テニス メンタル

メンタル

ストレス無く試合に勝つなんて、最初から考えない方が良い

気持ち良く、試合に勝って終わりたい。

それは難しいと分かっていても、どうしても試合前はそんな気持ちになりますよね。

この小さい考えが、アナタを勝利から遠ざけていく。

ストレスから逃げて、試合に勝つことはテニスの試合では難しい。

どんな相手でも、多かれ少なかれストレスはアナタにかかってくるのです。

 

ストレス無く試合に勝つなんて、最初から考えない方が良い

 


 

1.ストレスは自分自身が生み出しているもの

想定通りに、試合が進まない。

思ったよりも相手が強い、自分のサーブが入らない。

これは、どんな試合でも起きること。

そして、だんだんと勝敗が見えてくると大きなストレスがかかってくる。

これは、勝利を目の前にしても同じ、です。

負けるときだけじゃない。

でもその全てのストレスは、アナタ自身が自分で生み出している、ことに気付いて欲しいのです。

 

2.相手はコントロール出来ない、コントロール出来るのは自分

どんなに準備万端で入っても、試合は始まってみないと分からない。

色々観察して相手を崩そうとしても、相手の最高の調子が止まらないときだってあります。

もはや、相手を変えることが難しい、ことだってテニスの試合では多い。

では変えられるのは?

そう、自分自身だけ、です。

コートの現場でストレスを感じ、それに対応していく自分に変えていくことは出来る。

難しいので、なかなか出来る人が少ないのですが・・・だからこそ、チャンスなんです。

 

3.ストレスを感じない人は、成功を追い求めない人

いつも伸び伸び、ストレスなく試合をしている人・・・いるでしょうか?

中にはいるかも知れませんね。

でもその人は、人知れず自分のストレスをきっと隠しているはず。

本当にストレスを感じない人は、メンタルが強いのではなく「成功を追い求めない人」でしょう。

勝っても負けても、感情の起伏が無い。

まぁ、そんな人が勝ち進めるほどテニスの世界は甘くないですが・・・。

ストレスは感じて当たり前、どう向き合うか次第です。

 

テニスで乗り越えられれば、それはきっと勉強でも仕事でも、何にでも応用が効く。

大事な場面で頑張れるかどうか、それはアナタがテニスコートで頑張れるかどうかに比例する。

私たちは、テニスを通じて訓練出来る場があるだけ、幸せかも知れません。

そう思って、準備してみませんか?

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. メンタル

    格上選手が負ける時は、力でねじ伏せることに固執した時

    テニスに限らずだと思いますが、スポーツの世界ってこれが怖い。格…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    あるレベル以上になると「リスクを伴わない変化」で、テニスが強くなれる訳が無い

    テニスは、あるレベルまでは「ある程度」自然に上達する。個人差は…

  3. メンタル

    コードボールは、決してラッキーや偶然なんかじゃない

    テニスボールは、とても正直。私は、また最近そう感じています。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    周りに同調を求めても、良いことは無い

    最近、私自身が感じること。T-PRESSの活動も早5年以上に…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    自分でコントロール出来ない要素に言い訳、テニス選手の成長を阻害していく

    言い訳が多いテニス選手は、まず試合で結果を出せない。そういう選…

  6. テニス 雨

    メンタル

    テニスの試合でも「自分のイライラの要因」が分からないから、人はネガティブ思考になる

    テニスの試合で、ネガティブ思考が止まらない人。なかなか、試合で…

特集記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    並行陣を作るサーブ&ボレーでは、「サーバーはセンターに寄って、外側のボレ…
  2. テニス リターン

    リターン

    リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリター…
  3. テニス ボレー

    フットワーク

    相手の当たり損ない、を追いかけられる選手に
  4. テニス ダブルス

    リターン

    シングルスの試合でのリターンは、ワイドからの切り返しが効きやすい
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「フォアハンドの速いストロークで攻撃していく」スタイルが危ない、…
PAGE TOP