テニス ストローク

メンタル

「自分が成長する可能性」を信じることは出来ているか?

いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。

いくつかご意見を頂く中で、参考になった、ならなかった・・・など、私の中で考えることが多々ありました。

そして自分の過去も考えながら、この部分、改めて大事だなと思ったので、書いてみます。

 

「自分が成長する可能性」を信じることは出来ているか?

 


 

1.自分の成長、最近感じましたか?

高校時代までは、私も何をやってもテニスは楽しかった。

昨日より今日、今日より明日が、きっとテニスが上手くなっている。

そんな自分が想像できたし、実際に練習で成長出来ている自分を実感できた。

でも・・・30代に入り、なかなかその成長、自分で感じられなくなる。

「もう、テニスは上達しないのかな・・・練習出来る時間も仲間も、限られているしな・・・」と、ちょっと弱気になる。

でもこれは、皆さんはきっと通る道。

実感出来るかどうかは、自分次第です。

 

2.ドラゴンボールやスラムダンクは、主人公が成長するから面白い

当たり前ですが、漫画の世界では主人公が成長していく。

その主人公に自分を重ねて、想いを馳せる。

「そんなマンガみたいなストーリー、ある訳ないよ」と思う方もいるでしょう。

でも、どんなストーリーでもアナタの人生。

自分を成長させていくために、必要なことって限られていると思います。

それはマンガ同様に、「人との出会い」です。

出会って感じて、成長して、それを自分で感じて更に上を目指す。

人は人に大きく影響を受けて、自分も頑張ろう、認められたいと考えるようになる。

アナタの周りにも、きっと自分の成長につながる出会い、今までもこれからもあるはずです。

 

3.人との出会いが無ければ、自分を成長させるきっかけが無い

私だけじゃないはず。

自分を成長させたければ、「今のままじゃダメだ・・・もっと頑張らないと!」と思うきっかけが必要ですよね。

それって、人との出会いです。

学生の皆さんにこそ、そういうテニスを通じた出会いを大切にして欲しい。

対戦した相手に勇気を出して話しかけてみる、先輩OBにも連絡してみる、とにかく自分から一歩を踏み出してみて下さい。

「今のままで、良いか・・・」と思えたら、それを危機感に変えて欲しい。

きっとその日から、このT-PRESSのサイトの記事もまた違った角度で見えるはずです。

 

私自身、まだまだ自分の成長を信じている。

私がテニスを上達させていかない限り、文章に何の説得力も無いでしょう。

皆さんから見られている、そう思って気を引き締めて頑張ります。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の内なるものから出てくる」ことを覚悟しよう

    テニスの試合では、皆さんこんな経験無いですか?「ずるい自分」…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?

    試合の序盤に、自分の調子が悪いと感じる。問題は、そこからです。…

  3. メンタル

    「順調に試合を運べていると感じたら、危ない」試合を勝ち切れない人は、最後の最後に隙だらけ

    どんなスポーツの試合にも、逆転は付き物。自分が逆転する側になる…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「相手のチャンスの場面」こそ、強気でいこう!

    試合の中で、「やばい、甘くなった・・・」と思うこと、ありますよね。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルに原因を求める人こそ、メンタルが弱い人

    「自分はメンタルが弱い・・・」という悩みの声、よく相談で頂きます。…

  6. メンタル

    アナタの部活やサークル、「チームの中でしっかり、意見を言い合える環境」があるかどうか?

    日本は調和の社会。どこか今あるもの、今まで踏襲してきたものや継…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    風が強く吹く中で、「サーブを安定させる」ために必要なコツ4つ
  2. テニス 練習

    リターン

    ダブルスの試合のリターンゲームで、「深いサーブを打たれた時」にパートナーの前衛は…
  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合は、圧倒的に「ボールを打っていない」時間の方が長い
  4. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、主導権を握る方法5つ
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのハイボレーが、いつもガシャってしまう」人は、腕を伸ばし過ぎていな…
PAGE TOP