テニス ボレー

ボレー

ボレーの打点は、パントマイム発想で身体だけターンで完成!

ボレーの打点が、どうしても後ろになって来る人。

試合で力んでしまうと、どうしてもそうなってしまいますよね。

今回は、発想のイメージを「大道芸」から考えてみましょう。

速いボールでも、ラケット動作を小さくすれば大丈夫。

小さい、というか、ほとんど動かさないで良いんですよ。

 

ボレーの打点は、パントマイム発想で身体だけターンで完成!

 

1.パントマイムって、知ってますか?

あの大道芸である、あれです。

空中にカバンが浮いているように見せる、本当は自分が手に持って支えてるんですけどね。

これが上手い芸人さんって、本当にカバンが空中に「止まって浮いている」ように見える。

 

 

このカバン、のようにラケットを扱ってみましょう。

イメージ、湧きますか?

 

2.速いボールでも、ラケットはそのまま

つい、私たちは後ろに引いてしまう。

焦ってボールに力を与えたいと思って、ボレーでもラケットを後ろにセットしがちですよね。

でもそれだと、打点は後ろになるし振り遅れる。

そうじゃなくて、身体の前にあるラケットはそのまま、身体だけターンさせる。

そうすると、残っているラケット、は必ず身体の前にセットされたまま。

身体で横向き、を作るから、抑えが効く良いボレーが打てる。

パントマイムの発想で、ラケットはそんなに動かさなくて良いんです。

特に正面に来たようなボールは、これくらいシンプルな動作にした方が良いですよ。

ポイントは、軽く脇を締めること、です!

 

3.軽く締めた脇で、ボールに負けないラケット面を作る

「でも、全く動かさない弾かれそうで」と思いますよね。

ここは、しっかり脇を使いましょう。

打つ瞬間に軽く締めて、キュッと抑え込む。

この動作だけで、きっと速い重いボールにも負けないようなボレー、になるはずです。

そもそも、打点が前ですから、このパントマイム発想のボレーは振り遅れがほとんどない。

コントロールの良いボレーが打てるのが、何よりの魅力です。

 

4.狙うコースは、ラケット面の少しの操作で良い

ほとんどラケットを動かさないですが、狙ったコースにはしっかり打ちたい。

自分のラケット面、を作ってコントロール、が基本です。

身体を逃がしながら、ラケット面をサッと準備する。

ボールが当たって飛んでいく角度、だけに気を使ってみて下さい。

これを、大きな動作でするからみんなミスする。

ボレーなんて、あの動画の黄色いカバンのようにラケットを動かせば良い。

つまり、ほとんど止めた状態で、身体を動かしていく。

これで結構、ボレー感が変わると思いますよ!

 

ダブルスのような早い展開には、こういうボレーがピッタリです。

だって、ほとんど動かさないということは、それだけ構え直しも速いということです。

これって、すごく利点。

シンプルに、丁寧に。

ぜひ、ネットプレーで試してみて下さい。

発想はパントマイムのカバン、ですよ!

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    「ボレー上達は、ネットプレー心にあり」テニスの試合で苦手意識を克服する為に

    とにかくボレーが嫌い!高校生の頃はそう感じていたし、高校卒業し…

  2. ボレー

    ポーチに出られない、並行陣のファーストボレーのコツ

    ダブルスの試合、並行陣で戦う上で必要なこと。相手のレベルが上…

  3. ボレー

    勝てるダブルスのポーチコースは、逆クロスじゃない

    ダブルスの試合で、しっかり前衛がポーチで決める。こういう試合が…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの基本である「斜め前に踏み込みながらボレー」を実践して、守備範囲を拡げよう!

    シングルスでもダブルスでも、ネットプレーを入れていくのには勇気が要りま…

  5. ボレー

    ボレーの基本中の基本、「ラケット面を上に向けてフォロースルー」を徹底すれば、試合でミスは激減します

    ネットプレーが苦手なプレイヤーの多くの共通点は、ラケット面が安定してい…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう

    ダブルスのリターンゲーム、アナタは前衛。ここで、どんなプレーが…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    相手が目線を下に向ける、ボールがバウンドするタイミングはチャンス!
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い
  3. リターン

    リターンダッシュから前に詰めて、どうする?
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ワンランク上、の前衛になろう
  5. テニス フェデラー

    ストローク

    「今年流行のSABRにトライしたけど、やっぱり上手くいかない・・・」人は、ハーフ…
PAGE TOP