テニス ボレー

ボレー

サーブ&ドライブボレーは、現代テニスの必勝形

私が中学生、高校生くらいの頃は、男子の選手は半分くらいがサーブ&ボレー。

私もこれに憧れて、特にウィンブルドンの試合はサーブ&ボレー側の選手を、テレビの前で応援していたものです。

さて、今の時代はどうでしょうか?

もう、サーブ&ボレーなんて絶滅危惧種?

そうでも無いと思いますよ。

私は、現代テニスならではのやり方、で前に出るのはすごく効果的だと思います。

 

サーブ&ドライブボレーは、現代テニスの必勝形

 

1.ドライブボレーの進化、が凄い

ジュニアや学生の方の試合を観ていても、感じます。

男子も女子も、みんなドライブボレーが上手い。

ストロークの打ち方で、少しグリップを厚く握ってしっかり振り抜いているので、バウンド後も伸びが凄い。

でもこれ、若い選手だけの特権ではないですよ。

サーブで追い込んで、ドライブボレーで展開していく。

これは、私たち社会人にも出来る、非常に効果的な戦術だと思います。

 

2.スライスボレーは、相手も慣れやすい

実際に、サーブ&ボレーのボレー、基本はスライスボレー。

でも、これだけだと相手も慣れてしまうんですよね。

ダブルスの試合でも、いつの間にかリターン側の方が優位、になったりする。

それに、フワッと浮いたボールって、意外とスライスボレーって難しいじゃないですか。

だからこそ、サーブ&ドライブボレー、でいくようなポイントを作っても良い。

ダブルスだけじゃない、シングルスでも、ですね。

 

3.サーブを打ち終わる、と同時にフォアハンドの厚いグリップにチェンジ!

ドライブボレーは、やっぱりフォアハンドで展開したい。

つまり、サーブを打った後に、もうグリップを変えてしまうんです。

フォアハンドの厚いグリップ、で待って前に出る。

ファーストサーブが入れば、そんなに厳しいリターンがコーナーいっぱいに来ることは少ないですよね。

だから、思い切ってグリップチェンジ出来るんです。

サーブを打って2~3歩前に出て、相手のリターンを、そのままノーバウンドでドライブボレー。

ある程度、このコースは甘くてOK。

狙いは、アクセントを加えて相手をビビらせることですから。

 

4.甘いリターンは叩かれる、と刷り込もう

これが狙い、です。

サーブ&ドライブボレー、のような思い切った策で、相手の緩い返球を潰す。

迷いを生じさせて、無理してもらうのが一番です。

多少ハッタリでも良いので、相手に「甘いボールは、すぐにドライブボレーで返すよ」というメッセージを送る。

焦らないで、リラックスして振り切ること、が大事ですね。

思い切って、スウィングスピードは上げていきましょう、多少アウトするくらい、でもコートに収まるはずです。

一見強引な戦術に見えますが、私は実に理にかなっていて、現代テニスに使える策だと思いますよ。

 

「何だか乱暴な作戦」と思うかも知れません。

ですが、打ってみれば分かります、意外と力は要りませんから。

力んでしまうと、もったいない。

しっかり前に入って、アウトするくらいラケットを振っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「必須グリップチェンジ」の為に、ニュートラルな状態で待つことがテニスの試合では必要!

    俺が初めて試合に出場した高校一年生の5月、その段階では、フォアはフラッ…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    チャンスを決めるパンチの効いたボレー、ラケットヘッドの使い方に秘密有り

    バシッとボレーで、しっかり決めたい。パンチ力のあるボレーでミス…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは、「スライス回転をかけるから安定する」ことに気付けると、テニスはもっと楽しくなる!

    テニスはレベルが上がれば上がるほど、「ボールの回転」でコースやスピード…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で「2バックの粘るペア」を崩す為に必要なネットプレーの心得え4つ

    学生でも社会人でも、「この相手はサーブが良いな・・・」と感じると、リタ…

  5. テニス チャンス

    ボレー

    「横向きボレーメリット1.2.3」テニスで必要な身体の向きをネットプレーで磨こう!

    ボレーを打つ時、ちゃんと横向き出来ているだろうか。横向きが出来…

  6. テニス ミス

    ボレー

    「ダブルスの前衛として良いプレーが出来ているかどうか」、それは対戦相手が決めることです

    先週末の練習で、一つ気になることがあったので書いてみます。「ポ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. サーブ

    サーブで身体が開かないようにするには、「上げた腕をキープする」だけで簡単に出来ま…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    試合に勝ちたければ、「角度を付けるボレー」を打つ勇気を持つこと
  3. テニス 走力

    戦術

    テニスの試合で初対戦のときは、先に動くに限る
  4. サーブ

    良いサーブの後に、人はなぜ力んでしまうのか
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスでやたらと自分の負け試合を美談にする人」は、そのまま生涯3回戦止まりで終…
PAGE TOP