テニス 雪

メンタル

普通の人がやり辛いと感じる環境で、普通にプレー出来れば勝てる

タフな試合に、勝ち切れるようになる。

それは、対戦相手がタフで粘り強いかどうか、だけじゃない。

テニスの試合は、どんな環境でどんなコートで行われるか、分かりませんよね。

初めて試合するコートで、「こんなコート・・・嫌だ!」と思っているうちは、まだまだ勝利は遠いでしょう。

 

普通の人がやり辛いと感じる環境で、普通にプレー出来れば勝てる

 


 

1.太陽光、風、湿度、気温・・・毎回環境は変わる

アナタは、実際に外での試合に強いと思いますか?

「気温が高いのは良いけど、風は嫌だな・・・」とか、色々あると思います。

全てを無理やり得意にする必要は無い。

大事なのは、しっかり自分で自分を知っておくこと。

風に弱い、と感じているのであれば、弱いなりの戦い方が出来る。

太陽光は帽子やサングラスで対応出来るし、湿度が高い日はタオルを多めに持っていかないと。

細かい準備、で試合の勝敗は変わります。

 

2.コートサーフェスが、デコボコ・・・なときは?

相手も含めて、「やり辛い!」と感じるのはコートサーフェスでしょう。

公営のコートは特に、整備がいき届いていないコートも多い。

ひび割れたハードコート、砂が少なくなったオムニコート、イレギュラーだって頻繁に起きる。

そんなときに、相手と一緒になってイライラしても仕方ない。

ここは、「差」を付けるチャンスだと考えましょう。

 

3.コートサーフェスに影響を受けないショットは、サーブとボレー!

当たり前かも知れませんが、ボールを自分のコートにバウンドさせない、相手のコートにはさせる。

この原則を、しっかり確認しておきましょう。

サーブを安定させる、そして積極的にネットプレーを入れる事で、イレギュラーのリスクは減らせます。

またリターンでも、積極的に膝を曲げて目線を落とす、イレギュラーする前提の構えが出来ていれば、きっと大丈夫です!

心構えだけで、きっとこういう「乱れた環境」での試合は上手く運べる。

普通の人がやり辛い環境、って逆にチャンスだと思いませんか?

 

特に格上相手の試合のとき、私は「チャンス!」と思ってました。

強風、ボロボロのコート、気温は高い・・・となると、なんだか勝てる気になってくる。

まともな環境でやるより、ずっとチャンスがあるじゃないか!

そう思った者勝ち、です。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    先頭を走る人は、自分でしっかりルールを作って試合に臨んでいる

    試合でコンスタントに結果を出していく人、まさにトップランナー、ですよね…

  2. テニス 準備

    メンタル

    試合会場で、急にテニスが上手くなることは出来ない

    これも、当たり前のこと・・・でしょうか?私たちは、つい試合会場…

  3. テニス 打点

    メンタル

    コードボールに全力ダッシュを繰り返す人に、最後に運はこぼれてくる

    運を呼べる人、手放す人。私は、コードボールがその差が如実に現れ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    強いテニス選手になりたいなら、「ドローを見て自分の行く末を予想する」癖を無くしましょう

    「次の相手が誰だか、知らないんですよね」という言葉を、錦織選手…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です

    テニスの大会では、シード制度というものがある。テニス以外のスポ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    寒い冬の時期、テニスのトーナメント大会で「初戦で特に、注意すべきこと」について
  2. ダブルス

    何度でも書きますが、「ストレートを抜かれる前衛」こそ使える前衛です
  3. テニス 調子

    メンタル

    「嫌われるのではなく、嫌がられろ」このニュアンスを間違えると、テニス界で干されま…
  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「自分はネット、相手はバックハンドストローク」
  5. テニス ロブ

    戦術

    「大したことない」が、武器になる
PAGE TOP