テニス ストローク

シングルス

相手から時間を奪うテニス、に必要なのはライジングショットだけじゃない

シングルスの試合で、相手から時間を奪うテニス。

まさに、錦織選手が強かったときのテニス・・・ですよね。

昨日のナダル選手との試合を観ていて、感じた方も多いと思います。

私たちも、やろうと思えば実践出来る。

ただし、ライジングショットだけに頼っていては辛いんです。

 

相手から時間を奪うテニス、に必要なのはライジングショットだけじゃない

 


 

1.ライジングショットは、攻撃の基本

ベースラインから下がらない、深いショットも速いテンポで返球する。

多少ミスしても、このスタンスはシングルスの試合で大事です。

相手が打って、戻る前にボールを戻してしまう。

時間を奪う、良い形になるでしょう。

でも・・・強い相手は、これだけでは難しい。

「あ、この相手はテンポが速いな」と気付けば、それなりに対応を変えて来る。

ライジングショット仕様、の戻り方に変えて来るのが強い相手、ですね。

 

2.ライジングショット以上に、時間を奪うショットは?

そう、ネットプレーですね。

相手が打ってきたストロークを、バウンドさせない。

相手が打つ前にするするっと前に出て、ボレーでオープンスペースに打っていく。

この勇気、が無いと時間は奪えない。

スライスボレーでも良いですが、時にはフォアハンドならドライブボレー、という選択も有りでしょう。

女子シングルスの試合でも、よく見るパターンですよね。

ドライブボレーなら、スピン回転でバウンド後も伸びていくから相手は苦しくなる。

時間を奪い、スペースを攻撃していくテニスこそ、シングルスの醍醐味でもあります。

 

3.相手が「時間を奪われた!」と感じる時は?

やっぱり、意表を突かれた時。

ゆったりしようと思っていたのに、速いペースになる。

構え直そうと思ったのに、間に合わない。

こういうポイントって、シングルスでは実に嫌なんですよね。

ダブルスならペアが多少カバーしてくれますが、シングルスは自分一人ですからね。

明らかに間に合わない、タイミングを狂わされるのって本当に嫌なはず。

相手の意表を突くテニス、アナタ自身に何が出来るでしょうか?

ライジングショット、ネットプレー、まだまだあると思いませんか?

 

4.リターンからの速攻、も覚えていこう!

私がお勧めなのは、リターンからリズムを上げること。

前に入ってライジングでリターン、そこからネットに出る。

とにかく、相手にサーブの後の構え直しの時間すら与えないようなイメージです。

これを一度、序盤にやっておくだけで、相手はすごく警戒してくれますよ。

サーブへの集中力も乱れる。

ラリーになったら、それはそれで前に出たり、ライジングショットを入れたりして揺さぶる。

とにかく、一定のリズムで相手にプレーさせない、のが第一ですね。

 

相手がつなぐ瞬間、ゆったりしたいとき、を見逃さないこと。

時間を奪うには、アナタ自身がタイミングを変えるかポジションを変える、しかないですからね。

錦織選手がクレーで戦うその姿、にはたくさんヒントがあるはずです。

ショットの威力、は比較にならないですけど、戦術自体はすごく参考になりますから。

ぜひ、これからも一緒にチェックしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. シングルス

    バックハンドのダウンザイン、相手にどんどん打たせよう

    シングルスの試合での、私の基本的な考え方の一つです。これがバン…

  2. シングルス

    シングルスの試合ではまず、「70点のショットを3連続」を意識しよう

    シングルスの試合で、最初の入り方。サーブからでもリターンからで…

  3. テニス 錦織圭

    シングルス

    「全米オープン 錦織選手の敗退」に考える、シングルスでのシード選手との戦い方

    全米オープンでの錦織選手の初戦敗退。ショッキングなニュースが日…

  4. シングルス

    シングルスでのネットフォルト、とことん自分が損するだけ

    シングルスの試合で、セルフジャッジ。そんなときに、何気なく打っ…

  5. テニス 戦術

    シングルス

    「相手に攻撃させないテニス」を意識して戦おう

    試合を勝ち抜いていけば、強い相手との対戦は避けられない。男性で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ボレー対ストロークのリズム、を体感しよう
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「パッシングで抜かれない選手」になる為に、意識したい5つのポイント
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    最近のスポーツニュースを観て思うこと
  4. テニス 予測

    メンタル

    大事なポイントで、正確な予測をする為に
  5. テニス 防寒

    テニス知識

    寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
PAGE TOP