ボレー

テニスの試合で、「ネットプレーの構えが低く反応が遅い相手」には、フラット系の速いボールでアウトを誘うのも有効です

相手のネットプレーを観察していると、「ん?ここは狙い目かも?」と思うときがあります。

私がそう感じるのは、まず構え。

ラケットの位置が低い、または肘がピーンと伸びたような状態で構えている選手を観ると、早めに触らせてミスを誘いたいと考えます。

ボレーは相手が打ってから、到達するまで時間が短い。

だからこそ、「ちょっとした構えの基本」がずれている人は、ボールの対処が間に合わず打点が遅れてアウトしがちに。

ダブルスの前衛をチェックしたときに、ココに気付けると心理的にもずっと楽になれます。

 

テニスの試合で、「ネットプレーの構えが低く反応が遅い相手」には、フラット系の速いボールでアウトを誘うのも有効です

 


 

■野球で言うところの、フライアウトを誘うピッチング

野球に例えるのが適切か・・・は分かりませんが、よく振り遅れてフライアウトになる打者、これに近い感覚です。

相手が打ったボールにラケットの準備が間に合わず、ボレーでボールを抑え込むことが出来ていない状態。

このミスを誘うには、アナタが打つボールにもスピードが欲しい。

フラット系で合わせるようなショットが打てると、前衛はビックリして反応が遅れるはず。

力任せに打つのではなく、例えば前に入ってタイミングの速いライジングショットにしたり・・・という感じで、工夫しましょう。

ミスを誘うショットでアナタが先にミスしてしまっては、意味がありません。

 

■特にオススメが、ボディへの速いフラットショット

構えが低い、遅い選手は、正面のボールの対応に苦手意識がある。

もちろん、テニスでは難しい処理の一つですが、相手の構えをチェックして「ココにこのスピードで打てば、処理は遅れそうだな・・・」という雰囲気を感じて欲しい。

正面だけでなく、あえてハイボレーなんかも打たせてみるのも面白い。

ネットプレーって、ラケットを上にセットするのには結構時間と労力ががかかる。

きっと速いタイミングで不意を突くようなショットが打てれば、慌ててラケットを出して振り遅れてアウト、という感じになってくれるでしょう。

観察して実行する、そしてその反応をまた観察するのが、テニス試合での基本です。

 

■ダブルスの前衛を相手にしたときには、有効に使おう!

ダブルスの試合で、私はこの作戦で結構相手の前衛を揺さぶります。

ストレートに抜こうとするのではなく、速いボールで構えていないとき、油断してそうなときに振り遅れを誘ってみる。

もちろん、相手に対応されて普通に返球されるときもありますが、その時は落ち着いて一度後衛に返球すればOK。

作戦はそれ自体が上手くいかなかったとき、どうするかの準備も大事です。

 

この記事を読んで、「ドキッ」とした方・・・いませんか?

ネットプレーの構えは、実は出来ているようで出来ていない人も多い。

軽く肘を曲げて、胸の前でバックハンド側のラケット面を向ける、膝を軽く曲げる。

グリップ位置は、おへその前くらいが理想でしょうか。

一度この基本、鏡の前で見直してみても良いでしょう。

どこにどんなスピードでボールが来ても、リラックスして早い反応が出来るように、練習しましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. ボレー

    ハーフバウンドの低いボールを、すくい上げようとしても上手くいかない

    足元のボレーが、弱い人。そういう人は、まずもってハーフボレーが…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由

    ダブルスの試合、サーブ側の前衛。よく考えると、この選手が一番攻…

  3. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの長短の使い分けを、ミス無く打つ方法とは?

    自分が打ってるボレー、長さを上手く調整したい。ドロップボレーも…

  4. テニス リターン

    ボレー

    ローボレーが苦手な人は、「ネット上50cmを狙ってスライス回転」をかければ上手くいく!

    ネットより低い位置のボレー。に、苦手意識を持っている人は多いで…

  5. テニス 練習

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレー対ストロークのラリー練習が続かない」人が見直したい4つの意識

    テニスの練習、球出しからラリー練習まで様々ありますが、最初の「壁」とな…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    「粘れるネットプレーのキーポイント」テニスの試合では構え直しが全てを決める

    試合の中でボレーをする時ってどういう場面だろう。ストロークに比…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「1、2のストローク」のタイミングで打てるようになると、アナタのテニスは変わる!…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスパートナーとの話し合い」テニスの試合で必要な、情報共有のポイント5つ
  3. テニス ストローク

    ストローク

    深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」の改善で強くなれる!
  4. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークを前衛の足元に沈めたい・・・」並行陣を崩すコンパクトなストローク術5…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    スライスボレーを流してストレートに打ちたいなら、ラケットヘッドを下げて良い
PAGE TOP