。

ネットプレーが凄いなら、しっかりロブと足元のショットを使う。

ストロークの攻撃力が凄いなら、打点を落とすスライスや、前に引っ張り出すドロップショットを使う。

相手に打たれたボールで攻略しようとすると・・・それって結構、リスク高いですよね。

相手に打たせる前から、得意なゾーンに持ち込ませない。

強い相手ほど、感じてくれるはずですよ。

「あ、この相手俺の得意なプレー、分かってるな・・・」と。

 

3.どうしてもしんどいときには、一球でも多く触る!

でも、やっぱり厳しいときもある。

ストロークの調子が良くてガンガン打たれる、ときにはまず触ること。

触り続けること。

一球でも多く返球する、という意識も立派な「攻撃」であると意識しましょう。

ポイントを失っても、攻略しようとしている。

こういうプレーが、試合の後半で効いてきます。

粘るということ、それ自体でも相手にプレッシャーをかけて攻略の糸口になるのがテニス、です。

 

攻略するのに、難しい戦術は必要ありません。

観察眼と、自分の中での飛び道具的な武器。

これをしっかり磨いておけば、ほとんどの選手の武器を攻略することは出来るでしょう。

自信を削いで、そこからジワジワ料理していく。

テニスの試合、強い人はこんな感じで考えている、と思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. 戦術

    出来そうなことしかやらない、だから勝てない

    試合の中で、みなさんが打っていくショット。それは当然、練習を…

  2. テニス ハードコート

    戦術

    「正直、団体戦が苦手・・・」な人こそ、私はチャンスがあると思います

    最近頂いたご相談の中で、こういう内容のものがありました。「団体…

  3. テニス 上達

    戦術

    練習でやってきたことが出せる、のがテニスにおける成長

    「練習通りに、なんで出来ないんだろう」と、悩む方は多いですよね…

  4. テニス 練習

    戦術

    相手のミスがこのまま続く、とは思わないこと

    私たちは、つい期待してしまいます。序盤のリード、このまま相手が…

  5. テニス イベント

    戦術

    最低限の試合が出来る、テニス選手になろうよ

    みなさんがイメージする、強いテニス選手ってどんな選手でしょうか。…

  6. テニス メンタル

    戦術

    粘りが身上のシコラープレイヤーでも、試合の最初から最後まで粘っていては結果勝てない

    今回アンケートにお答え頂いた方の、ご自身のプレースタイルを拝見している…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスは逃げない、逃げるのはいつも自分だということ
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、パッシングショットの使い方の大原則とは?
  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合、「アドバンテージサイドからのセンターへのサーブ」は、磨けば磨くほど…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ちょっと相手を追い込んで、すぐ安心する選手はいつまで経っても試合では勝てない
  5. テニス 指導

    テニス知識

    「これが出来ると、かっこいい!」テニスコートを借りて練習、必要なマナー5つ
PAGE TOP