テニス 準備

戦術

試合でまずは、相手にプレッシャーをかける「ポイントシチュエーション」を作らないと

自分の攻撃、試合運びが、相手にプレッシャーをかけているな。

効いているな・・・と感じるのは、どんなときですか?

当たり前ですが、誰だってゲームやセットを取られるのは嫌。

嫌だからこそ、アナタ自身がそのシチュエーションに相手を追い込んでいかないと。

無意識に試合をするより、ずっと相手にプレッシャーをかけることが出来ると思いますよ。

 

試合でまずは、相手にプレッシャーをかける「ポイントシチュエーション」を作らないと

 

1.緊張感のあるポイント、を作るには?

なるべく、相手に緊張してもらいたい。

私が考えるのは、特に「サーブが苦手そう」な相手には、早く15-40、のようなポイントにしたい。

30-40でも良い、とにかく「落としたらブレイク」な状況を作ると、確実に弱気になってくれますからね。

サーブが苦手な選手は、先行されるともうサーブを「入れにいく」しか出来ない。

だからこそ、ゲームの最初で集中してリードする、そのままブレイクポイントを握る。

理想論かも知れませんが、この意識はすごく大事です。

女子ダブルスでも、サーブが苦手そうな人、多いじゃないですか。

遠慮なく、こちらから緊張する場面を作ってあげましょう。

 

2.ゲームポイントで、どんなプレーが出来るのか?

これが、アナタもそうですし、相手も本当の実力です。

ゲームポイント、どちらかが取ったらゲーム、のような場面で、どんなプレーが出来るのか。

これが実力、だと思って良い。

だからこそ、試合の序盤のゲームポイントでは、しっかり相手も観察する。

自分も、プレーを見せ付ける。

このプレーこそが、試合の後半の基盤になると思って良い。

堅実なのか、攻撃的なのか、ギャンブラーのような感じなのか。

選手人それぞれ、ですからね。

 

3.全くポイントを気にしない、ような選手も実はいる

こういう選手も、実際にいます。

天真爛漫、つかみどころが無い。

どんな場面、それこそ0-40で自分がサーブ、のような場面でも動じない、バンバン打って来る。

こういう相手、実は戦い辛かったりしますよね。

でも、遠慮なく自分のプレーをしつつ、弱点を探れば良い。

アナタ自身が、慌てないことが一番です。

 

4.ほとんどの選手は、ゲームポイントに弱い

でも、実際はみなさん、そう感じませんか?

ゲームポイント、ブレイクポイントに弱い選手が多い、のが現実です。

それは、決して「取られる」方だけではない。

「ゲームポイントを、取り切ること」が苦手な方も多いんです。

だからこそ、アナタ自身は日々考えて欲しい、ゲームポイントに強くなるということを、本気で。

30-40の時の自分のサーブでも、強気にプレー出来る。

そして、各ゲームを先行してどんどん、相手を追い込める。

先に40に乗せる、ことがどれだけ大事か。

アナタはまだ気付いていないだけ、かも知れませんね。

 

もちろん、40に乗せてもデュース、に入ることもある。

でも、私が主審で見て来た経験、からすると、やっぱりゲームは先行した方が取る傾向が強い。

頑張ってデュース、に持ち込んでも、そこで満足してしまう。

だからこそ、まずは40に早く乗せて相手にプレッシャーをかける。

この意識だけで、試合は結構変わると思いますよ。

ぜひ、意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス 客観視
  2. テニス メンタル

    戦術

    左利きのテニスプレイヤーが、もっと「左利きであることを活かす」為に必要な意識4つ

    左利きの選手は、強い。テニスの試合ではよく聞かれる言葉ですが、…

  3. テニス 目

    戦術

    相手が打つ前に、「良い態勢なのかどうか?」は必ずチェック!

    相手が打つたびに、毎回ビックリ。これでは試合で、予測も何もあっ…

  4. テニス メンタル

    戦術

    後半負け始めてからギアを上げても、遅い件

    序盤の調子と、終盤の調子。皆さんはどの程度、差がありますか?…

  5. テニス コントロール

    戦術

    テニスの試合に強くなりたいなら、「チャンスボールからのバリエーション」を意識しよう

    ナイスなコースにショットが決まって、「良し!」となる。でも、本…

  6. テニス

    戦術

    「0-5からでも活路を見出す」テニスの試合で大切な、諦めない戦い方

    1セットマッチのテニスの試合は、あっという間に終わります。恐ろ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    練習の場での失敗と、試合での失敗の価値は全く違う
  2. テニス メンタル

    その他

    「初めてのテニスの大会で慌てない」為に、確認しておきたい5つの常識
  3. ストローク

    両手バックハンドの最後の一押し、でパワーアップ出来る!
  4. テニス リターン

    リターン

    リターンで動かすラケット、出来るだけ小さくコンパクトに!
  5. テニス スマッシュ

    ストローク

    ワイパースウィングの時は、下のエッジに引っ掛けるイメージで
PAGE TOP