テニス ボレー

メンタル

自分の打ったボールを信じ切れば、ボールは自然とコートに収まってくれる

自分が打ったボールを、しっかり信じる。

信じ切ることが出来れば、実はボールは自然とアナタの期待に応えてくれる。

特に試合の、緊張した場面ではそうですね。

もっと自分が打ったボール、を信じてあげても良いんじゃないでしょうか。

 

自分の打ったボールを信じ切れば、ボールは自然とコートに収まってくれる

 


 

1.アナタ自身が、信じてあげないで誰が信じる?

自分がボールを打つ。

テニスの試合で、相手コートに向かって打つけど・・・どうも、不安そうな顔で、行方を追っている。

次に構えるのも遅いし、どこか自分で打ったボールを信じ切れていないように見える選手、試合会場では多いような気がします。

確かに、厳しいボールを返球するときには当たり損なったり、自信が無くなるのも分かる。

でも大前提として、自分が打ったボールを「信じ切る」ことって、大事だと思いませんか?

 

2.テニスは打った後に、二度打ちは出来ないルールです

一度打ったら、もう二度打ちは出来ない。

相手が打ち返してくるまで、自分の打ったボールは最高だと信じて動くしかない。

結果的に入らない、アウトしたりネットしたりしても、信じ切って動くことが大事。

「どうせ入らないよな・・・フォルトだよな・・・」と、心のどこかで思っていると、明らかに次への反応は遅れます。

そして、その想いはボールにも乗り移っていく。

テニスって、そういう神秘的な部分がある、と私は思っています。

 

3.「自分が納得出来るショットを、打ちたい!」と思えるようになる

自分で自分が打ったボールを信じる、ことが出来るようになると、こう考えが変わります。

だったらもっと、「自分が納得できる」ようなボールを打ちたい!と。

自然ですよね。

自分を信じるしかないなら、自分で納得するようなボールを増やさないとそれは嘘、になる。

無理やり信じる、ハッタリも大事ですが、やっぱり自分で納得したショットを、信じて見送りたい。

普段の練習から、自分が信じれる納得したショット、に仕上げていきましょう。

それが強くなる、ということです。

 

メンタルの強さって、結局はこの「信じ切る力」が大きい。

アウトしてもネットしても、結果的に自分が信じて動けているかどうか。

しっかり動いていると・・・どうでしょう。

相手からしても、「入って来るかも・・・!」とプレッシャーが凄い、アウトボールは触ってくれるかも知れない。

そういう考えで、一度テニスと向き合ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    デュースが3回以上続いたときは、「終わらせようと思った選手」がゲームを落とす

    テニスの試合、つい焦ってしまう場面。それって、デュースが何回も…

  2. テニス 打点

    メンタル

    相手が「切れた」から、自分も「切れる」選手は、テニス選手として恥ずかしい

    試合に出ていると、こんな経験、無いですか?相手が集中力を切らし…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    試合の後には反省だけでなく、「ポイントが獲れたパターン」も客観的に確認して次につなげましょう

    試合後に、皆さんの話を聞いていると反省の弁が多い。すごく意識高…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手と目を合わせる」ことが必要です

    試合の中で、相手を威嚇する。これって、私は必要なことだと思うん…

  5. テニス 環境
  6. テニス ダブルス

    メンタル

    ミスの後始末を、自分で全て背負うからドロ沼にはまる

    失敗して、どんどん泥沼にはまっていく人。ダブルスの試合で、よく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    ダブルスのリターン側の前衛も、相手のファーストとセカンドに合わせてポジションを変…
  2. テニス トレーニング

    戦術

    「あれがダメだったら、これがある」の、これの引き出しはある?
  3. テニス 指導

    メンタル

    チャンスを活かせる人は、いつも気負い過ぎていない
  4. 練習メニュー

    「心技体で練習効率を上げなさい」テニスの練習をいかに試合に近づけられるか工夫しよ…
  5. ストローク

    「片手バックハンドのショートクロス」は切れ味を磨けば試合で超絶使えるショットに!…
PAGE TOP