テニス ストローク

シングルス

相手から時間を奪うテニス、に必要なのはライジングショットだけじゃない

シングルスの試合で、相手から時間を奪うテニス。

まさに、錦織選手が強かったときのテニス・・・ですよね。

昨日のナダル選手との試合を観ていて、感じた方も多いと思います。

私たちも、やろうと思えば実践出来る。

ただし、ライジングショットだけに頼っていては辛いんです。

 

相手から時間を奪うテニス、に必要なのはライジングショットだけじゃない

 


 

1.ライジングショットは、攻撃の基本

ベースラインから下がらない、深いショットも速いテンポで返球する。

多少ミスしても、このスタンスはシングルスの試合で大事です。

相手が打って、戻る前にボールを戻してしまう。

時間を奪う、良い形になるでしょう。

でも・・・強い相手は、これだけでは難しい。

「あ、この相手はテンポが速いな」と気付けば、それなりに対応を変えて来る。

ライジングショット仕様、の戻り方に変えて来るのが強い相手、ですね。

 

2.ライジングショット以上に、時間を奪うショットは?

そう、ネットプレーですね。

相手が打ってきたストロークを、バウンドさせない。

相手が打つ前にするするっと前に出て、ボレーでオープンスペースに打っていく。

この勇気、が無いと時間は奪えない。

スライスボレーでも良いですが、時にはフォアハンドならドライブボレー、という選択も有りでしょう。

女子シングルスの試合でも、よく見るパターンですよね。

ドライブボレーなら、スピン回転でバウンド後も伸びていくから相手は苦しくなる。

時間を奪い、スペースを攻撃していくテニスこそ、シングルスの醍醐味でもあります。

 

3.相手が「時間を奪われた!」と感じる時は?

やっぱり、意表を突かれた時。

ゆったりしようと思っていたのに、速いペースになる。

構え直そうと思ったのに、間に合わない。

こういうポイントって、シングルスでは実に嫌なんですよね。

ダブルスならペアが多少カバーしてくれますが、シングルスは自分一人ですからね。

明らかに間に合わない、タイミングを狂わされるのって本当に嫌なはず。

相手の意表を突くテニス、アナタ自身に何が出来るでしょうか?

ライジングショット、ネットプレー、まだまだあると思いませんか?

 

4.リターンからの速攻、も覚えていこう!

私がお勧めなのは、リターンからリズムを上げること。

前に入ってライジングでリターン、そこからネットに出る。

とにかく、相手にサーブの後の構え直しの時間すら与えないようなイメージです。

これを一度、序盤にやっておくだけで、相手はすごく警戒してくれますよ。

サーブへの集中力も乱れる。

ラリーになったら、それはそれで前に出たり、ライジングショットを入れたりして揺さぶる。

とにかく、一定のリズムで相手にプレーさせない、のが第一ですね。

 

相手がつなぐ瞬間、ゆったりしたいとき、を見逃さないこと。

時間を奪うには、アナタ自身がタイミングを変えるかポジションを変える、しかないですからね。

錦織選手がクレーで戦うその姿、にはたくさんヒントがあるはずです。

ショットの威力、は比較にならないですけど、戦術自体はすごく参考になりますから。

ぜひ、これからも一緒にチェックしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. 食事

    シングルス

    シングルスで結果を出してこそ、アナタは本物の自信を入れ得るとこが出来る

    テニスの試合は、ダブルス中心。私の肌感覚では、T-PRESS読…

  2. シングルス

    シングルスでのリターンで、確実に優位に立つには?

    シングルスの試合で、リターンから攻撃していきたい。でも、サイド…

  3. シングルス

    ダウンザライン方向に山なりなボール、を使えばシングルスの試合で有効打に

    シングルスの試合で、どう攻めて良いのか分からない、という方へ。…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

    少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。アナタ自身、どんな一年を…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習で必要な意識5つ

    テニスのシングルスを戦う選手は、ここぞという場面でしっかりストレートに…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手・・・」な人は、シンプルにクロスラリー勝負を徹底しよう!

    シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手で・・・」という方の声を聞く機会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 準備

    メンタル

    勝っていようが負けていようが、自分の中で「変えない作法」はあるか?
  2. リターン

    試合の序盤のリターンは、確率重視でいこう!
  3. テニス シューズ

    その他

    「呼吸法からテニスのショットを考える」と、試合の中でもリラックスして良いリズムで…
  4. テニス トレーニング

    テニス知識

    プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. ボレー

    ダブルスの試合で、「バックボレーだからポーチに出れない」という前衛発想は、もった…
PAGE TOP