スマッシュ

スマッシュの構えは、横向きよりも〇〇

スマッシュをしっかり下がって、強く打つ。

これが出来れば、もっと積極的に前に出れますよね。

イメージとして、私はこれをお勧めします。

最初は勇気が要りますが、慣れると自然と身体が大きく使える。

是非、意識してみて下さい。

 
 

横向きより、後ろ向き

相手に背中を向ける、くらい肩を入れる。

横向き、ではなく後ろ向きになって顔だけ残す、感じで構えてみて下さい。

試合では、下がってスマッシュが多い。

ですから、しっかり下がれるような態勢を作りたいですよね。

横向きだと、この機動力が生まれにくい。

後ろ向きなら、後ろに向かって大きく下がることが出来る、守備範囲が拡がるんです。



下半身はしっかり大きく使う

スマッシュは、しっかり下半身から動く。

その代わり、いざ上半身で打つ動作になると、ここはすごく小さい動きで良い。

パチン!と手首だけで打ち終わっても良い、と私は思っています。

その代わり、しっかり下半身で動く、後ろ向きを作るくらい上体はひねっておく。

そこでパワーを溜めるから、最後の動きはシンプルで良い。

スマッシュが苦手な人って、逆なんですよ。

ほとんど動かず、準備せず、最後に上半身と腕の力でねじ込もうと必死。

そうじゃなくて、スマッシュは機動力勝負、最後は楽に、で良いんです。



パワーを溜めて打つ、イメージで

最後に腕に頼らない、そこまでにパワーを溜める。

この意識が大事です。

ールが落ちて来るのを待っている、人はスマッシュが安定しない。

待たないで溜める、その間に力を溜めてしっかり動いておくことが大事なんです。

「よし!来たな!」という感じで。

相手はロブを使って来るのが試合ですからね、それにビビっていては、勝てません。

パワーを溜めるスイッチ、が相手のロブですから。



後ろを向くことで、身体は開かなくなる

スマッシュを打つ前から、自分の胸が前を向く、身体が開く。

こうなると、試合では安定しませんよね。

上半身をしっかりひねって後ろ向きを作ると、身体の開きが抑えられます。

打ち終わっても、まだ横向きキープ、な感じでスマッシュが打てる。

打点が安定するし、パワーが生まれる。

こうなれば、もうスマッシュが楽しくて仕方ない感じになると思いますよ。

   

お勧めの練習法

下がって打つスマッシュ、対ロブのラリー練習。

コートを縦半面に割って、1対1で練習してみましょう。

ロブは出来るだけ深く、スマッシュは後ろ向きで下がる動作から入る。

スマッシュの威力を、確認して欲しいんです。

横向き、よりもしっかりひねって身体を使える分、パワーアップするはず。

ぜひ、意識してお互いに深いロブを返せるように、練習していきましょう。



ただ入れるだけのスマッシュ、を変えていく。

その意志、意志の強さが大事です。

身体を後ろ向きにして下がるのは、結構勇気が要る。

でも、試合では厳しいロブが来ます、それを自分で打たないとずっと狙われる。

スマッシュ改革、一緒に頑張りましょう。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    テニスの試合で「低い弾道のロブをスマッシュするとき」要注意したい5つのポイント

    スマッシュの重要性は、何度か書いてきました。今回は、低くて速い…

  2. スマッシュ

    スマッシュとサーブの違いを考えると、「少しだけスマッシュが楽になる」考え方について

    スマッシュに苦手意識を持っている方、色々理由があると思います。…

  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュで角度を付けてエースを狙うには、「打点を斜め前」に確保出来るように動こう!

    スマッシュはコースで勝負。特に余裕がある、しっかりフットワーク…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュの基本は、相手に優位性を渡さないこと

    特にダブルスの試合、ではこの意識が大事。無理に決めよう、として…

  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    高いロブをスマッシュで打つのに、必要なのは「速い振り出し」だった!

    高いロブ・・・皆さん、どうですか?一回落とせば良い、ようなとき…

  6. テニス スライス

    スマッシュ

    「50cm以内のアウトのロブ」はスマッシュを打つ!で、試合に挑もう

    アウトだと思って、ウォッチしたけど・・・ライン際、内側にポトン・・・と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. リターン

    リターンで踏み込んで満足、してない?
  2. テニス 目

    その他

    「利き腕」という言葉があるように「利き目」もあることを、テニス選手なら理解して練…
  3. テニス 錦織圭

    フットワーク

    テニスの試合で「守備が苦手・・・」な人は、自分が打ったコースと守るテリトリーを意…
  4. リターン

    「いきなりブレイク出来た!」試合ほど、大変になります
  5. テニス 準備

    ストローク

    「ドロップショットは前に追いかけながら返球イメージ」をしっかり判断して展開してい…
PAGE TOP