テニス 格上相手

戦術

粘り強く勝てる人は「同じことを根気よく繰り返す」ことが出来る人

試合の中で、粘りが足りないで淡泊な試合が多い人は、なかなか勝てない人が多い。

そもそも、淡泊な試合って、なんで増えてしまうのか。

それは、人は「継続して続けることが難しい」のが普通だから。

試合だって、まさにそうですよね。

 

粘り強く勝てる人は「同じことを根気よく繰り返す」ことが出来る人

 


 

1.色々試す、のは悪いことじゃないけど・・・

私は、色々試すなら試合の序盤、狙いを絞って、がベストだと思います。

相手があるスポーツですから、まずは色々な技術を試させたい。

フォア、バック、ボレーにスマッシュ、ドロップショットの処理・・・を、探る意味で相手に全て打たせてみる。

でもそこから先、試合の中盤から後半は、「何かをしつこく続けていく」ことも大事になってくる。

根気よく、しっかり狙った作戦を続けていくことって、意外と勇気が要るんですよね。

 

2.試合では不安だから、色々やって動きたくなる

テニスの試合、せっかく効きはじめた作戦を「捨てて」しまう人は多い。

ちょっと試してダメだと、「これはダメだな・・・次だ・・・」と、見切りを付けてしまう。

相手は、せっかくアナタの作戦を意識し出したのに、もったいない・・・と思うことが、私も観ていて多々あります。

やっぱり試合では、不安だからこそ色々とやりたくなる。

変えていくのは良いけど、根拠が無いとそこに「強さ」は生まれない。

結果的にどんな試合がしたかったのか、何がしたかったのか・・・を、見いだせない試合になってはいませんか?

 

3.根気の良い攻めは、「強い相手にほど効く」のがテニス

実際に、試合の中で効くのは「根気よく、続けること」が大事になってくる。

試合に強くなりたければ、何回でも相手に見せ付ける、失敗してもくじけないような作戦が効いて来る。

これは、試合慣れした強い相手程、効くんです。

しっかり意図がある、考えたテニスをやって来る相手は、レベルに限らず嫌ですからね。

何かを続ける、根気よく相手と向き合う勇気、アナタにはありますか?

 

きっと、みんな「作戦が効いてきたくらい」で諦めるんです。

もったいない・・・相手を楽にさせているだけ、な場合が多い。

やり続けることで、相手も考えて動く、からそこに隙が生まれる。

試合の中で、ぜひアナタ自身も意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【終了しました!4/16(土)レッスンイベント】佐藤博康プロと3時間 ダブルス練…
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス 雨

    戦術

    第1シードの選手が相手なら、「良いプレー」だけじゃ足りない

    アナタが出場する試合。そこで考えないといけないのは、「いかに強…

  2. テニス メンタル

    戦術

    ピンチでコースを張って逆を突かれたら、全力でウォッチ&ジャッジを

    私たちの試合は、ほとんどがセルフジャッジ。その中で、結構多いミ…

  3. テニス リターン

    戦術

    テニス選手の中で、「武器を活かせる選手とそうでない選手」の違いはどこにあるのか?

    テニス選手にも、同じ環境でもスピードの違いに差が出るのが面白いところ。…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「目の前のリード」など、一瞬の安らぎにもならない

    繰り返し書いて来ましたが、まだまだ私たちの意識は甘い。リードし…

  5. テニス 駆け引き

    戦術

    自分の武器を活かすなら、相手の対応パターンを熟知しておこう

    試合で使える武器、戦術は何か?普段から、みなさんも自分で考えて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 環境

    メンタル

    「試合に勝てる選手」になりたければ、テニスが上達すること、環境が変わっていくこと…
  2. テニス 走力

    メンタル

    テクニックを嫌う人は、いつまで経っても勝者の側にはいけない
  3. テニス メンタル

    その他

    自分を変えたければ、付き合う人を変えるのが一番
  4. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、「腕を真っ直ぐ」にすることでパワーアップ!
  5. テニス 準備

    その他

    テニスの草トー団体戦で見かける「対戦したくない迷惑なチーム」の特徴5つ
PAGE TOP