テニス ストローク

ストローク

シングルスの試合で、「コンパクトなワイパースィングで浅いボールをコントロール」出来ると、しっかり相手を追い込めます

浅いボールを相手から引き出したら、シングルスの試合では相手を追い込む攻撃をしていきたい。

スライスでアプローチしてネットに詰めるのがセオリーですが、もしオープンコートが出来ているのであれば、速いテンポで攻撃して追い込んでいきたい。

打点が低い位置から、相手コートに速いボールを打つのは結構リスクがありますが、スピン系のショットも練習して打てるようになると、試合で有効です。

女性の方、ベテランプレイヤーの方でも、正しいワイパースィングを身に付ければきっと打てるようになるはず。

今回は低い打点からスピン回転で相手コートにボールを収める為に、必要な意識と技術を確認しておきましょう。

 

シングルスの試合で、「コンパクトなワイパースィングで浅いボールをコントロール」出来ると、しっかり相手を追い込めます

 


 

■打点が低ければ、より厚いグリップで調整する

低い打点からのストローク、アナタはどうやって調整していますか?

まずは膝を曲げて低い態勢を作る、そして大事なのはグリップの調整です。

少し厚めのグリップにして、手のひらでボールの後ろをなでるような「ワイパースィング」に仕上げていければ、浅いボールも打ちやすい。

打ったラケット面が、そのまま相手コート方向へ向いて、肘から先をワイパーのように振っていくスィングを練習してみましょう。

フォロースルーがあまり前に出ていかないように、しっかり身体の近くにラケットのフィニッシュをもってくることがポイントです。

 

■ネット上にしっかり目標を作って、そこに運ぶことだけを意識する

相手コート上に狙いを置くのではなく、狙いはネットの上、1メートルくらい上にセット。

このショットでエースを狙う訳ではありませんので、あくまでコースの狙いを重視。

振り切って回転をかけて、「この場所を通せば狙ったコースに入る」という感覚を、練習から磨いておきましょう。

浅いボールでネットに近いので、ネット上に目標を作るとコントロールもしやすいはずです。

 

■難しいショットですが、チャレンジしていく姿勢を忘れずに

はっきり言って、このショットは難しい。

それでもチャレンジしていくことが大事です。

女性の方であれば、速いスィングスピードが求められますので、すぐに出来るようにはならないでしょう。

ですが諦めずに、グリップの調整やスタンスを試行錯誤することで、必ず良い「打ち方」は自分なりに見つかるはずです。

浅いボールはスライス、と決めつけずにプレーの幅を拡げていきましょう!

 

この浅いボールをスピンで展開していくのに、オススメのコースは、ストレートです。

そのまま前方向へ詰めていきやすいですし、目標となるネット上にも距離が近い。

相手のバックハンド側を狙ってダウンザライン・・・というイメージで、ぜひ試合でも使ってみて下さい。

いつもスライスのところを、スピンで打ってくると相手も意表を突かれるはず。

隠し武器として、磨いて試合の後半で使えるようにしておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス サーブ

    ストローク

    スウィングの切れ味は、引く動作で磨かれる

    ストロークでもサーブでも、スウィングの切れ味をアップしていくこと。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「回り込みフォアハンド」を活かす為に意識したい5つのポイント

    現代のテニスで大きな武器の一つが、回り込んでのフォアハンド。錦…

  3. ストローク

    「ボールの変化は最小限で」テニスのライジングショットは高地のコートだとより有効に

    夏に合宿を行ったテニス部は多いと思う。いつもの学校のテニスコー…

  4. テニス 序盤

    ストローク

    試合で緊張してプレーが堅くなる人は、「ネットミスから減らすこと」に最善を尽くそう

    試合になると、とにかく緊張してミスばかり・・・。普段の練習の1…

  5. テニス フットワーク
  6. テニス リターン

    ストローク

    自然とボールは伸ばすのに、最適な方法はシンプルです

    相手に打っていく、ボールに伸びが欲しい。試合では、自分の打って…

特集記事

  1. テニス 格上相手

    その他

    テニスの試合で「シード選手との闘い」をドラクエ風に考えてみると・・・
  2. テニス テニスボール

    メンタル

    テニスの試合、ポイントは「取り返そう」と思うのではなく、「自分の印象を活かす」方…
  3. テニス フットワーク

    練習メニュー

    「ネットプレイヤーに対して、ロブボレーを仕掛けていく」ために必要な感覚を養う練習…
  4. テニス メンタル

    リターン

    思い切りの良いリターンでは、「フォアかバックかを決めて待つ」くらいの気持ちが大事…
  5. メンタル

    「練習上手は勝負好き」緊張感の無いテニスの練習は無意味です
PAGE TOP