テニス スマッシュ

ストローク

ワイパースウィングの時は、下のエッジに引っ掛けるイメージで

ストロークの際に使う、ワイパースウィング。

このラケット動作が出来ないと、足元に沈めたりトップスピンロブを打ったり、というショットが難しくなる。

でも、実際にどうやって普通のスピン系のストロークと打ち分けたら良いか・・・を、悩んでいる方は多いですよね。

今回も、私のコツとして1つご紹介します。

 

ワイパースウィングの時は、下のエッジに引っ掛けるイメージで

 

1.ラケットの下のエッジ、にボールを引っ掛ける感じ

ストロークを打つ時に、ラケットはどうなっているでしょうか?

ほぼ、地面に水平、横向きになっているはずです。

この時に、ラケットの下側のエッジに、ボールを引っ掛けてみる。

実際には引っ掛からないのですが、ラケットの少し下側を使うようなイメージ、でスピンストロークを打ってみて下さい。

きっと、回転量は多いけど、伸びていかない、ようなストロークになるはず。

これこそ、ワイパースウィングの目的、でもあります。

 

2.イメージとしては、自分の小指でボールを引っ掛ける

ラケットの下側のエッジ、で分かり辛い方は、自分の小指をイメージしましょう。

ラケットを握っている手の小指、で引っ掛けるようなイメージで振ってみて下さい。

ある程度、ピュッとラケットは速く振る感じの方が上手くいきます。

打った後、フォロースルーではその小指が上になって、顔の前くらいで打ち終わる。

この感覚、で練習すれば、きっとワイパースウィングも身に付くはずです。

 

3.そもそも、なんで必要なの?

ここを理解しておかないと、練習にも身が入りません。

ワイパスウィング、で打つショットはなぜ必要なんでしょう。

答えは、相手のネットプレーに対抗する為です。

相手がずっとベースライン上にいるなら、深く重いストロークだけで良い。

多少フラット気味でも、押し込んでいけるでしょう。

でも、同じストロークを相手がネットに出ている時、に打ってしまうと危険ですね。

しっかり足元に沈めたり、頭上を通過して変化して落ちる、トップスピンロブ、も使わないといけない。

こういうショットは、上手く「失速」してもらわないと困るんです。

だから、ワイパーのようにラケットを振って、フォロースルーを前に出さない。

だから失速して、効果的なショットになってくれる。

普段のショートラリー、上手い人はこんな感じで打ってますよね。

それがワイパースウィングの大事なポイントになります。

 

4.コツを掴んだら、後は振り切るだけ!

ワイパースウィング、でもしっかり振り切ること。

フォロースルーを前に出さない分、しっかり振り切って回転をかけないと貧相なショットになってしまいます。

ラケットのエッジに引っ掛けて、ボールにしっかり回転をかける。

こねくり回すようなショット、ではダメです。

しっかり振って、自分の中でのフィニッシュポイントを作っておくこと。

この意識、試合でも大事ですよ。

入れにいく、ような打ち方にならないように・・・しっかり意識していきましょう!

 

普段の練習から、通常のストロークと使い分けましょう。

自分から積極的に、ラケットを振っていく。

高い打点で打てると、遅くとも非常に攻撃的なショートクロス、ロブが打てるはずです。

フォアハンドでも、バックハンドでも、しっかり打てると並行陣も怖くない。

意識して、練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. ストローク

    「滑るの禁止!」テニスのストロークで使う技術としては最終手段として持っておくこと

    最近は砂入り人工芝のコートが増えている。学校のコートもクレーコ…

  2. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦で鍵となる、「クロス方向への深いショット」を打つ為のコツ5つ

    試合で使うストロークと言えば、まずはクロスのコース。クロスにし…

  3. テニス ボレー
  4. ストローク

    テニスの試合で、「アプローチから前、じゃなくて下がってしまう・・・」人は、守備範囲の概念を変えましょ…

    シングルスの試合では、相手がドロップショットを打って来ることが十分考え…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元

    ストロークやサーブを打つときに、「身体が開いてるよ!」というアドバイス…

  6. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で使える、「騙しやすいドロップショットの打ち方」について

    ドロップショットをよく使う。シングルスの時もそうだけど、ダブル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    サービスゲーム、ポーチに出るなら…?
  2. テニス ストローク

    ボレー

    片手バックハンドボレー、なのになぜか両手バックハンドボレー、になってませんか?
  3. テニス メンタル

    メンタル

    アナタがテニスの世界を拡げたいのなら、「自分のテニスを否定してくれる人」を大切に…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    調子は悪くなる、だからその時間を短くしたい
  5. テニス サーブ

    Q&A

    Q&A「サーブに必要なトスアップの練習、何をやれば良いの・・・?」
PAGE TOP