テニス メンタル

メンタル

自分が何をしたいかよりも、「何を求められているか」について考えれば、まだまだテニスは強くなります

皆さんは、「こういうテニスがしたい!」というイメージ、ありますか?

私は正直、高校時代ほとんどありませんでした。

深く考える事も、正直出来ていなかったと思います。

でも当時のことを思い出すと、考えていたのは「自分は何を求められているか?」ということ。

性格の問題もあると思いますが、皆さんにもお勧めしたいのは、やりたいことで悩むよりもまずは「求められていること」について徹底的に考えてみることです。

 

自分が何をしたいかよりも、「何を求められているか」について考えれば、まだまだテニスは強くなります

 


 

1.「自分は何を求められているのか?」と、考えてみよう

テニスに限らず・・・ですが、皆さんも考えてみて欲しい。

やりたいことをやるのも大事、ですが、周りの人が自分に何を求めているのか。

直接言われること、要求されることなんてあまり無い。

ですが、周りの期待に応えることが実は、アナタのテニスの成長にもつながる。

イマイチ、ピンと来ない方も多いと思いますが、私の経験上、テニスを成長させていくうえでもこれは大事な要素です。

 

2.部活、サークル、団体戦・・・人と関わり合っていくのが、テニス

当たり前ですが、テニスは一人では出来ない。

試合なんて一瞬、ほとんどは練習で過ごす時間が圧倒的に多い。

その中で、私は高校時代まず「部活に新しい要素を持ち込むこと」を求められていると感じていました。

というのも、まず私の高校時代は指導者がいない。

だから練習を考える人がいないので、私のようなテニススクールに通っている人は「新しい練習を考える」ことが求められる、と勝手に思っていました。

それから、学校にコートが無かったので「練習環境の確保」ですね。

これを頑張った結果、広島市内のテニスコートに詳しくなりましたし予約の仕組みやノウハウも、理解することが出来ました。

こうしたことは、「自分が求められている」と感じて行動しないと絶対に身に付かない。

面倒だと思うこともありましたが、今では得るモノが大きかったと本当に当時の環境に感謝しています。

 

3.テニスでも仕事でも、アナタは「何かを求められ続ける」覚悟を持とう

これから先、アナタが学業や仕事、テニスを続けていく上で、「求められる」ことに慣れて欲しい。

ココから逃げて、成長は無いのです。

「何を求められているのか?」は、周りの人は言ってくれない、自分で気付くしかないのです。

テニスを本気で頑張っていれば、「自分の求められていること」に気付けるはず。

そして気付けるようになれば、それは確実にアナタのレベルアップにつながるのです。

 

面倒だと思って避けるのか、あえて飛び込んでいくのか。

テニスが上達できるかどうかは、こんな小さい差なんだと思います。

どんな環境でも、「求められること」について真摯に考えて行動出来る人は、絶対に成長出来る。

テニスはそんなアナタに、応えてくれるスポーツです。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. メンタル

    試合会場で、「自分以外の周りの選手が、皆強く見えてしまう人」へのアドバイスについて

    試合会場に着いた途端に、不安になって試合が怖くなる。周りを見渡…

  2. テニス 準備

    メンタル

    準備する意欲を持たない人は、これから先もエントリー費だけが消えていく

    テニスの試合、メンタル勝負。でも、言ってみれば試合の現場で強い…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    0-5まで追い詰められて、「吹っ切っていこう!」と思ったら、思い切って試してみたいこと

    相手も強いし自分の調子も悪い。色々思考錯誤してみたけど、どうに…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でピンチになる」ときを想定して準備しておきたい、具体的な対応策

    シングルスでもダブルスでも、どんな試合でも必ずピンチな局面は訪れます。…

  5. テニス 部活

    メンタル

    対戦相手のテニスと人格は、切り離して考えることが一番

    テニスの試合って・・・正直、「ムカつく相手」とも試合しないといけない。…

  6. テニス フェデラー

    メンタル

    錦織選手とフェデラー選手の試合、「勝敗を分けたポイント」を考えてみる

    先ほど終了した全豪オープン4回戦、錦織選手とフェデラー選手の試合。…

特集記事

  1. テニス スライス

    ボレー

    駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ
  2. テニス メンタル

    戦術

    人に向かって打つ限り、テニスは上達しない
  3. テニス 準備

    戦術

    自分が打ったボールを、その感触で判断出来るようになろう
  4. テニス 守備

    ストローク

    テニスでは浅く短いボールを拾いにいくときに、「必ず最後は横向き」で打点に入る意識…
  5. テニス 練習

    ストローク

    力んでストロークがアウトする人は、呼吸をコントロールして打てばコートに収まる
PAGE TOP