テニス 準備

戦術

試合でまずは、相手にプレッシャーをかける「ポイントシチュエーション」を作らないと

自分の攻撃、試合運びが、相手にプレッシャーをかけているな。

効いているな・・・と感じるのは、どんなときですか?

当たり前ですが、誰だってゲームやセットを取られるのは嫌。

嫌だからこそ、アナタ自身がそのシチュエーションに相手を追い込んでいかないと。

無意識に試合をするより、ずっと相手にプレッシャーをかけることが出来ると思いますよ。

 

試合でまずは、相手にプレッシャーをかける「ポイントシチュエーション」を作らないと

 

1.緊張感のあるポイント、を作るには?

なるべく、相手に緊張してもらいたい。

私が考えるのは、特に「サーブが苦手そう」な相手には、早く15-40、のようなポイントにしたい。

30-40でも良い、とにかく「落としたらブレイク」な状況を作ると、確実に弱気になってくれますからね。

サーブが苦手な選手は、先行されるともうサーブを「入れにいく」しか出来ない。

だからこそ、ゲームの最初で集中してリードする、そのままブレイクポイントを握る。

理想論かも知れませんが、この意識はすごく大事です。

女子ダブルスでも、サーブが苦手そうな人、多いじゃないですか。

遠慮なく、こちらから緊張する場面を作ってあげましょう。

 

2.ゲームポイントで、どんなプレーが出来るのか?

これが、アナタもそうですし、相手も本当の実力です。

ゲームポイント、どちらかが取ったらゲーム、のような場面で、どんなプレーが出来るのか。

これが実力、だと思って良い。

だからこそ、試合の序盤のゲームポイントでは、しっかり相手も観察する。

自分も、プレーを見せ付ける。

このプレーこそが、試合の後半の基盤になると思って良い。

堅実なのか、攻撃的なのか、ギャンブラーのような感じなのか。

選手人それぞれ、ですからね。

 

3.全くポイントを気にしない、ような選手も実はいる

こういう選手も、実際にいます。

天真爛漫、つかみどころが無い。

どんな場面、それこそ0-40で自分がサーブ、のような場面でも動じない、バンバン打って来る。

こういう相手、実は戦い辛かったりしますよね。

でも、遠慮なく自分のプレーをしつつ、弱点を探れば良い。

アナタ自身が、慌てないことが一番です。

 

4.ほとんどの選手は、ゲームポイントに弱い

でも、実際はみなさん、そう感じませんか?

ゲームポイント、ブレイクポイントに弱い選手が多い、のが現実です。

それは、決して「取られる」方だけではない。

「ゲームポイントを、取り切ること」が苦手な方も多いんです。

だからこそ、アナタ自身は日々考えて欲しい、ゲームポイントに強くなるということを、本気で。

30-40の時の自分のサーブでも、強気にプレー出来る。

そして、各ゲームを先行してどんどん、相手を追い込める。

先に40に乗せる、ことがどれだけ大事か。

アナタはまだ気付いていないだけ、かも知れませんね。

 

もちろん、40に乗せてもデュース、に入ることもある。

でも、私が主審で見て来た経験、からすると、やっぱりゲームは先行した方が取る傾向が強い。

頑張ってデュース、に持ち込んでも、そこで満足してしまう。

だからこそ、まずは40に早く乗せて相手にプレッシャーをかける。

この意識だけで、試合は結構変わると思いますよ。

ぜひ、意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. 戦術

    「練習は試合のように、試合は練習のように」を実践する4つのコツ

    テニスだけじゃない、スポーツにおいてこの言葉、よく聞きますよね。…

  2. テニス メンタル

    戦術

    試合で負けるときは、「試合中に自分で負けた・・・」と決めている場合がほとんど

    今日は、「分かっているけど、厳しい・・・」というお話。試合は、…

  3. テニス サイト

    戦術

    強気に前で勝負する、サッカー日本代表は私たちの未来

    サッカー日本代表、応援されている方も多いと思います。私も今まで…

  4. テニス コントロール

    戦術

    セオリー通りにやって勝てるのは、自分と同レベルか少し上の相手まで

    セオリー通りのテニス、皆さん意識出来てますか?もちろん、フォー…

  5. テニス ストローク

    戦術

    作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう

    緊張感高まる試合、の中での決断。勇気が要りますよね。そ…

  6. テニス 目

    戦術

    テニスの試合では、前傾姿勢よりも胸を張って視野を広げていこう

    テニスの試合って、基本の構えはどんな感じでしょうか?リターンの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 怪我

    テニス知識

    テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. サーブ

    サーブ&ボレー、良いサーブの時こそ集中力キープが大事
  3. テニス ボレー

    ストローク

    相手のネットプレイヤーが「ネットから離れた場所」にいるなら、ボールを足元に沈めて…
  4. その他

    あるレベルからは、「自分の色を出していけないテニス選手」は淘汰される
  5. テニス サーブ

    サーブ

    初中級者でサービスゲームのキープにいつも苦労する人は、「発想の整理」だけで自信が…
PAGE TOP