テニス 環境

メンタル

「この人に、誤魔化しのテニスは通用しないな・・・」と思える相手がいれば、アナタは強くなれる

テニスの試合、練習の中で、こんな感覚を持ったことはありますか?

私は大学時代、2つ上の先輩で一人、「絶対に誤魔化しが効かない人」がいました。

もちろんテニスは強いのですが、それ以上に「何か」の力がある。

誤魔化そうとしても、何も上手くいかない・・・。

でもそんな人が近くにいるのって、幸せだと思うんです。

 

「この人に、誤魔化しのテニスは通用しないな・・・」と思える相手がいれば、アナタは強くなれる

 


 

1.テニス以外の人生、でも同じことが言える

テニスコートに立っていない時間、の方が圧倒的に人生では長い。

ですが、まず私たちはテニスを通じて「気付く」ことが大事だし、それが出来る。

色々な人と接する中で、自分が正直でいられる、誤魔化しが効かないと思える人がいるって、すごく幸せなこと。

アナタ自身が真剣に、真摯な姿勢で物事に接しているからこそ、持てる感覚だと私は思います。

そして誤魔化しが効かない、と感じたときにこそ、新しい成長の種が生まれるのです。

 

2.「壁」にぶつからないと、技術の必要性なんて感じない

今まで自分が練習してきたこと、培ってきたことが、通用しない。

そんな「壁」を感じさせてくれるのは、こういう「誤魔化しが効かない」相手。

ある程度テニスって、誤魔化しというか調整が効くじゃないですか。

例えば私なんて、リターンダッシュにはある程度自信があるので、それを最初に見せておけば初見の相手は崩れてくれる。

でも、本当に強い選手はそんなことでは動じない。

そういう相手をどう倒していくのか・・・という難題こそ、「壁」なんですよね。

アナタは最近、壁となるような選手と相対す機会はありましたか?

 

3.アナタ自身、誰かの「壁」になることを意識しよう

後輩や他の選手にとって、アナタは「壁」に成り得ているでしょうか?

「誤魔化しが効かない相手」になれているのか?

この問いかけは、ぜひアナタ自身正直に向き合って欲しい。

部活やサークル、テニススクール・・・全ての環境で、テニスは人と競い合い、創り上げていくもの。

壁を乗り越えて成長させてもらったのなら、次はアナタが周りを成長させる番。

きっと、このサイトを観ている方は、たくさんそういう「壁」になれる、なれている方が多いと信じています。

 

テニスをしっかり考える、向き合うと、全てが誤魔化しに思えてくる。

私も毎日、自問自答しながら考えています。

このサイト自体、皆さんの良い意味での「壁」になれているのかどうか。

乗り越えていって欲しい。

私の理論なんかよりも、もっともっと先に、皆さんの独自の理論を創って欲しい。

きっと、そう遠くない将来に、実現出来ていることだと私は信じています。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「綺麗に美しく勝ちたい」と誰もが思いながら、負けていくという事実

    皆さん、今年はどんなテニスで一年を戦いましたか?色々チャレンジ…

  2. メンタル

    勝つか負けるか、ばかり考えてない?

    試合に勝ちたい人の為に、ヒントを。これがT-PRESSのメイン…

  3. メンタル

    「自分の弱さを知らない」選手は、いつまで経っても強いテニス選手にはなれない

    アナタは、自分をどんな人間だと思いますか?少し大きなテーマにな…

  4. テニス Q&A

    メンタル

    学生時代の選手は、必ず「突然変異」がテニスに起こる、いや起こさせないとダメ

    コツコツ練習を続けて、試合も出ているけど、テニスが上達しない。…

  5. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの試合で格上選手を相手にするとき、中盤に感じる「満足感」は最大の敵になる

    ちょっと、イメージしてみて下さい。大事なテニスの大会、目標にし…

  6. テニス ボレー

    メンタル

    テニスでチャンスを活かせる人は、日頃から準備が出来ている

    チャンスに強い人、は本番にも強い。結果も出せる。でも・…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスの試合では「薄いグリップで粘るスライス」を身に付けないと、守備範囲が拡…
  2. スマッシュ

    「絶対入る!」と思って、スマッシュを打つこと
  3. メンタル

    テニスコーチに相談しに行くときには、どんな形でも「自分の意見」を持ってから
  4. テニス 調子

    シングルス

    今出来るテニスで精一杯戦うことは、アナタが思っている10倍は難しい
  5. テニス サーブ

    サーブ

    流れるような美しいサーブ、はどうやったら打てるのか?
PAGE TOP