テニス ボレー

メンタル

テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲ること!

テニスの試合、特に団体戦では「粘り」が得意な選手が力を発揮することが多い。

皆さんも、そんな「しこい」プレイヤーに苦戦したり負けてしまったこともあると思います。

ただ粘るだけの相手であれば、ある程度の実力差があればねじ伏せられるもの。

やっかいなのは、粘っている中でも常に何かを狙って攻撃してこようというタイプ。

プロではジョコビッチやマレー、少し前のヒューイットなどがこのタイプと言えるかも知れません。

どんな対策と準備をしておけば良いのか・・・ヒントとなるようなアイデアを、まとめてみました。

 

テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲ること!

 


 

■「粘る」相手に対して根負けしては話にならない!

まずは、アナタ自身も根気強く戦うことを覚悟しましょう。

5-0で勝っていても油断はできない、まず1ポイントを獲るのでもかなり時間がかかる。

そのメンタルの準備はしっかりして、安易なミスを減らして相手に「自分以上に粘り強いな・・・」という印象を与えることが大切です。

 

■アナタ自身が試合の中で「減らすべきミス」とは?

減らすべきミスは2種類。

まず1つは、相手のサーブをリターンミスすることと、サーブのダブルフォルト。

即ち最初の段階でのミスを減らすことです。

相手は粘りのプレーが身上ですから、ラリー戦は恐れる必要は無いのです。

2つ目は、「相手がしっかり走った、粘ったポイントでのイージーミス」です。

左右にしっかり走らせてオープンコートに打つ・・・となったときに、ネットにかけたりアウトする。

こういうポイントは、1ポイント以上の価値があり相手を勇気付けてしまいます。

「しっかり決めれる!」と思っても、その後も続いていく覚悟で相手コートにショットを打ち込み続けましょう。

テニスの試合では、「攻撃を続けていく中で、自然にポイントが決まる」という流れが一番大切です。

 

■緩急で攻めてくる「粘り」のプレイヤーは、「緩」に戻るところを見逃すな!

緩急の使い手に、はまらないように。

粘るだけのプレイヤーなら怖くないのですが、シード選手になるとそこから必ず、攻撃に移行するポイントがあります。

まずその配球の癖を見抜く意識が大切です。

グリップを変える、配球パターンで特徴がある、など、アナタが得れる情報はテニスの試合の中ではたくさんある。

そして攻撃の特徴を掴んだら、次はそれを緩めるポイントを探ること。

相手はハイリスクを負うことを嫌うタイプの性格ですから、「攻撃し続けること」は苦手なケースが多いのです。

一度ペースを戻そうとスライスにしたり、ムーンボールを混ぜてくるようであればチャンス!

アナタ自身が攻撃的になって、前に前に攻めていきましょう!

この攻撃が、相手の「退路」を断つことにもなり、精神的にも試合を優位に進めていける足掛かりになるはずです。

 

まるで機械のような鉄壁のストローク、スタミナ、フットワークを備えた粘りのプレイヤーも、人間です。

精神的な崩れもあれば、時に欲が出て攻撃と守備のバランスが崩れるようなときもあります。

何よりアナタ自身が崩れるのを、相手は狙っているのです。

今回は抽象的な内容でしたが、実際にアナタが倒したいライバルの粘りのスタイルは、どんなスタイルですか?

まずは特徴を書きだしてみて、その「緩急」を確認してみましょう。

きっと「緩」の部分で、付入る隙はあるはずです!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. + POWER CUP について
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. メンタル

    「宇宙人から見たら、僕らだって宇宙人だということ」は、テニスにだって言える

    いつの時代も、子供の視点ってすごい。すごいというか、的を得てい…

  2. テニス 客観視

    メンタル

    自然と結果が付いて来る人、いつまでも他人と比べたがる人

    昨年、アンケートや問い合わせ、直接お会いした読者のみなさんの何名かか…

  3. テニス 戦術

    メンタル

    実力はあるのに試合に勝てない人は、序盤に〇〇を見せておこう

    試合の中で、皆さんはどんなプレーで序盤、入っていくイメージを持ってます…

  4. テニス 居場所

    メンタル

    「練習だけじゃ完成されない」テニスの技術は試合で使って初めて身に付いていく

    長い夏休み、たくさん練習出来たと思うけど、その分しっかり成長は出来ただ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    強いテニス選手になりたいなら、「ドローを見て自分の行く末を予想する」癖を無くしましょう

    「次の相手が誰だか、知らないんですよね」という言葉を、錦織選手…

  6. テニス 客観視

    メンタル

    自分の敗戦と正面から向き合える人は、実はすごく少ない

    この連休でテニスの試合で出た、またはこれから出る方も多いと思います。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    「誰かから指導されている」というレールを、外れる覚悟を持とう
  2. ダブルス

    沈められたら繋ぐ、そんな相手はやりやすい
  3. ダブルス

    ダブルスの試合では、「低いリターンを打っている」限りは、相手ポーチを怖がる必要は…
  4. テニス ハードコート

    戦術

    もうすぐ開幕の全米オープン前に確認したい、「ハードコートでのテニス」が難しい理由…
  5. テニス 楽天

    ストローク

    テニスの試合に勝てる選手は、「ラリーの中で、プレーとプレーを繋げる攻撃」が上手い…
PAGE TOP