テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスでポイントを失った時は、「ペアにゴメン、ではなく次にどうするか!」を伝えて切り替えましょう!

ダブルスペアでの声掛け、皆さんはどんなことを意識していますか?

特にポイントを失った後は、しっかりお互いの意識を統一してどういう対策を取るか・・・を考えて、次のポイントに入っていきたいところ。

それでもつい、謝ってばかりになってしまう方、いますよね・・・。

この機会に、具体的な行動から変えてみると、試合に勝てるメンタルが養われていくのでお勧めです!

 

ダブルスでポイントを失った時は、「ペアにゴメン、ではなく次にどうするか!」を伝えて切り替えましょう!

 

■一生懸命、試合をしているのに、アナタが謝る必要は無い

全力を出しても、相手が良いプレーをすれば相手にポイントを獲られる。

これがテニスであり、スポーツです。

アナタ自身が全力でしっかり、作戦通りプレーしたのであればそれは仕事を全うしているということ。

ペアに対して謝る必要はありません

むしろ謝っても何も進展しませんし、どこか自分に「甘え」も生じてしまう。

言葉にはそれだけ、魂が宿っていくのです。

 

■「次にどうするか」をペアに伝えることで、自分にコミットする

失ったポイントより、その後のゲームプランについて目を向けましょう。

相手は同じパターンで攻撃してくるかも知れませんので、対策はすぐ、ポイント間の20秒の間で整理して結論を出さなければなりません。

その為には、前向きで積極的な姿勢や考え方が必須。

作戦と対策を、失った直後にイメージしてペアに言葉で伝えてみましょう。

例え間違っていたとしても、良いんです。

発する言葉から変えていくことで、ダブルスのペアは強くたくましくなっていきます。

 

■前向きなメンタルは、アナタ自身が発する言葉と行動から

言葉だけでなく、ちょっとした仕草や行動でテニスのメンタルは変わります。

チェンジコートでも、元気よく入っていって相手にやる気を見せつけることで、最初のポイントの雰囲気はガラリと変わります。

試合前のトスアップも、自分から積極的にラケットを回してみるだけで、主導権が握れるかも知れない。

テニスの細かい部分に、前向きなメンタルになれるヒントは潜んでいます。

テニスの試合でどこか自信が無い、すぐに謝ってしまうような人は、意識と同時に具体的な行動から変えてしまいましょう。

 

試合に強い、トーナメントを勝ち抜くテニス選手にはオーラがあります。

それは、もちろん素晴らしい技術をイメージしてこそ、湧き上がってくるものではありますが、普段のコート外の言動から養われていく。

逆にテニスの技術がしっかりしていても、言葉や行動にどこか隙や甘えがある選手は、大事な試合で勝つことは難しいでしょう。

テニスに必要なメンタルの養成は、コート内外の言動の細かい積み重ね。

ダブルスのペアに謝ってばかりの癖が付いている人は、この機会に考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. ダブルス

    「モテモテダブルスプレーヤー」には共通点がある!テニスの試合で使える奴になろう

    選手時代は基本的にシングルスメインだったし、ダブルス出場する時も、適当…

  2. ダブルス

    「打ってない人たちも仕事しろよっ!」テニスのダブルスの試合で勝つには絶対必要な意識

    ダブルスはコートに4人いる。でもボールは一個だ。当たり前か。…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    「並行陣のセンターを攻められたとき」には、後衛のドロップショットが絶対に必要です

    ダブルスの上位の試合では、サーブやリターンから積極的に2人でネットに出…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣での「クロスへのアプローチショット」は、センター寄りのコースだとより効果的

    ダブルスの試合の中で、雁行陣を主体にしているペアは学生の皆さんでも多い…

  5. テニス 並行陣

    ダブルス

    チェンジプレーのときに前衛に求められるのは、「クロスコートを担当する勇気」だけです

    ここぞという場面で、ダブルスでチェンジプレーを入れていく。この…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで試合では、一人狙いで8割のポイントを獲れる

    ダブルスの試合、大事なのは「一人狙い」。あえて、このポイントに…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス 試合

    Q&A

    Q&A 「テニススクールに通っていますが、上達しません。なぜでしょうか?…
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    テニスの上達は、「すぐに効果が出ないこと」を、どれだけ続けられるかにかかっている…
  3. テニス ミス

    サーブ

    ダブルスの試合で、アドバンテージサイドからのサーブは、「前衛が協力してワイドのコ…
  4. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合では、「ボールを追いかけて背面ショット」の技術も必ず求められる
  5. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なフォアハンドは、「打った側の腕の肩を前に出して」打ち終わろう
PAGE TOP