テニス メンタル

メンタル

良い出来だった前半、格上相手ならチェンジコートで忘れよう

格上相手の試合って、みなさんどうでしょう。

リードしても落ち着かない、ような感じありませんか?

特に、チェンジコート。

勝っているのに、まるで追い込まれているかのうような感じ、になってしまう。

これって、相当な覚悟とメンタル準備、が必要だと思いますよ。

 

良い出来だった前半、格上相手ならチェンジコートで忘れよう

 

1.良い出来の前半、で満足する人がほとんど

「強い相手・・・試合になるかな・・・」と、不安で仕方ない。

それでも試合が始まると、意外と何とかなって、3-2、4-2、4-3・・・とリードを保てていると、どうでしょう。

もう、ほとんどの人がそこで満足してしまうんですよね。

「〇〇さんと、競った試合が出来た!」と思ってしまう。

そうなった段階で、勝つのは難しいと思いますよ。

良い出来の前半、がアナタ自身の一番の足かせ、になってしまう。

この部分、相当な覚悟をもって準備しておかないと勝てないですよ。

 

2.良い出来だった前半、は忘れること

4-3リードでチェンジコート、なら忘れる。

そこまでの良い部分、良かった自分は忘れてしまうことが大事です。

本当の試合は、ここからですから。

1セットマッチでも、6-6タイブレークの可能性だって高い。

先は長い、と考えておいた方が良いでしょう。

まだ自分は、何も成し遂げていないんだ、と。

実際に、格上選手が逆転する、挽回しだしてからは本当に早いですからね。

また気合を入れなおす、それから後半の具体的な作戦を持っておく。

このことが、何よりアナタには必要です。

 

3.スコアは忘れて良いけど、記憶はデータとして取っておく

でも、難しいのが前半の戦い方、からも良いデータはあるということ。

相手の情報、は客観的に分析して持っておく、ことを意識しましょう。

スコアは、忘れて良い。

ましてや、リードしているなんて思わない方が絶対に良い。

相手の特徴や得意なコース、それから大事なポイントでのサーブとリターンのコースですね。

これは、この後の後半にも活かせるはず。

あくまでしたたかに、後半戦をスタートさせるイメージでコートに入りましょう。

 

4.勝てると思えば勝てるし、負けると思えば負ける

あまり精神論、では語りたくないですが、これがテニスです。

みなさんも、経験あると思いますよ。

勝てると思った試合は勝てるし、負けると思ったら負ける、でしょう。

どこかで、アナタ自身「勝てる」という理由を探して、見出していかないと。

試合の後半、どこかで「勝てる」と思いたい。

そのために、一旦スコアを忘れて後半戦、一からエンジンをかけていく。

待っていても、相手の反撃がどんどん増すだけですよ。

負けると思う方が、楽ですしね。

格上相手、試合の後半の戦い方。

記憶と気持ち、を整理することが何よりですね。

 

何でも、準備と経験、が大事。

今書いたこと、一回で出来れば苦労なんてしませんよね。

準備してたって、リードを守って格上相手に勝ちたい、と思ってしまうのが自然です。

毎回挑戦と失敗、を繰り返すからテニスは面白いし、強くなれるんです。

何も準備しないと、失敗すら出来ないですよ。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    テニスでチャンスを活かせる人は、日頃からチャンスに備えた準備が出来ている

    チャンスに強い人、は本番にも強い。結果も出せる。でも・…

  2. テニス メンタル
  3. テニス ミス

    メンタル

    テニスの試合の中で、「自分はミスをする人間である」と考えておけば、自然にメンタルは強くなる

    皆さんは試合中、「ミスは多い方」だと思いますか?試合以外の場所…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「さぁ、この1本!」という勝負所で、最高のパフォーマンスを引き出すには・・・?

    絶対獲りたい1本、試合の中でありますよね。4-4、30-30 …

  5. テニス

    メンタル

    「嘘情報を流してみよう」テニスに必要な相手との駆け引きとは?

    相手と向き合い、相手と戦うのがテニスというスポーツ。自分自身と…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    0-6というスコアを見れば分かる通り、テニスは恥を知る機会が絶対的に少ない

    テニスの試合、ほとんどの試合は1セットマッチ。早ければ30分く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. その他

    Q&A「試合中に痙攣した相手に対して、どう攻めて良いか分からないのですが…
  2. テニス 調子

    戦術

    テニスボールを打つことは出来ても、捕らえることが出来る人はごく少数
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「フォアハンドの速いストロークで攻撃していく」スタイルが危ない、…
  4. テニス メンタル

    その他

    良い意味で「対戦相手を認める」ことが出来れば、試合はもっと楽に戦える
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークラリーの中で前に踏み込むタイミング、はどこを意識すれば良いのか?
PAGE TOP