スマッシュ

自分のスマッシュをワンランクレベルアップさせたければ、「角度を付けて絶対に触らせない」ようなコースを狙おう!

スマッシュをしっかり「決める」ようになれる、レベルアップしていく為には、何が必要か。

ある程度テニス歴もあり、試合に出ている人であれば、まずしっかり相手に「触られない」ようなスマッシュを打ちたい。

しっかりネット近く、サービスラインより前で打てるときにはポイントを終わらせる意識が大事。

必要なのは、スピードよりもコース。

もっと言えば、スマッシュの「角度」が大事です。

 

自分のスマッシュをワンランクレベルアップさせたければ、「角度を付けて絶対に触らせない」ようなコースを狙おう!

 

■スマッシュは、「触られない」ことが大事!

レベルの高い試合、相手では、スマッシュは触らせてもらえない。

そんな経験、ありませんか?

角度を付けたスマッシュは、1バウンドして2バウンド目はもう隣のコートや柵の外。

そんなスマッシュを、アナタ自身意識して打てるように練習しないとレベルアップしない。

いつまでも深く、球速のあるスマッシュだけ、ではテニス選手として未熟です。

 

■角度を付けたスマッシュは、身体の向きを正しく作れば打てる!

ネット近くのスマッシュ、をアレーにしっかり打ちたい。

角度を付けるには、自分の身体の向きをしっかり意識しましょう。

横向きを作り、ボールに対して「横に入っていく」ようなイメージが大事です。

真正面を向いている・・・なんて、もってのほか。

しっかり横から入って、そのまままっすぐ打てば、自然に角度は付けられる。

相手に打つコースがバレても、2バウンド目が絶対に触れないようなコースにスマッシュを打てればOK。

試合に勝てる選手は、こういうスマッシュが打てるのです。

 

■「コートの外にボールを出すと面倒・・・」という気持ちは、捨てる

アナタも経験、無いですか?

スマッシュを打ってコート外に出して、ボールをロストさせてしまう。

これを怖がってはいけない。

遠慮なく打って、拾いに行けば良いだけの話。

それも、拾いに行っている時間は、アナタの時間でもある。

スマッシュでポイントを獲って、相手はプレッシャーに感じる時間が長くなるし、アナタ自身は成功体験を感じる時間が長くなる。

コートの外に出るスマッシュ、良いじゃないですか。

触らせないという意味では、理想的です。

 

確かに、外に出たら確実にボールを探すのが困難・・・という環境のコートだと、ちょっと気持ちが引いてしまう。

角度を付けたスマッシュって、周りのコートにも若干迷惑になりますしね。

でも、アナタ自身「打てる技術」はしっかり持っておきたい。

角度を付けたスマッシュが打てると、相手もコート外を警戒して走りますので、今度はセンターが空いてくる。

メリハリを付けて、駆け引きが出来るようになるとアナタのスマッシュは、一段レベルアップ、です!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合の中で一度や二度の失敗で、スマッシュを諦めてはいけない

    「スマッシュ、好き!」と言える人。ほとんどいない・・・ですよね…

  2. テニス サーブ

    スマッシュ

    深い位置からのスマッシュでも、「しっかりコースを突いて、相手を追い込む」為に必要な練習意識とは?

    深いロブに対して、しっかり準備できていないと試合で勝つのは難しい。…

  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    今現在のスマッシュを「試合で使えるスマッシュ」に変えていく4つのポイントと練習法

    アナタ自身が試合に出たときに、スマッシュでポイントを決められるとどんな…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    「ロブが来ると分かっている」ような練習をしても、試合でスマッシュは打てない

    試合の中で、スマッシュが決まらない・・・と言うか、そもそも打てない!…

  5. テニス ストローク

    スマッシュ

    クロス方向へのスマッシュは、スライスサーブの延長で打てば大丈夫

    スマッシュは、「逆クロスが打ちやすい」というのを、何度か書いてきました…

  6. テニス フットワーク

    スマッシュ

    「試合になるとスマッシュが入らない・・・」技術の改善でメンタル面をカバーする方法5つ

    練習ではリラックスできて打つことができても、試合でスマッシュが打てない…

特集記事

  1. ストローク

    「ロブで抜かれても諦めない!」テニスの試合で後ろ向きから返球するコツとは?
  2. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合では、「スライスでのリターン」を覚えておくだけで絶対に試合での勝…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスという競技で、「自分にはフォアハンドとバックバンド」、の違いがあることを再…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に強くなりたければ、「根拠の無いボール」は打ってはいけない
  5. テニス 指導

    練習メニュー

    練習中に「ごめん」は、卒業しよう
PAGE TOP