テニス ボレー

メンタル

テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲ること!

テニスの試合、特に団体戦では「粘り」が得意な選手が力を発揮することが多い。

皆さんも、そんな「しこい」プレイヤーに苦戦したり負けてしまったこともあると思います。

ただ粘るだけの相手であれば、ある程度の実力差があればねじ伏せられるもの。

やっかいなのは、粘っている中でも常に何かを狙って攻撃してこようというタイプ。

プロではジョコビッチやマレー、少し前のヒューイットなどがこのタイプと言えるかも知れません。

どんな対策と準備をしておけば良いのか・・・ヒントとなるようなアイデアを、まとめてみました。

 

テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲ること!

 


 

■「粘る」相手に対して根負けしては話にならない!

まずは、アナタ自身も根気強く戦うことを覚悟しましょう。

5-0で勝っていても油断はできない、まず1ポイントを獲るのでもかなり時間がかかる。

そのメンタルの準備はしっかりして、安易なミスを減らして相手に「自分以上に粘り強いな・・・」という印象を与えることが大切です。

 

■アナタ自身が試合の中で「減らすべきミス」とは?

減らすべきミスは2種類。

まず1つは、相手のサーブをリターンミスすることと、サーブのダブルフォルト。

即ち最初の段階でのミスを減らすことです。

相手は粘りのプレーが身上ですから、ラリー戦は恐れる必要は無いのです。

2つ目は、「相手がしっかり走った、粘ったポイントでのイージーミス」です。

左右にしっかり走らせてオープンコートに打つ・・・となったときに、ネットにかけたりアウトする。

こういうポイントは、1ポイント以上の価値があり相手を勇気付けてしまいます。

「しっかり決めれる!」と思っても、その後も続いていく覚悟で相手コートにショットを打ち込み続けましょう。

テニスの試合では、「攻撃を続けていく中で、自然にポイントが決まる」という流れが一番大切です。

 

■緩急で攻めてくる「粘り」のプレイヤーは、「緩」に戻るところを見逃すな!

緩急の使い手に、はまらないように。

粘るだけのプレイヤーなら怖くないのですが、シード選手になるとそこから必ず、攻撃に移行するポイントがあります。

まずその配球の癖を見抜く意識が大切です。

グリップを変える、配球パターンで特徴がある、など、アナタが得れる情報はテニスの試合の中ではたくさんある。

そして攻撃の特徴を掴んだら、次はそれを緩めるポイントを探ること。

相手はハイリスクを負うことを嫌うタイプの性格ですから、「攻撃し続けること」は苦手なケースが多いのです。

一度ペースを戻そうとスライスにしたり、ムーンボールを混ぜてくるようであればチャンス!

アナタ自身が攻撃的になって、前に前に攻めていきましょう!

この攻撃が、相手の「退路」を断つことにもなり、精神的にも試合を優位に進めていける足掛かりになるはずです。

 

まるで機械のような鉄壁のストローク、スタミナ、フットワークを備えた粘りのプレイヤーも、人間です。

精神的な崩れもあれば、時に欲が出て攻撃と守備のバランスが崩れるようなときもあります。

何よりアナタ自身が崩れるのを、相手は狙っているのです。

今回は抽象的な内容でしたが、実際にアナタが倒したいライバルの粘りのスタイルは、どんなスタイルですか?

まずは特徴を書きだしてみて、その「緩急」を確認してみましょう。

きっと「緩」の部分で、付入る隙はあるはずです!

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. メンタル

    「なぜアイツはいつも、強いのか‥?」と考えたときに、勝利への飢えが差になっている

    テニスの試合に勝ち続ける人、は何が違うのか。自分だって一生懸命…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    素振りでも練習でも、「ラケットを振る回数はアナタの血となり肉となる」ことを忘れてはいけない

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。よく聞かれるのが…

  3. テニス サーブ

    メンタル

    「相手が諦めたな」と思った瞬間から、自分の何かが狂い始めるのがテニスの試合

    テニスの試合で、大逆転が起きる時。それって、無意識のうちにこの…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会でシード選手に勝ちたければ、「私生活から誰かを特別扱い」する癖を止めよう

    テニスの大会は、ほぼ全てトーナメント形式。ということは、どんど…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    「全ての深いボールは入って来る!」で、アナタのメンタルは鍛えられます

    深いストロークでオンライン、のボールを・・・つい、「アウト」の期待で待…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「経験豊富で格上の相手を倒す」為の作戦と流れについて

    テニスは、「番狂わせ」が比較的少ないスポーツだと言われます。確…

特集記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛の選手は、「基本に忠実な動き」だけでは成長できない!自分で変化を付…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでスピン回転がかからない人は、ボールに合わせてスウィングを調整し過ぎ
  3. テニス 部活

    メンタル

    テニスの練習や試合では、「その場で強く頭に刷り込む」意識の方が大事
  4. その他

    T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. テニス サーブ

    その他

    ラリー戦の中で冷静さを失いやすい人は、「コントロールされたボールで相手を動かして…
PAGE TOP