テニス ボレー

ボレー

ボレーの打点は、パントマイム発想で身体だけターンで完成!

ボレーの打点が、どうしても後ろになって来る人。

試合で力んでしまうと、どうしてもそうなってしまいますよね。

今回は、発想のイメージを「大道芸」から考えてみましょう。

速いボールでも、ラケット動作を小さくすれば大丈夫。

小さい、というか、ほとんど動かさないで良いんですよ。

 

ボレーの打点は、パントマイム発想で身体だけターンで完成!

 

1.パントマイムって、知ってますか?

あの大道芸である、あれです。

空中にカバンが浮いているように見せる、本当は自分が手に持って支えてるんですけどね。

これが上手い芸人さんって、本当にカバンが空中に「止まって浮いている」ように見える。

 

 

このカバン、のようにラケットを扱ってみましょう。

イメージ、湧きますか?

 

2.速いボールでも、ラケットはそのまま

つい、私たちは後ろに引いてしまう。

焦ってボールに力を与えたいと思って、ボレーでもラケットを後ろにセットしがちですよね。

でもそれだと、打点は後ろになるし振り遅れる。

そうじゃなくて、身体の前にあるラケットはそのまま、身体だけターンさせる。

そうすると、残っているラケット、は必ず身体の前にセットされたまま。

身体で横向き、を作るから、抑えが効く良いボレーが打てる。

パントマイムの発想で、ラケットはそんなに動かさなくて良いんです。

特に正面に来たようなボールは、これくらいシンプルな動作にした方が良いですよ。

ポイントは、軽く脇を締めること、です!

 

3.軽く締めた脇で、ボールに負けないラケット面を作る

「でも、全く動かさない弾かれそうで」と思いますよね。

ここは、しっかり脇を使いましょう。

打つ瞬間に軽く締めて、キュッと抑え込む。

この動作だけで、きっと速い重いボールにも負けないようなボレー、になるはずです。

そもそも、打点が前ですから、このパントマイム発想のボレーは振り遅れがほとんどない。

コントロールの良いボレーが打てるのが、何よりの魅力です。

 

4.狙うコースは、ラケット面の少しの操作で良い

ほとんどラケットを動かさないですが、狙ったコースにはしっかり打ちたい。

自分のラケット面、を作ってコントロール、が基本です。

身体を逃がしながら、ラケット面をサッと準備する。

ボールが当たって飛んでいく角度、だけに気を使ってみて下さい。

これを、大きな動作でするからみんなミスする。

ボレーなんて、あの動画の黄色いカバンのようにラケットを動かせば良い。

つまり、ほとんど止めた状態で、身体を動かしていく。

これで結構、ボレー感が変わると思いますよ!

 

ダブルスのような早い展開には、こういうボレーがピッタリです。

だって、ほとんど動かさないということは、それだけ構え直しも速いということです。

これって、すごく利点。

シンプルに、丁寧に。

ぜひ、ネットプレーで試してみて下さい。

発想はパントマイムのカバン、ですよ!

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーでミス、「自分のボディに近いボール」のさばき方を知らないだけ

    「ダブルスの試合、ポーチに出ても決まらなくて・・・」というお悩み、たく…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレー強化に即効性がある練習メニューは、ズバリ「ノーバウンド限定テニス」です!

    ボレーが上手くなりたい、上達したいと思ってもなかなか難しい。な…

  4. ボレー

    なぜ、アナタのネットプレーはポイントを取れないのか?

    「T-PRESSで読んで、頑張ってボレーに出るようになりました!でも・…

  5. ボレー

    テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です

    ボレーのイメージが間違っていると、試合で大事なポイントでミスになる。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で「2バックの粘るペア」を崩す為に必要なネットプレーの心得え4つ

    学生でも社会人でも、「この相手はサーブが良いな・・・」と感じると、リタ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    ダブルスの試合で、「センターにサーブを打ちたいなら、センター寄りに立つ」基本を、…
  2. シングルス

    テニスのシングルスの試合は、「自分一人でコツコツ練習していれば強くなる」と信じて…
  3. テニス ストローク

    ロブ

    本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイン…
  4. テニス リターン

    Q&A

    Q&A「周りに自分よりテニスが強い選手がいません・・・」
  5. 戦術

    強くなるのに、特別感は要らない
PAGE TOP