テニス ストローク

シングルス

相手から時間を奪うテニス、に必要なのはライジングショットだけじゃない

シングルスの試合で、相手から時間を奪うテニス。

まさに、錦織選手が強かったときのテニス・・・ですよね。

昨日のナダル選手との試合を観ていて、感じた方も多いと思います。

私たちも、やろうと思えば実践出来る。

ただし、ライジングショットだけに頼っていては辛いんです。

 

相手から時間を奪うテニス、に必要なのはライジングショットだけじゃない

 

1.ライジングショットは、攻撃の基本

ベースラインから下がらない、深いショットも速いテンポで返球する。

多少ミスしても、このスタンスはシングルスの試合で大事です。

相手が打って、戻る前にボールを戻してしまう。

時間を奪う、良い形になるでしょう。

でも・・・強い相手は、これだけでは難しい。

「あ、この相手はテンポが速いな」と気付けば、それなりに対応を変えて来る。

ライジングショット仕様、の戻り方に変えて来るのが強い相手、ですね。

 

2.ライジングショット以上に、時間を奪うショットは?

そう、ネットプレーですね。

相手が打ってきたストロークを、バウンドさせない。

相手が打つ前にするするっと前に出て、ボレーでオープンスペースに打っていく。

この勇気、が無いと時間は奪えない。

スライスボレーでも良いですが、時にはフォアハンドならドライブボレー、という選択も有りでしょう。

女子シングルスの試合でも、よく見るパターンですよね。

ドライブボレーなら、スピン回転でバウンド後も伸びていくから相手は苦しくなる。

時間を奪い、スペースを攻撃していくテニスこそ、シングルスの醍醐味でもあります。

 

3.相手が「時間を奪われた!」と感じる時は?

やっぱり、意表を突かれた時。

ゆったりしようと思っていたのに、速いペースになる。

構え直そうと思ったのに、間に合わない。

こういうポイントって、シングルスでは実に嫌なんですよね。

ダブルスならペアが多少カバーしてくれますが、シングルスは自分一人ですからね。

明らかに間に合わない、タイミングを狂わされるのって本当に嫌なはず。

相手の意表を突くテニス、アナタ自身に何が出来るでしょうか?

ライジングショット、ネットプレー、まだまだあると思いませんか?

 

4.リターンからの速攻、も覚えていこう!

私がお勧めなのは、リターンからリズムを上げること。

前に入ってライジングでリターン、そこからネットに出る。

とにかく、相手にサーブの後の構え直しの時間すら与えないようなイメージです。

これを一度、序盤にやっておくだけで、相手はすごく警戒してくれますよ。

サーブへの集中力も乱れる。

ラリーになったら、それはそれで前に出たり、ライジングショットを入れたりして揺さぶる。

とにかく、一定のリズムで相手にプレーさせない、のが第一ですね。

 

相手がつなぐ瞬間、ゆったりしたいとき、を見逃さないこと。

時間を奪うには、アナタ自身がタイミングを変えるかポジションを変える、しかないですからね。

錦織選手がクレーで戦うその姿、にはたくさんヒントがあるはずです。

ショットの威力、は比較にならないですけど、戦術自体はすごく参考になりますから。

ぜひ、これからも一緒にチェックしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    シングルス

    「シングルスではポジションによって、異なる力がある」攻撃と守備、一人でこなすバランス感覚とは?

    シングルスを戦うときに、ポジションごとに攻撃力・守備力を意識したことは…

  2. シングルス

    シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻撃について

    シングルスの試合で、ストロークから相手を揺さぶる。色々と相手の…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、「リズム良くサーブを打ってくる、調子が良さそうな相手」には、深いリターンで正面を…

    昔のアガシ選手がそうでしたが、サーブをリズム良くポンポン打ってくる相手…

  4. テニス ボレー
  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう

    シングルスの試合は、どんどん早く進んでしまいがち。ダブルスのよ…

  6. テニス 雨

    シングルス

    長い試合に慣れている人は、後半にペースを上げることが出来る

    特に、シングルスの試合ですかね。毎回長い試合をものにしていくの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    自分が作った言葉で、自分のテニス論理は整理できる
  2. テニス メンタル

    メンタル

    アナタは一人で走っている?だったらここまで辿り着いていますか?
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということで…
  4. テニス メンタル

    サーブ

    狙った場所にサーブを打って入れる、のに必要なシンプルなコツ4つ
  5. ロブ

    前に入りながらロブ、が攻撃的なテニスの基本
PAGE TOP