テニス 格上相手

戦術

粘り強く勝てる人は「同じことを根気よく繰り返す」ことが出来る人

試合の中で、粘りが足りないで淡泊な試合が多い人は、なかなか勝てない人が多い。

そもそも、淡泊な試合って、なんで増えてしまうのか。

それは、人は「継続して続けることが難しい」のが普通だから。

試合だって、まさにそうですよね。

 

粘り強く勝てる人は「同じことを根気よく繰り返す」ことが出来る人

 


 

1.色々試す、のは悪いことじゃないけど・・・

私は、色々試すなら試合の序盤、狙いを絞って、がベストだと思います。

相手があるスポーツですから、まずは色々な技術を試させたい。

フォア、バック、ボレーにスマッシュ、ドロップショットの処理・・・を、探る意味で相手に全て打たせてみる。

でもそこから先、試合の中盤から後半は、「何かをしつこく続けていく」ことも大事になってくる。

根気よく、しっかり狙った作戦を続けていくことって、意外と勇気が要るんですよね。

 

2.試合では不安だから、色々やって動きたくなる

テニスの試合、せっかく効きはじめた作戦を「捨てて」しまう人は多い。

ちょっと試してダメだと、「これはダメだな・・・次だ・・・」と、見切りを付けてしまう。

相手は、せっかくアナタの作戦を意識し出したのに、もったいない・・・と思うことが、私も観ていて多々あります。

やっぱり試合では、不安だからこそ色々とやりたくなる。

変えていくのは良いけど、根拠が無いとそこに「強さ」は生まれない。

結果的にどんな試合がしたかったのか、何がしたかったのか・・・を、見いだせない試合になってはいませんか?

 

3.根気の良い攻めは、「強い相手にほど効く」のがテニス

実際に、試合の中で効くのは「根気よく、続けること」が大事になってくる。

試合に強くなりたければ、何回でも相手に見せ付ける、失敗してもくじけないような作戦が効いて来る。

これは、試合慣れした強い相手程、効くんです。

しっかり意図がある、考えたテニスをやって来る相手は、レベルに限らず嫌ですからね。

何かを続ける、根気よく相手と向き合う勇気、アナタにはありますか?

 

きっと、みんな「作戦が効いてきたくらい」で諦めるんです。

もったいない・・・相手を楽にさせているだけ、な場合が多い。

やり続けることで、相手も考えて動く、からそこに隙が生まれる。

試合の中で、ぜひアナタ自身も意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「相手が無理した強引なショット」は捨てる意識も大事

    相手のナイスショットが決まって、ポイントが入る。そのナイスショ…

  2. テニス 戦術

    戦術

    「なぜ、テニスの試合は初心者相手だと、辛くなる」のか

    試合で自分より下、というかほぼ初心者の人と対戦する・・・。どう…

  3. テニス ストローク

    戦術

    テニスでの良い攻撃とは、球速よりもいかに相手を「16種類のショットで走らせているか?」が大事なはず

    私自身、試合で意識していること。それは、自分が打っているボール…

  4. テニス 指導

    戦術

    「イーブンペースでの進行」で全く問題無い

    テニスの試合、試合慣れしていない人はちょっとしたこと、で不安になる。…

  5. 戦術

    自分たちの弱みを、最小化出来てる?

    テニスの試合、その現場では割り切りも大事。対戦する相手が初め…

  6. 戦術

    「パワーショット受け身鍛錬術」テニスの試合で必要なディフェンス力を磨くには?

    テニスが強くなるということは、良いショットが打てるようになるということ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    ジャンピングスマッシュの基本、「コートを蹴る足、着地する足」はどちらかをしっかり…
  2. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で使える、「リターンで有効なコース」4つ
  3. テニス ボレー

    ストローク

    ネットプレイヤーの相手の正面を突けば、浮き球を引き出せる
  4. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分が邪魔した」という発想は必要無い
  5. テニス 言葉

    ボレー

    自分の感覚が鋭いエリアは、どこだと思う?
PAGE TOP