テニス 雪

メンタル

普通の人がやり辛いと感じる環境で、普通にプレー出来れば勝てる

タフな試合に、勝ち切れるようになる。

それは、対戦相手がタフで粘り強いかどうか、だけじゃない。

テニスの試合は、どんな環境でどんなコートで行われるか、分かりませんよね。

初めて試合するコートで、「こんなコート・・・嫌だ!」と思っているうちは、まだまだ勝利は遠いでしょう。

 

普通の人がやり辛いと感じる環境で、普通にプレー出来れば勝てる

 


 

1.太陽光、風、湿度、気温・・・毎回環境は変わる

アナタは、実際に外での試合に強いと思いますか?

「気温が高いのは良いけど、風は嫌だな・・・」とか、色々あると思います。

全てを無理やり得意にする必要は無い。

大事なのは、しっかり自分で自分を知っておくこと。

風に弱い、と感じているのであれば、弱いなりの戦い方が出来る。

太陽光は帽子やサングラスで対応出来るし、湿度が高い日はタオルを多めに持っていかないと。

細かい準備、で試合の勝敗は変わります。

 

2.コートサーフェスが、デコボコ・・・なときは?

相手も含めて、「やり辛い!」と感じるのはコートサーフェスでしょう。

公営のコートは特に、整備がいき届いていないコートも多い。

ひび割れたハードコート、砂が少なくなったオムニコート、イレギュラーだって頻繁に起きる。

そんなときに、相手と一緒になってイライラしても仕方ない。

ここは、「差」を付けるチャンスだと考えましょう。

 

3.コートサーフェスに影響を受けないショットは、サーブとボレー!

当たり前かも知れませんが、ボールを自分のコートにバウンドさせない、相手のコートにはさせる。

この原則を、しっかり確認しておきましょう。

サーブを安定させる、そして積極的にネットプレーを入れる事で、イレギュラーのリスクは減らせます。

またリターンでも、積極的に膝を曲げて目線を落とす、イレギュラーする前提の構えが出来ていれば、きっと大丈夫です!

心構えだけで、きっとこういう「乱れた環境」での試合は上手く運べる。

普通の人がやり辛い環境、って逆にチャンスだと思いませんか?

 

特に格上相手の試合のとき、私は「チャンス!」と思ってました。

強風、ボロボロのコート、気温は高い・・・となると、なんだか勝てる気になってくる。

まともな環境でやるより、ずっとチャンスがあるじゃないか!

そう思った者勝ち、です。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「自分はテニスが下手」という言葉は、謙遜でも口にしたり文章に書いてはいけない

    テニスの実力、皆さんは自分で自分をどう感じているのか。もちろん…

  2. メンタル

    練習の頻度に関わらず、テニス歴3年以上なら「習う」段階から卒業していこう

    皆さんはテニスを、どこかで「習って」いますか?それとも「自分で…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    緊張しないように、という時点で既に緊張している

    試合でみなさんは、緊張しますか?人により差はあると思いますが、…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいては、「プレッシャーの中でのボールコントロールこそ、実力」という意識が大事

    練習で強い人、良いボールを打てる人は五万といる。テニスの世界で…

  5. メンタル

    タイブレークは、チェンジコートを節目に考えよう

    タイブレークに入ると、もう頭が真っ白。何をどうやって良いのか分…

  6. テニス テニスボール

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない・・・」スランプに陥ったら、答えはきっと試合の現場にある

    皆さんにとって、スランプの時期はありましたか?今まさにその時期…

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「最後は楽しんだもん勝ち」な感覚も大事
  2. 戦術

    ネガティブなミス、だけを減らせば勝てる
  3. 練習メニュー

    「これを試合で打てるのか?」の疑問は、アナタにしか持てない
  4. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ダブルスの並行陣に対抗する、「サーブ&ボレー対策」を練習するロブボレーメニュー
  5. テニス ステップ

    ストローク

    試合で効果的なドロップショットは、クロス方向へ打つのが基本
PAGE TOP