テニス ストローク

戦術

「この相手、何を考えているか分からない・・・」は、テニスでは褒め言葉になる

アナタが試合をしていて、一番やり辛い相手ってどんな相手ですか?

私は、「何を考えているのか、分からない相手」が一番嫌。

結構観察力には自信あるのですが、本当に無表情で感情の空気を出さない相手、います。

アナタ自身、相手からどう思われているのか、分かりやすい相手・・・って、思われているかも知れませんよ。

 

「この相手、何を考えているか分からない・・・」は、テニスでは褒め言葉になる

 


 

■テニスは、「手の内を隠し続ける」スポーツ

テニスは相手あってのスポーツ。

技量の差ばかりに目がいきますが、実は大事なのは相手との駆け引きをどう制するか。

これが上手い選手は、多少の実力差は意に介さない、むしろチャンスがあると思って格上に向かっていける。

テニスが上手い選手でも、「考えていることが分かりやすい」となってしまうと試合に負ける。

これは確実です。

どんなに良いショットも、先回りされたら拾われるし、どんなに足が速い選手も逆を突かれたら取れない。

それがテニスです。

 

■「何を考えているのか分からない」選手になるには?

まず、感情を表に出さないこと。

そして、普段から「味方も騙す」くらい、自分の考えを悟られないような警戒心を持ちましょう。

敵を騙すには、まず味方から・・・という言葉もありますが、自分自身で、自分を騙すくらいの意識、もってみて下さい。

厳しいときこそ、笑ってみる。

嬉しい時こそ、苦しい表情を作ってみる。

こういった相手を騙すような感覚、に罪悪案を覚えてはいけない。

テニスは心理ゲームの一面も、大きいのですから。

 

■手数は多ければ多いほど、相手は混乱する

実際にテニスの試合をやっていく中では、「武器となる手数」は多い方が良い。

「でも、打てるショットは少ないし・・・」と思った人、その打てるという合格点を下げましょう。

100点のショット1つよりも、試合では70点のショット5種類を用意したい。

こういった意識なら、試合でも使えるレベルには練習でもっていけるはず。

手数が多ければ、結果的に相手は「この選手、色々やってくるし何を考えているのか・・・分からない!」となるはずです。

 

相手に色々見せていく、のを意識する。

隠そう、隠そうとしても、それは結果的に感情が絡んで来るのでバレる可能性も高い。

あえて、ウソな情報を流すくらいの意識、大事かも知れません。

つかみどころの無い選手、になって試合に勝ちましょう。

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    「何かをしないといけない」というプレッシャーを、相手に与え続けよう

    試合の中で、アナタ自身が苦しい時。追い詰められている時って、こ…

  2. テニス メンタル

    戦術

    ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選

    テニスのショットの技術の中で、「ラケットの先」を使うショット、実はたく…

  3. テニス

    戦術

    「0-5からでも活路を見出す」テニスの試合で大切な、諦めない戦い方

    1セットマッチのテニスの試合は、あっという間に終わります。恐ろ…

  4. 戦術

    試合のリズムは、「デュースサイドは堅実に、アドサイドで冒険」を

    私が試合の中で、サイドごとに意識していること。もう、無意識に近…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    深いボレーがアウトになるのは、技術的な問題じゃない

    ハイボレーを打って、ベースラインを数cm越えて、アウト。これは…

  6. 戦術

    テニスの試合の中で、「自分のチャンスでは、相手を走らせる」ことに意識を集中させよう

    攻撃の中から、しっかりポイントを取れる人。そういう人の頭の中を…

特集記事

  1. ストレッチ

    テニス知識

    筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレー習得に、必要な根気について
  3. テニス メンタル

    戦術

    「相手のミスを待つテニスで試合に勝って、何が楽しいの?」と聞いてくる人は、永遠に…
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスの練習では、「何を身に付けていつ使うのか?」を常にイメージしよう
  5. シングルス

    シングルスの試合、相手がスライスの構えになったら実行したい5つの秘策
PAGE TOP