テニス メンタル

メンタル

強敵への勝利は、薬にも毒にもなる

昨日の日本の勝利、ご覧になった方も多かったと思います。

私も観戦していて、感じたこと。

それは、サッカーの試合のテニスに通ずるものが、たくさんあるな・・・と。

もちろん、勝ったことは嬉しいし価値のあること。

でも、大事なのは、この後ですよね。

この強敵への勝利、の後に自分たちのサッカーを貫くことが出来るのか・・・が、一番のポイントです。

 

強敵への勝利は、薬にも毒にもなる

 


 

1.自分たちを、見失いかねない怖さがある

テニスの試合でも、そうじゃないですか。

シード選手と対戦して破った後に、人が変わったようにおかしくなる人。

「本当にあの人に勝ったの?」と周りが思うほど、急に変わり出す。

これは、テニスでもよくある話です。

昨日コロンビア戦に勝ったことで、日本チームは何を得たのか。

勝ち点3、だけじゃない。

周りからの期待や、自分自身へのプレッシャー、を得てしまったということ。

これは、本当に薬にもなるし、毒にもなる。

私はそう思います。

 

2.強敵に勝ったからこそ、次に真価が問われる

テニスの試合でも同じです。

次、が勝負。

相手も、日本という国を認めて、本当に全力で来る訳ですからね。

11人対11人、の時間って昨日はほとんど無かったのに、今度の試合ではその時間が長い。

初戦では上手くいっていたことが、急に出来なくなることも多くなるでしょう。

そこに、しっかり慌てないでプレー出来るかどうか。

テニスでも、「なんで・・・こんなはずじゃ・・・」と思い出したら、もう負けが近い。

サッカーの試合を観ていても、勉強させられることは本当に多いですね。

 

3.運を引き寄せる、掴んで離さないのが短期決戦の原則

どんな大会でも、始まりがあり、終わりがある。

昨日のコロンビア戦は、色々な局面で運も日本に味方した、のかもしれません。

でも、その運を引き寄せるのも当然、実力あってのことです。

香川選手のシュートだって、しっかり枠内に飛んでいたと判断されたから、相手に厳しい判定が下った。

こういう運を、しっかり掴んで離さない。

短期決戦では、乗っているうちに勝ち進んでしまう、そのず太さみたいなのも、求められると私は思います。

そのためにも、「今のは運が良かった!でもそれも、自分の実力」と思えるように、普段から意識をコントロールしておく必要がありますね。

 

4.テニスこそ、運の要素も求められる競技

だって、考えてみて下さい。

テニスは、半分は相手が打つ。

全てのラリー、自分ばかり打つことは出来ないんです。

サッカーのように、ボールをキープして回すことは出来ない。

相手が打つ限り、その精度によってポイントや勝敗が決まる部分は、自然と大きくなりますからね。

相手の調子を乱したり、ミスを誘ったり・・・色々な要素、が「自分以外」のところである。

だからこそ、です。

強敵に勝つことだってあるけど、その成果をどう受け止めるのか。

自分で薬にしていくのか、知らない間に毒されていくのか。

全ては、アナタ次第、です。

 

いやでも、嬉しかったですね!

すごく勇気をもらったのと、私たち自身、テニスでもしっかり強敵に立ち向かっていこうと。

周りから何かを言われても、信念をもって準備する。

サッカー日本代表が教えてくれたこと、私たちもテニスで活かしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    対戦相手が一番欲しいモノを、簡単に差し出してはいけない

    テニスの試合、対戦相手が一番欲しいもの。それって何でしょうか?…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負ける理由を、「いつまでもメンタルの弱さ」のせいにしているから、成長しない

    テニスは「メンタル」が重要なスポーツ、と言われます。確かにシン…

  3. テニス 戦術

    メンタル

    自分には応援してくれる人がいる、ということを忘れてはいけない

    皆さん、これだけは覚えておいて下さい。どこかの学校、地域の代表…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    素振りでも練習でも、「ラケットを振る回数はアナタの血となり肉となる」ことを忘れてはいけない

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。よく聞かれるのが…

  5. テニス ラケット

    メンタル

    「ピンチの時こそ、アグレッシブに」を、試合の基本方針に

    メンタルを強くしたい、でも何をすれば良いか・・・。という方は、…

  6. テニス 準備

    メンタル

    勝っていようが負けていようが、自分の中で「変えない作法」はあるか?

    試合の中で、勝っているとき、負けているとき。正直、テニスの試合…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ロブ

    「上げた!」を言わないロブは、つまりは・・・?
  2. テニス ハードコート

    メンタル

    試合でどうしようもなく緊張するときには、「結果は既に、決まっているもの」と考えて…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでの法則、「男性サーブ、女性リターンのときは7割がロブ」という頭…
  4. テニス 感覚

    メンタル

    テニスの試合で負けたとき、それは対戦相手からのメッセージだと受け止めよう
  5. テニス 指導

    テニススクール

    目上の人でもコーチでも、「分からないことを、聞き返す」のはコミュニケーションの基…
PAGE TOP