テニス メンタル

メンタル

ストレス無く試合に勝つなんて、最初から考えない方が良い

気持ち良く、試合に勝って終わりたい。

それは難しいと分かっていても、どうしても試合前はそんな気持ちになりますよね。

この小さい考えが、アナタを勝利から遠ざけていく。

ストレスから逃げて、試合に勝つことはテニスの試合では難しい。

どんな相手でも、多かれ少なかれストレスはアナタにかかってくるのです。

 

ストレス無く試合に勝つなんて、最初から考えない方が良い

 


 

1.ストレスは自分自身が生み出しているもの

想定通りに、試合が進まない。

思ったよりも相手が強い、自分のサーブが入らない。

これは、どんな試合でも起きること。

そして、だんだんと勝敗が見えてくると大きなストレスがかかってくる。

これは、勝利を目の前にしても同じ、です。

負けるときだけじゃない。

でもその全てのストレスは、アナタ自身が自分で生み出している、ことに気付いて欲しいのです。

 

2.相手はコントロール出来ない、コントロール出来るのは自分

どんなに準備万端で入っても、試合は始まってみないと分からない。

色々観察して相手を崩そうとしても、相手の最高の調子が止まらないときだってあります。

もはや、相手を変えることが難しい、ことだってテニスの試合では多い。

では変えられるのは?

そう、自分自身だけ、です。

コートの現場でストレスを感じ、それに対応していく自分に変えていくことは出来る。

難しいので、なかなか出来る人が少ないのですが・・・だからこそ、チャンスなんです。

 

3.ストレスを感じない人は、成功を追い求めない人

いつも伸び伸び、ストレスなく試合をしている人・・・いるでしょうか?

中にはいるかも知れませんね。

でもその人は、人知れず自分のストレスをきっと隠しているはず。

本当にストレスを感じない人は、メンタルが強いのではなく「成功を追い求めない人」でしょう。

勝っても負けても、感情の起伏が無い。

まぁ、そんな人が勝ち進めるほどテニスの世界は甘くないですが・・・。

ストレスは感じて当たり前、どう向き合うか次第です。

 

テニスで乗り越えられれば、それはきっと勉強でも仕事でも、何にでも応用が効く。

大事な場面で頑張れるかどうか、それはアナタがテニスコートで頑張れるかどうかに比例する。

私たちは、テニスを通じて訓練出来る場があるだけ、幸せかも知れません。

そう思って、準備してみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします

関連記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    1セットマッチ、「5-5や6-6は望むところ」でありたい

    1セットマッチの試合、私たちの試合ではほとんどがコレですよね。…

  2. メンタル

    リードしている側が苦しい、のがテニスの試合です

    テニスの試合、負けているのが苦しい?でも、それって実際は、そう…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    丁寧なテニスが出来ている限り、アナタはそう簡単に負けることは無い

    私は、断言します。テニス選手として必要なこと。それは、…

  4. テニス 準備

    メンタル

    「テニスノート」をつけるときに盛り込みたい要素とは?

    マンガ「ベイビーステップ」の流行もあり、改めて見直されているテニスノー…

  5. テニス ボレー

    メンタル

    テニスでチャンスを活かせる人は、日頃から準備が出来ている

    チャンスに強い人、は本番にも強い。結果も出せる。でも・…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニス部の後輩に負けて悔しいなら、その後輩の為にもっと強くなろう

    先日、相談を頂いた学生の方で「後輩に負けて、悔しくて泣きそうです・・・…

特集記事

  1. 戦術

    大事な試合に、どう臨むのか?
  2. 練習メニュー

    サーブ側の前衛、の予測力を高める簡単な練習法
  3. テニス メンタル

    ストローク

    スピンがあるからスライス、スライスがあるからスピンが活きる
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    理想を高く持てる選手が、その理想に近付いていける
  5. テニス サーブ

    サーブ

    実戦で使えるサーブは、「ワイドへのコースは軌道を高め」を意識しよう!
PAGE TOP