ボレー

テニスの試合で、「ネットプレーの構えが低く反応が遅い相手」には、フラット系の速いボールでアウトを誘うのも有効です

相手のネットプレーを観察していると、「ん?ここは狙い目かも?」と思うときがあります。

私がそう感じるのは、まず構え。

ラケットの位置が低い、または肘がピーンと伸びたような状態で構えている選手を観ると、早めに触らせてミスを誘いたいと考えます。

ボレーは相手が打ってから、到達するまで時間が短い。

だからこそ、「ちょっとした構えの基本」がずれている人は、ボールの対処が間に合わず打点が遅れてアウトしがちに。

ダブルスの前衛をチェックしたときに、ココに気付けると心理的にもずっと楽になれます。

 

テニスの試合で、「ネットプレーの構えが低く反応が遅い相手」には、フラット系の速いボールでアウトを誘うのも有効です

 


 

■野球で言うところの、フライアウトを誘うピッチング

野球に例えるのが適切か・・・は分かりませんが、よく振り遅れてフライアウトになる打者、これに近い感覚です。

相手が打ったボールにラケットの準備が間に合わず、ボレーでボールを抑え込むことが出来ていない状態。

このミスを誘うには、アナタが打つボールにもスピードが欲しい。

フラット系で合わせるようなショットが打てると、前衛はビックリして反応が遅れるはず。

力任せに打つのではなく、例えば前に入ってタイミングの速いライジングショットにしたり・・・という感じで、工夫しましょう。

ミスを誘うショットでアナタが先にミスしてしまっては、意味がありません。

 

■特にオススメが、ボディへの速いフラットショット

構えが低い、遅い選手は、正面のボールの対応に苦手意識がある。

もちろん、テニスでは難しい処理の一つですが、相手の構えをチェックして「ココにこのスピードで打てば、処理は遅れそうだな・・・」という雰囲気を感じて欲しい。

正面だけでなく、あえてハイボレーなんかも打たせてみるのも面白い。

ネットプレーって、ラケットを上にセットするのには結構時間と労力ががかかる。

きっと速いタイミングで不意を突くようなショットが打てれば、慌ててラケットを出して振り遅れてアウト、という感じになってくれるでしょう。

観察して実行する、そしてその反応をまた観察するのが、テニス試合での基本です。

 

■ダブルスの前衛を相手にしたときには、有効に使おう!

ダブルスの試合で、私はこの作戦で結構相手の前衛を揺さぶります。

ストレートに抜こうとするのではなく、速いボールで構えていないとき、油断してそうなときに振り遅れを誘ってみる。

もちろん、相手に対応されて普通に返球されるときもありますが、その時は落ち着いて一度後衛に返球すればOK。

作戦はそれ自体が上手くいかなかったとき、どうするかの準備も大事です。

 

この記事を読んで、「ドキッ」とした方・・・いませんか?

ネットプレーの構えは、実は出来ているようで出来ていない人も多い。

軽く肘を曲げて、胸の前でバックハンド側のラケット面を向ける、膝を軽く曲げる。

グリップ位置は、おへその前くらいが理想でしょうか。

一度この基本、鏡の前で見直してみても良いでしょう。

どこにどんなスピードでボールが来ても、リラックスして早い反応が出来るように、練習しましょう!

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?

    テニスの試合、試合が上手い選手は決してボールは速くない。でも効…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    フォアハンドハイボレーの隠れたコツは、「自分のポジションによって支点を変えること」です

    フォアハンドボレー、試合の中で安定感があるかどうか。これって、…

  3. ボレー

    ボレーが飛ばない人は、どこかで恐怖心を克服しないと

    ネットプレー、ボレーで自分のボールが飛ばないと感じているみなさん。…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    身体から遠い位置のボレーは、あえてインパクト面を残して安定感アップ!

    テニスの試合、練習のように自分の身体近くにばかりボールは飛んで来ない。…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    ファーストボレーで無理してばかりでは、並行陣で戦えない

    ダブルスの試合、年齢が上がるに従って並行陣で戦う選手は増える。…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由

    ダブルスの試合、サーブ側の前衛。よく考えると、この選手が一番攻…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    タッチ感覚は、「ボールのどこをラケットで触るのか」の方が大事
  2. テニス メンタル

    戦術

    環境や雰囲気に、自分の感覚が流されてはいけない
  3. テニス メンタル

    メンタル

    逆境に燃える心は、テニスコートだけでは養えない
  4. テニス ロブ

    ストローク

    ロブがいつも甘くなる人は、「軌道の頂点をどこに置くか?」をまず考えて打てば攻撃的…
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュのコントロールを磨きたければ、「人に向かって打たない」意識を強く持とう…
PAGE TOP