テニス 構え

メンタル

試合中にイラッとしたら、自分と会話しよう

つい、感情的になってしまう。

それが、テニスの試合です。

なるべく冷静に試合を進めていきたいですが、まぁ無理でしょうね。

本当に勝ちたい試合なら、やっぱり感情のコントロールは難しい。

だからこそ、繰り返しますが準備次第です。

自分と、もう一人の自分、を準備しておくことの大切さ。

気付いた人から、テニス選手として成長していけるでしょう。

 

試合中にイラッとしたら、自分と会話しよう

 

1.試合はイライラ要素で満ちている

だって、試合に勝ちたいですから。

自分にイライラ、相手にイライラ、するのが当然です。

問題は、それをどうプレーと結びつけるのかどうかでしょう。

ほとんどの人は、不都合なことが起きてイライラして、それがプレーにマイナスの影響を与えていく。

日本のみなさんは、やっぱり自分に厳しいので自分にイライラ、が多いんじゃないですかね。

そんなときに、シングルスの試合なら会話の相手は一人しかいません。

そう、アナタ自身です。

 

2.「熱くなっても、損するだけ」だよ

私はいつも、こう考えて話しかけています。

「熱くなっても、結果的に損するよ」と。

イライラする相手が自分でも相手でも、目的は試合に勝つこと、ですから。

試合に勝つためには、自分のイライラをコントロールしてプレーに悪影響が出ないようにしないといけない。

熱くなっても、損するだけだよ、と。

もっと得をすること、を考えようよ、と。

こういう会話だけでおさまらないイライラ、もあるかも知れませんが、自分と会話出来ると思っておけば試合でも楽。

話し相手がいる、と本気で考えてみて下さい。

結構、こういう考えのプロスポーツ選手、多いですから。

みなさんでも絶対に、試合で助けになるはずです。

 

3.イライラは、「抑え込まない」ことが大事

イライラする、ということは、上手くいっていないと自分で自覚しているということ。

だったら、その原因が必ずある。

イライラを抑え込もうとすると、その原因から目を背けることになりますからね。

むしろ、しっかりと向き合う。

それが、「熱くならないで、得することを考えよう」の基本スタンスです。

試合中にイラっとすることって、実は必要なことだと私は思いますよ。

相手に対しても、自分に対しても。

何かの不都合、が生じているというサインですから。

自分と会話しながら、それを探って解決していく。

それがテニスの試合、です。

 

4.どうしてもイライラを解消したいなら、試合に勝つしかない

極論ですが、これです。

相手に対して、もう死ぬほどイライラして頭にきても、勝ち負けは付きます。

そこで負けた日には、もう悔しくて吐きそうになりますよね。

勝つこと、がまず大事。

勝つことで、イライラは最後解決出来るし、自分の自信にもなる。

ここをしっかり考えられる人は、自分と会話して冷静さを保てる、イライラの要因を解明出来る。

「最後に笑うには、勝つしかないんだよ」と、声をかけてみて下さい。

きっと、頭がスッキリすると思いますよ。

 

まぁ、当然書いてあるほど簡単なことではないですが・・・。

イライラしがちな人は、試合に勝てそうな雰囲気も無い。

こういうところ、ちょっとした小技の準備で変えていけるはずです。

コートの上で、自分と会話。

これを習慣にしたら、もうメンタルが弱いなんてこと、無くなるはずです。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「マッチポイントを獲れなかった・・・」ときに、サッと切り替える発想方法4つ

    今回は、テニスならではの難しいテーマで。私自身、何度も経験して…

  2. メンタル

    未来は過去の延長線上、では無い

    私たちはテニスを通じて、どこに向かうのか。少し大げさな話になり…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でチャンスを引き出す力」が、実力の拮抗した相手を倒す原動力に

    上のレベルの試合になると、ラリーの中で我慢しないとなかなかチャンスが来…

  4. メンタル

    苦しんだ経験は、必ず誰かの助けになる

    テニスに限らず、仕事でも勉強でもそう。自分が苦しむ、その苦し…

  5. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合では「アンフォーストエラー」よりも「フォーストエラー」に着目しておきたい、その理由につい…

    プロテニス選手の試合の数値で、「アンフォーストエラー」という言葉が出て…

  6. テニス 観察

    メンタル

    テニス部のキャプテンとして大事なたった一つのこと、「しっかりと仲間を観る」ことの重要性について

    年末年始に実家に帰省した際に、私の後輩が相談してきたことについて、今日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーでミス、「自分のボディに近いボール」のさばき方を知らないだけ
  2. テニス 団体戦

    メンタル

    テニスの試合で、「団体戦の先鋒の選手」に求められる4つの要素とは?
  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    全てのボールに対応しようとすると、結局プレーは中途半端にしかならない
  4. ストローク

    「ハードコートでのストローク戦がきつい!」ヘビーなトップスピンストローカーへの対…
  5. スマッシュ

    スマッシュは腕全体を振るのではなく、「手首を折る形で、上で打ち終わる」と試合でミ…
PAGE TOP