テニス メンタル

メンタル

良い出来だった前半、格上相手ならチェンジコートで忘れよう

格上相手の試合って、みなさんどうでしょう。

リードしても落ち着かない、ような感じありませんか?

特に、チェンジコート。

勝っているのに、まるで追い込まれているかのうような感じ、になってしまう。

これって、相当な覚悟とメンタル準備、が必要だと思いますよ。

 

良い出来だった前半、格上相手ならチェンジコートで忘れよう

 


 

1.良い出来の前半、で満足する人がほとんど

「強い相手・・・試合になるかな・・・」と、不安で仕方ない。

それでも試合が始まると、意外と何とかなって、3-2、4-2、4-3・・・とリードを保てていると、どうでしょう。

もう、ほとんどの人がそこで満足してしまうんですよね。

「〇〇さんと、競った試合が出来た!」と思ってしまう。

そうなった段階で、勝つのは難しいと思いますよ。

良い出来の前半、がアナタ自身の一番の足かせ、になってしまう。

この部分、相当な覚悟をもって準備しておかないと勝てないですよ。

 

2.良い出来だった前半、は忘れること

4-3リードでチェンジコート、なら忘れる。

そこまでの良い部分、良かった自分は忘れてしまうことが大事です。

本当の試合は、ここからですから。

1セットマッチでも、6-6タイブレークの可能性だって高い。

先は長い、と考えておいた方が良いでしょう。

まだ自分は、何も成し遂げていないんだ、と。

実際に、格上選手が逆転する、挽回しだしてからは本当に早いですからね。

また気合を入れなおす、それから後半の具体的な作戦を持っておく。

このことが、何よりアナタには必要です。

 

3.スコアは忘れて良いけど、記憶はデータとして取っておく

でも、難しいのが前半の戦い方、からも良いデータはあるということ。

相手の情報、は客観的に分析して持っておく、ことを意識しましょう。

スコアは、忘れて良い。

ましてや、リードしているなんて思わない方が絶対に良い。

相手の特徴や得意なコース、それから大事なポイントでのサーブとリターンのコースですね。

これは、この後の後半にも活かせるはず。

あくまでしたたかに、後半戦をスタートさせるイメージでコートに入りましょう。

 

4.勝てると思えば勝てるし、負けると思えば負ける

あまり精神論、では語りたくないですが、これがテニスです。

みなさんも、経験あると思いますよ。

勝てると思った試合は勝てるし、負けると思ったら負ける、でしょう。

どこかで、アナタ自身「勝てる」という理由を探して、見出していかないと。

試合の後半、どこかで「勝てる」と思いたい。

そのために、一旦スコアを忘れて後半戦、一からエンジンをかけていく。

待っていても、相手の反撃がどんどん増すだけですよ。

負けると思う方が、楽ですしね。

格上相手、試合の後半の戦い方。

記憶と気持ち、を整理することが何よりですね。

 

何でも、準備と経験、が大事。

今書いたこと、一回で出来れば苦労なんてしませんよね。

準備してたって、リードを守って格上相手に勝ちたい、と思ってしまうのが自然です。

毎回挑戦と失敗、を繰り返すからテニスは面白いし、強くなれるんです。

何も準備しないと、失敗すら出来ないですよ。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    2-5でチェンジコート、ほぼアナタの負けは決定ですか?

    私たちの試合で多いのは、1セットマッチ。ほとんどが、この形式で…

  2. テニス フェデラー

    メンタル

    失点したときこそ、あたかも得点したかのように振る舞おう

    テニスの試合では、各ポイント、得点しか失点しか無い。だからこそ…

  3. テニス 確率

    メンタル

    メンタルが強くなりたい?だったら、スリルを楽しめるようになろう

    試合に強い人って、どこかで試合を本当に楽しんでいる。非日常で、…

  4. テニス 陸上

    メンタル

    「テニスは上手いのに試合で勝てない人」の共通点5つ

    部活の練習だといつも良いボールを打っているのに、試合になると急にフォー…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    結果を出せるテニス選手になりたければ、「うろたえ癖」を解消する必要があります

    テニスの審判やレフェリーの活動していたときに感じたのが、試合に強い選手…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニス界にも多い、「タラレバ男、タラレバ女」にアナタはなっていませんか?

    「もしもあのサーブが入っていれば・・・」「あのポイントでポーチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 雑誌

    戦術

    テニスの作戦、戦術、理論は、「頭だけで覚えようと思ってもダメ」な理由について
  2. テニス ポジショニング

    フットワーク

    テニスではコートを守るのは無理、だから「ココに打たれたら仕方ない」という場所はあ…
  3. テニス ロブ

    スマッシュ

    テニスの試合、下がりながらのスマッシュは「ラケットを振る腕と反対の脚を上げる」こ…
  4. テニス 戦術

    ボレー

    テニスの試合における攻撃の基本は、「相手を動かして、戻る時間を与えない」から有効…
  5. ボレー

    ボレーが安定している人は、ラケットと身体の距離がいつも一定に保てている
PAGE TOP