テニス メンタル

その他

テニスの上達の為に、「事実を伝えるということ」は残酷だけど、本当は優しい行為です

「上辺だけの付き合い」という言葉があります。

このサイトを観ている方の中には社会人として働いている方も多く、仕事上でのお付き合いで神経を使っている方も多い。

それだけじゃなく、部活やご夫婦、カップルや友達でも人間関係に悩んでいる方もいるでしょう。

「言いたいことがあるけど、言えない状態」は、人間ですからあって当然。

ですがこと「テニス」に関しては、少し勇気を出して事実を事実として、伝えてあげる機会は必要でしょう。

私自身の経験も踏まえて、今回は書かせて頂きます。

 

テニスの上達の為に、「事実を伝えるということ」は残酷だけど、本当は優しい行為です

 


 

■「上辺だけ」の指導では、本物のテニスは伝えられない

過去のテニススクールでアルバイトコーチをしていた頃、人に気を遣ってばかりいる時期がありました。

自分より圧倒的に人生経験も豊富で、テニスも上手い。

そんな人たちに、自分が何を教えられるんだろう・・・と考えると、その人のテニスの「上辺」だけにしか触れることが出来ない。

ですが、ある日ふと男性の生徒さんにこんなことを言われました。

「テニスが強くなりたいから、本気でアドバイスして欲しい」と。

こんなことを言わせてしまって・・・自分は今まで何で気付かなかったんだろうと、ひどく後悔したのを覚えています。

 

■全ての指導は、「事実を伝える」ことから始まる

その男性の方にまず伝えたのは、「事実」です。

まずバックハンドストローク、レッスン内で何回打ってもほとんどがアウトかネット。

球速も速くて回転量が足りない、だから自分が構える時間も無い。

グリップもスライスかスピン、どちらも打てないような自己流になってますよ、ということをしっかり伝えました。

その生徒さん自身、すごくショックを受けたようでしたが、そこから「本当のレッスン」が始まったように思います。

誰でも「アドバイスが欲しい」と言いつつ、本当はシンプルに自分を褒めて欲しい、認めて欲しいんです。

教える方も、そっちだけだとずっと楽。

もちろんそれも大事ですが、強いテニスを育てていくにはまず、しっかり事実を受け止めないと何も前に進みません。

 

■テニスを否定しても、「その人の人格」を否定している訳では無い

勘違いされやすいのは、テニスを否定された=自分自身の人格を否定された、と思い込んでしまうこと。

私もかつて、この誤解を生んでしまって何名かの生徒さんが離れていった記憶があります。

ですが全く、後悔はしていません。

本気でテニスを強くなりたいなら、自分で変わっていきたいなら、残酷ですが事実と向き合わないと前に進めないのです。

誤魔化しながら、ちょっとずつ前に進むことは出来ても、本物の強さは身に付かない。

指導者も本人も、すごくパワーがかかってしまうこの作業。

アナタの周りに、しっかり残酷な事実を伝えてくれる人は・・・いますか?

 

全ては、「正確に知る」ことから始まる。

テニスだけでなく、勉強や仕事、恋愛でも同じかも知れませんね。

その「知らせてくれる人」というのは、アナタの人生にとってきっと財産になるくらい、大事な人。

近くに本当の意味で、アドバイスや指摘をしてくれる人はいますか?

少し耳が痛い言葉も、アナタ自身は受け止めることが出来ていますか?

ぜひこの機会に、考えてみて下さい。

「私の周りには、いないかも・・・」という方、大丈夫です。

テニス一つ、本気で頑張りたいと思っていれば、必ずアナタの周りに自然に集まってくるでしょう。

素敵で本気に、事実を伝えてくれる誰かが。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス ボレー

    その他

    「楽しく工夫できる人は、テニスに向いている!」毎日同じことの繰り返しでは、試合に勝てません

    効果的な練習、日々の中で皆さんできてますか?この「効果的」とい…

  2. その他

    「汗をかこう!暑さに備えよう!」自分の身体を知ることでテニスの試合に勝てるようになる

    まだまだ、暑さが続く日もある。皆、ちゃんと身体を暑さに慣らして…

  3. その他

    相手の声に、惑わされるな

    テニスの試合に出ていると、とにかく色々な人がいます。男女、年齢…

  4. テニス メンタル

    その他

    良い意味で「対戦相手を認める」ことが出来れば、試合はもっと楽に戦える

    ネットを挟んだ相手は、倒すべき相手。もちろん、倒す為には対戦相…

  5. テニス メンタル

    その他

    試合で自分のコントロールが割れるショット、を書き出してみよう

    「どうも、今日は調子が良くなった・・・」と、敗因が曖昧になる。…

  6. テニス 部活

    その他

    試合に勝てるテニス選手になりたければ、「数を打てれば満足」な練習から脱皮しないとダメ

    「いやー今日はたくさん打てたから、良かった良かった」「今日のス…

特集記事

  1. テニス 守備

    ダブルス

    「ダブルスで勝てないペア、選手が陥りがちな8の字ラリー症候群」アナタは大丈夫です…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう
  3. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも
  4. ストローク

    「けっこう、広い!!」テニスコートを試合で活用する為の、自分のボールスピードは?…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーのときに、「片手魔人」になっている人いませんか?
PAGE TOP