テニス ストローク

メンタル

テニスを続けていて、身体と技術の成長は見えるけど「心の成長は見えない」から、難しいのです

テニスを続けていると、遅かれ早かれ、成長はしていく。

学生の皆さんであれば身体的な成長もするでしょうし、技術的にも毎日部活をしていれば、多少は向上していく。

でも、最近私が感じるのは、「心の成長って、本当に目に見えない」ということ。

だからこそ、テニスのようなスポーツは難しいのです。

 

テニスを続けていて、身体と技術の成長は見えるけど「心の成長は見えない」から、難しいのです

 


 

1.技術の成長って、必ずしも成績に比例しない

私自身、ジュニアにテニスの指導をしながら痛感してきました。

「なぜ、この子は勝てないのだろう・・・技術は充分にあるのに」と感じること、多々ありました。

でもよく観てみると、納得出来る部分はある。

試合に負けても、全く悔しそうな素振りも無いし、翌日から努力するでも無い。

テニスノートも何度言っても続かないし、勉強からも逃げてばかり。

でも、そういう部分って、結局は自分でしか自分を見れない。

自分で自分を変えていくしか、心の成長にはつながらないのです。

 

2.アナタの周りに、「尊敬出来るテニスの指導者」はいますか?

スクールのコーチでも、部活の顧問でも良い。

実は、テニスって圧倒的にこの「尊敬される指導者」が少ないように思います。

だからこそ、「心の成長」が遅い。

学生の多感な時期に、かけられる言葉一つで人生が変わるかも知れないのに、テニス界にはそれが少ないように思います。

テニスをしていても、技術の成長、身体的な成長にだけ、目がいってしまう・・・のって、どこか悲しい。

私自身、自戒も込めて、この想いはいつも胸に秘めています。

 

3.「目に見えない部分」を、感じ取れる力を養おう

アナタの周り、テニスをしていない人でも、「この人は凄いな・・・」と思うような魅力的な人、いませんか?

目に見えない、何か魅力や強さを感じる。

そういった感覚、大事にしてください。

きっとそういった人は、テニスのような試合にも強い。

速いショットが打てる、足が速い、体力がすごい、というのも、もちろんテニスにおいては凄いことだし実力のうち。

ですが、目に見えない心の成長、こそ試合結果に一番直結してくる部分。

このことは、ぜひ学生の皆さんにも頭に入れておいて欲しいのです。

 

30代中盤になって、改めて感じます。

メンタルの強さ、心の成長というのは、目に見えないからこそ「安易に」考えられがち。

簡単に強く出来る?

そんなことはありません。

アナタの人生そのもの、がテニスであり試合の強さになる。

何歳になっても、テニスを通じて心は成長出来る。

きっとそういった成長を意識出来ている人が、何歳になってもテニスライフを充実出来る。

少し説教臭い文章になってしまいましたが、どこか頭に入れておいて頂けると嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、相手を納得させる「演技」が必要

    テニスの試合で演技?そんなの、マナー違反じゃないか!そうです、…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    緊張しない人は、ほぼ100%大成しない

    「試合で緊張して、力を出し切れません…」こういうお悩みのご相…

  3. テニス 雨

    メンタル

    「雨の日」、「怪我したとき」、「試合で初戦敗退した日」にこそ、テニスが強くなれる根源がある

    昔ジャパンオープンのお手伝いをしていた頃、ある選手が口にしていた言葉を…

  4. テニス ストローク

    メンタル

    「全ての深いボールは入って来る!」で、アナタのメンタルは鍛えられます

    深いストロークでオンライン、のボールを・・・つい、「アウト」の期待で待…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「チャンスをチャンスと思えるか」ポイントに繋げる為の、心の準備について

    テニスはディフェンスが重要。ある程度試合に出ていると、誰もがそ…

  6. 戦術

    メンタル

    フワッと試合に入る人、が多過ぎるのが草トー大会

    私が見ていて、感じること。試合会場で、当然勝負の世界なのですが…

特集記事

  1. 練習メニュー

    振り回し練習で、誤魔化される何か
  2. テニス ボレー

    ストローク

    「踏み込む着地は、かかとから」安定したストロークを身に付ける!
  3. テニス 序盤

    日々の雑記

    刺激無くして、進歩無し
  4. メンタル

    「すごーく強い相手と対戦するとします」テニスの試合で相手の強さを受け止めて勝つ為…
  5. テニス 大学

    ボレー

    「ソフトテニス経験者の強みを活かす!」為に必要な、硬式テニスでのネットプレーの意…
PAGE TOP