テニス スマッシュ

ストローク

ワイパースウィングの時は、下のエッジに引っ掛けるイメージで

目次

ストロークの際に使う、ワイパースウィング。

このラケット動作が出来ないと、足元に沈めたりトップスピンロブを打ったり、というショットが難しくなる。

でも、実際にどうやって普通のスピン系のストロークと打ち分けたら良いか・・・を、悩んでいる方は多いですよね。

今回も、私のコツとして1つご紹介します。

 

ワイパースウィングの時は、下のエッジに引っ掛けるイメージで

 

1.ラケットの下のエッジ、にボールを引っ掛ける感じ

ストロークを打つ時に、ラケットはどうなっているでしょうか?

ほぼ、地面に水平、横向きになっているはずです。

この時に、ラケットの下側のエッジに、ボールを引っ掛けてみる。

実際には引っ掛からないのですが、ラケットの少し下側を使うようなイメージ、でスピンストロークを打ってみて下さい。

きっと、回転量は多いけど、伸びていかない、ようなストロークになるはず。

これこそ、ワイパースウィングの目的、でもあります。

 

2.イメージとしては、自分の小指でボールを引っ掛ける

ラケットの下側のエッジ、で分かり辛い方は、自分の小指をイメージしましょう。

ラケットを握っている手の小指、で引っ掛けるようなイメージで振ってみて下さい。

ある程度、ピュッとラケットは速く振る感じの方が上手くいきます。

打った後、フォロースルーではその小指が上になって、顔の前くらいで打ち終わる。

この感覚、で練習すれば、きっとワイパースウィングも身に付くはずです。

 

3.そもそも、なんで必要なの?

ここを理解しておかないと、練習にも身が入りません。

ワイパスウィング、で打つショットはなぜ必要なんでしょう。

答えは、相手のネットプレーに対抗する為です。

相手がずっとベースライン上にいるなら、深く重いストロークだけで良い。

多少フラット気味でも、押し込んでいけるでしょう。

でも、同じストロークを相手がネットに出ている時、に打ってしまうと危険ですね。

しっかり足元に沈めたり、頭上を通過して変化して落ちる、トップスピンロブ、も使わないといけない。

こういうショットは、上手く「失速」してもらわないと困るんです。

だから、ワイパーのようにラケットを振って、フォロースルーを前に出さない。

だから失速して、効果的なショットになってくれる。

普段のショートラリー、上手い人はこんな感じで打ってますよね。

それがワイパースウィングの大事なポイントになります。

 

4.コツを掴んだら、後は振り切るだけ!

ワイパースウィング、でもしっかり振り切ること。

フォロースルーを前に出さない分、しっかり振り切って回転をかけないと貧相なショットになってしまいます。

ラケットのエッジに引っ掛けて、ボールにしっかり回転をかける。

こねくり回すようなショット、ではダメです。

しっかり振って、自分の中でのフィニッシュポイントを作っておくこと。

この意識、試合でも大事ですよ。

入れにいく、ような打ち方にならないように・・・しっかり意識していきましょう!

 

普段の練習から、通常のストロークと使い分けましょう。

自分から積極的に、ラケットを振っていく。

高い打点で打てると、遅くとも非常に攻撃的なショートクロス、ロブが打てるはずです。

フォアハンドでも、バックハンドでも、しっかり打てると並行陣も怖くない。

意識して、練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. ラジオ番組、始めました!
  5. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドのストロークでスピンがかからない人は、〇〇で打つと効果的!

    バックハンドストローク、皆さんしっかりスピン回転かかってますか?…

  2. ストローク

    相手の足元に沈めるストロークを打つには、「縦方向にラケットを使う」ことを意識しましょう!

    テニスの試合、特にダブルスでは足元にストロークを沈める能力が求められま…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    スピンがあるからスライス、スライスがあるからスピンが活きる

    回転系のショット、が試合では主役になる。なぜなら、ラケットを振…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスの片手バックハンドストロークを、しっかり振り切る!」為に意識すること4つ

    最近、実はテニス界で見直されつつある「片手バックハンドストローク」の技…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのショートクロス」を打ちたければ、コンパクトで短いフォロースルーで!

    シングルスでもダブルスでも、最近のテニス界では「ショートクロス」が再度…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    本当に厳しい足下、狙いはどこが良い?

    ネットに出て来た相手には、足下を狙う。テニスにおける鉄則ですよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    テニス知識

    「今さら聞けない・・・」テニスの試合で必要な用語をまとめてみました
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰める勇気を持った人だけが、本物のアングルボレーが打てる
  3. ストレッチ

    テニス知識

    筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. テニス サーブ

    サーブ

    遅いサーブを自分の基本サーブ、に据えておくことをオススメします
  5. 練習メニュー

    「バランスボールを使ったトレーニング」は、自宅でも簡単にできてテニスの上達にはピ…
PAGE TOP