テニス ストローク

ストローク

シングルスの試合で、「コンパクトなワイパースィングで浅いボールをコントロール」出来ると、しっかり相手を追い込めます

浅いボールを相手から引き出したら、シングルスの試合では相手を追い込む攻撃をしていきたい。

スライスでアプローチしてネットに詰めるのがセオリーですが、もしオープンコートが出来ているのであれば、速いテンポで攻撃して追い込んでいきたい。

打点が低い位置から、相手コートに速いボールを打つのは結構リスクがありますが、スピン系のショットも練習して打てるようになると、試合で有効です。

女性の方、ベテランプレイヤーの方でも、正しいワイパースィングを身に付ければきっと打てるようになるはず。

今回は低い打点からスピン回転で相手コートにボールを収める為に、必要な意識と技術を確認しておきましょう。

 

シングルスの試合で、「コンパクトなワイパースィングで浅いボールをコントロール」出来ると、しっかり相手を追い込めます

 

■打点が低ければ、より厚いグリップで調整する

低い打点からのストローク、アナタはどうやって調整していますか?

まずは膝を曲げて低い態勢を作る、そして大事なのはグリップの調整です。

少し厚めのグリップにして、手のひらでボールの後ろをなでるような「ワイパースィング」に仕上げていければ、浅いボールも打ちやすい。

打ったラケット面が、そのまま相手コート方向へ向いて、肘から先をワイパーのように振っていくスィングを練習してみましょう。

フォロースルーがあまり前に出ていかないように、しっかり身体の近くにラケットのフィニッシュをもってくることがポイントです。

 

■ネット上にしっかり目標を作って、そこに運ぶことだけを意識する

相手コート上に狙いを置くのではなく、狙いはネットの上、1メートルくらい上にセット。

このショットでエースを狙う訳ではありませんので、あくまでコースの狙いを重視。

振り切って回転をかけて、「この場所を通せば狙ったコースに入る」という感覚を、練習から磨いておきましょう。

浅いボールでネットに近いので、ネット上に目標を作るとコントロールもしやすいはずです。

 

■難しいショットですが、チャレンジしていく姿勢を忘れずに

はっきり言って、このショットは難しい。

それでもチャレンジしていくことが大事です。

女性の方であれば、速いスィングスピードが求められますので、すぐに出来るようにはならないでしょう。

ですが諦めずに、グリップの調整やスタンスを試行錯誤することで、必ず良い「打ち方」は自分なりに見つかるはずです。

浅いボールはスライス、と決めつけずにプレーの幅を拡げていきましょう!

 

この浅いボールをスピンで展開していくのに、オススメのコースは、ストレートです。

そのまま前方向へ詰めていきやすいですし、目標となるネット上にも距離が近い。

相手のバックハンド側を狙ってダウンザライン・・・というイメージで、ぜひ試合でも使ってみて下さい。

いつもスライスのところを、スピンで打ってくると相手も意表を突かれるはず。

隠し武器として、磨いて試合の後半で使えるようにしておきましょう!

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    クロス方向へ振り抜くストロークは、ボールの横を捕らえるから安定する!

    ストローク、特にクロス方向へのショットは一番使うショット。シン…

  2. テニス 前衛

    ストローク

    「まだテニスのラリーに慣れない初心者の方」は、バウンド地点への近付き過ぎを止めてみよう

    「テニスを始めてみたけど、全然上達しない・・・」と、悩んでいる方も多い…

  3. ストローク

    「ラケットを振り抜けない君へ」テニスの試合ではボールとの距離感が重要!

    苦手ショットの時に、ラケットを振り切れない人が多い。ま、苦手だから…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    速くて低いショートクロスのストロークは、物理的に入らない

    ストロークで自滅する人。並行陣、を苦手にしている人はすぐ分かり…

  5. ストローク

    「スウィングスピードアップの決め手」筋力アップと環境改善の両軸が必要

    ストロークで速いショットを打ちたいって、誰もが思うこと。その為には…

  6. テニス 練習

    ストローク

    ラリー練習をしていて、「相手が打ったノーバウンドで飛んできて、アウトしそう・・・」なときに、アナタは…

    テニスのラリー練習をしているときに、相手の打ったボールが明らかに長くア…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. メンタル

    「テニスの試合が怖い、やりたくない・・・」症候群に陥ってしまった方へ送るメッセー…
  2. テニス 試合

    メンタル

    テニス選手がイップスに悩まされるのは、「真剣勝負を重ねた」結果だと私は思います
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーが上手そうな相手でも、「球速が遅いスライス」が打てれば泳がせてミスを…
  4. その他

    「テニスコートは微妙な広さ」テニスの試合では、ひたすら走り続けても勝てません
  5. テニス 守備

    ボレー

    「クレーコートでのネットプレーのコツ」新時代のテニスに不可欠な戦術を身に付けよう…
PAGE TOP